クンニを続けておっぱいとかわいい声を堪能しますw【エロ体験談】

童顔で笑顔がかわいい、ゆ○ちゃんは、

最初に呼んだ時はデリを始めてまだ4回目の出勤で、

段取りのぎこちなさに

初々しさが感じられました。

スタイルは背が低いにもかかわらず、

服の上から見ても

胸回りがパンパンな感じ。

これで身体が弛んでなければ上玉だなと思いなから、

立ったまま服を脱がすと、

重力に負けない大きなまあるいおっぱいと、

引き締まった身体が。

鏡の前で全身を写しながら、

背後から優しく胸を揉みながら

耳元で息がかかるように、

「大きいね」と言うと、

「プロフィールにはEカップって書いてますけど、ほんとはGカップなんです。お店のひとがデブと思われるから小さく書いとくねって。やっぱり嫌ですか?」

とおどおどと答える。

いえいえ、顔もスタイルも、

そのリアクションも期待以上。

さらに鏡の前で片手はおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりしながら、

身体をなで回すと、

「見えすぎて恥ずかしいです。暗くしてください。」

と身体をよじり隠そうとするのですが、

余計おっぱいが強調されてエロさも倍増。

少し暗くしてあげるとほっとした感じでいるので、

「暗くなって安心してるでしょう。

違うんだよ。

薄暗い方が身体に影がついて

凹凸が強調されてかえっていやらしいんだよ」

と最期まで言いおわらないうちに、

「はぅぅ。」

と声をあげて顔を歪めます。

そっと股間に指を這わすともう濡れ濡れ。

「あれ、まだ今日一人目の客だよね。まだ始まったばかりなのにスゴいことになってるよ」

「あぁ。ごめんなさい。なんかすぐ気持ち良くなってダメなんてすぅ。ベッドに連れていってくださいぃ。」

クリ責めから逃げるように身体を前に屈めると、

またもおっぱいが強調されてさらにエロい。

肩で息をして仰向けに横たわる彼女の横に密着するようにならび、

右手を挟み込み、さらに腕枕のように

頭の下を通した私の左手で彼女の左手首を握り、自由を奪う。

「おっぱいも身体全部もよく見えるよ。キレイだね」

「ぅう。恥ずかしいです。そんなに見ないでください。」

「じゃあ、触るのはいいのかな?」

と私の自由な右手で身体中をまさぐる。

おっぱいを撫でたり揉んだりしながら、

わざと乳首にだけ触れないようにしてみる。

「はぁ。気持ちいぃ。何で、何でさわってくれないんですか?はぁはぁ」

「ん?さわってるじゃん?」

ととぼけながら、おっぱいをぐっと強く揉む。

「そ、そうなんですけど、あの、、」

「何?はっきりどうしてほしいか言ってごらん」

「そんなの恥ずかしいです。恥ずかしくて言えません」

「ふーん。いいおっぱいしてるよね」

と言いながら乳首にはぎりぎりさわらないでいると、

乳首が手にあたるようにしたいのか、身をよじらしてくる。

くねくねする腰のラインもいやらしい。

でも、もちろん乳首にはまださわらない。

「何か不満そうだね。どうしたの?言わなきゃわからないよ」

「うぅぅ。絶対わかってるのにぃ」

「何が?」

と言うと絞り出すように

「もぅ。ゆ○の乳首もさわってください。お願いしますぅ」

いじめられて困った風ながら、

内心嬉しそうに違いない感じがなじみでる。

「よく言えたね」

と不意に乳首に吸い付くと、大きな声であえぎだす。

小さめの乳輪としっかり固くなった乳首。

色もきれい。

甘噛みしたり、吸ってみたり、舌で転がしたりするごとに、

身体をよじりリアクションがあって楽しい。

ぷるんぷるんだ。

執拗におっぱいを責めていると、下半身をよじらせはじめた。

両足の太股を擦り合わせながらもじもじしているところに、

指を滑り込ませると、さっきよりもスゴいことに。

「いつの間にこんなになったの?」

「だって、だって、、、」

指を入れると絡みつくようで、中も具合がいいです。

クリを剥いて責めると、大声で

「あー、おかしくなっちゃっいます!だめです!だめです!」

と叫び、身体をよじりおっぱいがゆれます。

実にけしからんゆれかたです。

「わかったよ。いきなりすぎたね」

と拘束状態を解いてクンニを開始。

「あー。それもだめなんですぅ」

