母との関係は手コキとフェラから始まりました

この記事は約4分で読めます。

母とSEXするようになって10年がたつ。オレ29歳、母52歳。
父は建設会社に、勤務している関係で単身赴任の連続です。子供のころから、母子家庭の状態がつづいています。母は専業主婦で、たまに友人たちと、飲み会などをしています。あのときもそうでした。
母;帰りが遅くなるから、一人で夕食すましてね
オレ;あぁー、わかった。 と、なま返事で答えた。

心の中では「やった!友達から借りたビデオが見れるゾ!!」と叫んでいました。
自室の小さなテレビで見るより、リビングのでかいテレビで見たかったのです。

予備校が終わると、サッサと家に帰り、夕食や風呂もすませて
Tシャツにトランクスで、ソファーにふんぞり反って、ビデオの
スイッチON。

1本目から、ペニスはビンビン状態で、2本目のときは、亀頭部分
が痛いくらいにふくれあがっていました。
ここらで1度ぬいておこうと思いティッシュ片手に、ペニスをこすりはじめたとき、、、、、
突然、母の声が聞こえました

母;あっっ!ごめん、邪魔して

オレは、どうすることもできずに、ペニスを握ったまま
呆然と母を見ていました。1番見られたくない人に見られた
はずかしさで、動転してしまい身動きができなくなりました。

母;あなたも男だったのね。さぁ、早くしまいなさい。
と言って微笑んでくれました。

数日後、母の手伝いをしていたときのこです。

母;ハルちゃ~ん、洗濯干すの手伝ってぇ
オレ;どーるればいいの?
母;お母さんが干すから、洗濯物わたして
オレ;うん、わかった

そのとき初めて、母のパンティを意識しました

オレ;かぁさん、可愛いパンティはいてるじゃん
母;やーねぇ、早くかしなさいよ。はずかしいじゃない。
オレ;そんなにはずかしい?
母;あらためて言われるとはずかしいわよ。
  ハルちゃんだって、この間はずかしかったでしょ?
オレ;・・・・・、

母;顔が赤いよ。ハルちゃんの大きくなったおちんちん
  はじめて見たけど、迫力あったね。
  母親が息子の大きくなったおちんちん見るのって
  めずらしいことよね。貴重な体験だったわ。

オレ;一方的な体験はずるいよ。
母;えっ?どーゆうこと??
オレ;つまり、そーゆうこと。

母;ハルちゃんが、あ母さんの裸を見たいってこと?
  また、顔が赤くなってるよ。
  でも、もーおばさんだからね。見せるのつらいわ。
オレ;そんなことないよ。かぁさん、きれいだよ!!

その夜、風呂に入りながら、昼間見た母のパンティを
想像していたら、ペニスがふくらんできた。

浴室のドァがあいて、母が背中流してあげるっていいながら
入ってきました。

母;あら!おちんちん大きくなってる!!
  なに考えてたの?ひょっとして、お母さんのこと?
オレ;うん

母;お母さんのこと考えておちんちん大きくなったんだぁ
  ねぇ、ハルちゃん、おちんちんよーくみせて
  ちょっと手どけて
  この間のつづきしてあげよーか?

オレ;つづきって?

オレは、一瞬なんだかわからなかった。でも次の瞬間
母の手が、ペニスをにぎっていた。

にぎられただけで気持がよくなってきた。
母が手を持ち替えたりしながらペニスをにぎっているので、
だんだん限界に近付いてきた。

ペニスに心地よい痺れがおこり、
やばい!!
と思った瞬間に、オレは母の顔に向けて射精してしまった。

オレ;かぁさん、ごめん。
母;いいのよ。気にしないで。

母はまだペニスをにぎっている。
オレは、目をつむって余韻を楽しんでいた。

するとペニスに違った感触を感じた。
なまあたたかく、手よりもいい気持なのだ。目を開けて下を見ると、
母がペニスを口にくわえていたのでした。

驚きとはずかしさと、、、
でも母が、オレのペニスをなめてる姿は、とてもいやらしかった。

ときより、上目づかいでオレの様子を見ている。
「気持いいでしょー」っと言っているように、、、、

オレ;かぁさん、またでちゃうよ。
母は返事のかわりに、ペニスを激しく吸いたてました。

オレはとうとう母の口に射精してしまいました。

射精しても母は、すぐにペニスを離しませんでした。
母;ついでにハルちゃんのおちんちんきれいにしちゃった

そう言って、母はおちんちんを見つめていました。

タイトルとURLをコピーしました