人妻に中出しして、AVみたいに精液がたれるところをビデオに撮った | エロばな エッチ体験談まとめ

人妻に中出しして、AVみたいに精液がたれるところをビデオに撮った


以前関係があった奥さんにダメかなと思いつつも・・
「あれからあなたの身体が忘れられません。もう一度お会いしませんか?」
みたいな感じで、「お誘いメール」を出した。すると「OK」の2文字。
すぐ近くのコンビニの駐車場で待ち合わせし、即ホテルへ。
「出張でしばらく会えないのが寂しいから、君のエッチをビデオで撮りたい」
と言うと、ちょっと迷った様子・・・。

「大丈夫。出張から帰ったらテープはあげるから処分しても構わないよ・・」
と言うと「なら、いいよ」との返答。

まずは、奥さんの気を乗せなくちゃと思い、かなり古いAV並の質問と返答様子から撮影開始。

俺としては、あまり興味ないが、奥さんは返答に多少最初は照れつつも、それなりに乗ってきた様子。

「では、フェラしてみてください」
ちょっと戸惑いつつも、フェラ開始。

やはりフェラはうまい。
「洗っていないちんぽは、おいしいですか?」と質問
「・・おしいい・・」

「ほら、応えるのも大事だけど、フェラ続けて。今度は俺を見ながら続けて・・」
と言うと、いいなり状態。
ディープ・スロートが得意な奥さんを困らせたかったのでテーブルへビデオを置き、奥さんの頭を両手で掴んだ。

奥さん頭を引き寄せつつ、腰を前に突き出し、また腰を抜くという格好で激しくピストン。
「んっ、んぁ~。あ・・・、耐えられないぃ・・・」
ちょっと困っている様子。かわいい。
と思っていると射精寸前。

「いくぞ!飲まずに口に溜めてろよっ!!・・・あ~!うっ」。
10日分の精子が奥さんの口内へ・・・

「根元まで指でしごいて、全部出して。あっ、ティッシュ使わずに、口で綺麗にしゃぶって掃除して」
とまたもや、いいなり。

「カメラに舌の上にザーメン乗せて見せて。はい、あーん」
見ると、濃い白濁したザーメンがぷるぷると舌の上で確認できた。

「では飲んで下さん。飲み終えたら再度口内を見せてください」
「んぐっ。んぐっ」
「おいしかったですか?おいしかったら、カメラに向かっておいしいと言って下さい」
「・お・おしいいです・・」
といい口を開けてザーメンを飲み干した様子を見せた。

「次は、奥さんにイってもらいますよ」といい。
すぐさま自販からバイブを購入。
「奥さん、バイブ初めて?」と聞くと静かに頷いた。

「その前に一緒に、風呂に入ろう」と奥さんのおまんこを綺麗にすべくきり出した。
風呂でたっぷり手コキを教え込み、ちんぽを洗わせたつつ、
「最近旦那とはいつSEXしたの?」と聞くと
「あの後・・」と答えた。

「・・・てことは妊娠していても大丈夫なのか?まぁいい、今日は奥さんをどうしてやろうか?」
想像していると
「何で、他人の女って燃えるのだろう・・不思議だ」と思っていたら、最高潮にビンビンになっていた。

「入れる前にたっぷりとおもちゃで遊んであげるから・・・」
とエロじじぃの様に諭し、おまんこを新品バイブこねくり回し、乳首を舌で転がす。

ここで、「イク時は、大声で「いくっ」と言え!」と命令。
人間技ではあり得ない動きに奥さんは「いやぁ~・・いっ、いっくぅ!」
と、声から察するに命令されてから3回はイッた様子。

俺の方は、奥さんのオーガズムの顔、おまんこ、全てをクールに撮影。
ここで決めセリフだ。
「あなたのちんぽをおまんこに入れて、膣の奥へザーメンを注いで下さいと言ってごらん!」と言うとまるで人形の様にいいなり。

この言葉をきっかけに、クールな撮影者はいなくなり、奥さんのおまんこへ挿入してしまった。

奥さんのおまんこは、もう濡れているとかの状態ではなく暖気の済んだエンジンに新品のオイル・・・みたいな膣壁の感触。
すぐに限界へ。

「奥さん、一緒にイこうね」
それと、子宮口に出した感覚を体験したいから、イく時は密着して」と伝え最後をバックで。
俺の両手は、奥さんの腰を掴みへ。
奥さんの両手は、俺の尻を掴んだ。
放出。
溶出した精子が奥さんの子宮口に注がれていくのをお互いの性器の先端で感じあった。

ちょっとお互いにグッタリした後、俺は、撮影者へ復活。
奥さんには、M字開脚をさせ、下にはコップをスタンバイ。
結構奥に入ったのかザーメンは落ちてはこない。

そこで、おまんこを指で広げさせ暫くすると、ザーメン登場。
したたり落ちるザーメンがコップへ入る様子を撮影。
最後に膣から出てきたザーメンは糸を引いてコップと一体化していた。

今日の俺の計画は全て終了。満足。
しかし、近所の目もあるので、テープを返す時にはもう手を切ろうと思っている。奧さんもそのほうがいいと思う。

写したビデオはセンズリのネタにする予定だ。