と暴れるので、両方のおっぱいに手を伸ばし、

「暴れるから押さえて置かないとね」

と揉みながらクンニを続けて、

おっぱいとかわいい声を堪能します。

すっかりイキ疲れてぐったりとベッドに横たわっているところを、

さも当然とばかりに正常位で挿入。

「あー、だめです。気持ち良すぎですぅ。」

変化をつけて突きながら、

おっぱいを鷲掴みにして荒々しく揉む。

「あぁ。スゴく気持ちいいですぅ。もっと強く揉んでください。おっぱいを強く揉んでください。お願いしますぅ」

と懇願してきます。

力を入れておっぱいをさらに揉みながら、奥までさらに突く。

「こうかな?」

「はい。気持ちいいですぅ。でも、」

「でも、何?」

「跡がつくくらいもっと強くしてほしいんです」

マジですか。

では遠慮なく。

わしっと力をいれる。

「あー、スゴいですぅ」

おっぱい全体はともかく、

乳首はどうなのかな?と強めに吸うと、

「痛いくらいにしてくださいぃ」

とまたお願いしてきます。

力一杯吸い付くと、

「あー、いい。いいですぅ・・・あの、噛んでください。お願いします。」

マジですか。

ここまでの女は初めてなんで恐る恐る、

そーっと歯をたてる。

「あー、スゴいですぅ。もぅ。スゴいですぅ」

と声を震わせます。

おっぱいを堪能しながら腰を動かしていると、

「もう壊れちゃいますぅ、そんな奥までついたらあたりますぅ、あぁ」

と私の腰に手を回してしがみついてきます。

あそこのしまりもよく、絡みつくような感触。

「ゆ○ちゃんはいけない子だなあ。生で本番して気持ち良くなっちゃうなんて」

「あぁ。ごめんなさい。気持ちよくてごめんなさい。あぁ。ごめんなさい」

と半泣き状態でドM全開。

さらに強く私の腰を引き寄せるので、強い挿入感に加えて、

自然と寄せてあげて状態になって、おっぱいがスゴいことに。

大きなボールが二つ並んでるみたいです。

視覚、触覚、聴覚からエロさ満点です。

さすがに限界が近くなってきた。

腰を動かし続けながら、

「もういきそうだよ。どこにだしたらいいかな?」

「ごめんなさい。中はだめです。

お腹に出してください」

「中はダメなの?」

「中はだめですぅ。

許してください。

ごめんなさい。

ごめんなさい」

「じゃあ、どこ?」

「おなかに」

「え、『なかに』?」

「えぇ!違いますぅ。

おなかに、中はだめですぅ」

もっとついてくださいとなればもう一頑張り。

乳首を摘まんだまま正常位で突きまくり。

腰の動きに合わせて乳首が引っ張られる度に

あんあんとかわいい声が部屋に響きます。

「もっと、もっと、たくさんついてください」

「そんなに気持ちはいいの?」

「はい」

「生で入れられて、中だしされちゃうかもしれないのに?」

「ごめんなさい。中はだめです。許してください。でも生の大きなおちんちんが奥まで入ってると気持ちいいんです。ごめんなさい。」

「お店はダメって言ってるのに?」

「内緒にしててください。初めてなんです。お願いします。でも気持ちいいんです」

ま、ホントかどうかはともかく、

俺のツボにはまるリアクション。

「あー、気持ちいいよ。ゆ○の中。良すぎてちゃんと我慢して外に出せるかなぁ」

「だめです。中はだめです。ごめんなさい。許してください。あぁ。もっとついてください。もうめちゃくちゃにお願いします」

といいながら両手で

自分のおっぱいを自ら鷲掴みにして、

人差し指と中指で乳首を挟んで、

ぎゅーっと真ん中に寄せます。

さあいくぞと、ラストスパート。

「あぁ。スゴいです。壊れちゃいます。もうわからないですぅ。」

中だしもありか?とも思いましたが、

この逸材は大事にするかと思いとどまりました。

が、とりあえず

「気持ちいいよ。

このままいっちゃいそうだよ」

「中はだめです。ごめんなさい。許してください」

「わかってるよ。我慢するから大丈夫」

と何度か繰り返して楽しみました。

「あぁ。もう壊れそうです。いってくださいぃ。ゆ○で気持ち良くなってくださいぃ」

「いいの?じゃあいくよ」

「中は、中はだ、め、」

と終わりました。

一応外だし。

このあともう一回戦して、

騎乗位でおっぱいを下から見て揉んで堪能しました。

終わり