今日は安全な日だから中に出しても大丈夫…【エッチな体験】

俺が男子校の2年生の時、

従姉の澄子は短大2年生だった、夏の事。

俺のオートバイに2人乗りで走っていた。

休憩をしようと影のある神社に行った。

そこの横に芝生のようなところがあったので

仰向けに寝転がって休んだ。

知らぬ間に俺のジーンズのファスナーが半分位降りていた。

それを澄子が見つけて下まで下してしまった。

俺はびっくりして

「なにしてんだ」

の恥ずかしさのあまり大きな声を出した。

澄子は

「秀ちゃんじっとしててよ。気持ちよくさせてあげるから・・・」

といった。

当然俺はその頃は3日と開けずマスターベーションをしていた。

澄子は俺のジーンズを膝まで下しブリーフも一緒に下げた。

俺のペニスはあっというまに勃起してしまった。

恥ずかしさで両手で隠そうとすると

「いいから・・・じっとしていて」

と言うと、片手で握り上下に擦り始めた。

すごく気持ちよくなって思わず腰を高く上げてしまった。

一気に射精するのを感じて

「もう駄目だよ。出そうだ」

というとパクリと俺のペニスを咥えた。

と同時に何度も射精してしまった。

澄子はのどをならずようにしてそれを飲んでくれた。

終わると澄子は

「どう?気持ちよかった?こんなこと初めてだけど、一度してみたかったんだ。今度は私を気持ちよくさせて・・」

と言ってジーンズを脱ぎピンクのパンティーを下した。

どうしていいのか判らずにいると澄子は四つんばになって

「私、2度ばかりこんなことしたことあるんだ。」

と言って俺の前に大きなお尻を突きだした。

あそこの毛が股間から見えた。

俺のペニスはいつのまにか勃起していた。

先っぽをお尻の間に突きだすと

以外にもすんなりあそこに入ってしまった。

澄子は

「そう・・・そこ。もっと根元まで入れて。今日は安全な日だから、中に出しても大丈夫。」

俺は必至で腰を前後に動かした。

一度射精しているのにも関わらず又射精感を感じ「出るよ。」と言うと

「いいの。出して思い切り・・・一杯出して・・・」

と大きな声でいった。

射精が終わると澄子は

俺のペニスを口に含みきれいに舐めてくれた。