父と大喧嘩した母を、ラブホに連れ込んで慰めてみたら・・・

この記事は約5分で読めます。

きっかけは、こうだった。ひと月前のある日、朝起きると、普段でもあまり仲がよくない父と母が、激しく口論していた。原因は、父の韓国通いだった。
父は、食品卸の会社を経営していて、プサンやソウルへたびたび出張しているが、最近、韓国に女ができたみたいで、そのことで口論となっていた。
僕が見ている前で、父は大声で母を怒鳴って、飛び出すように玄関を出ていった。
母は、その場に座り込んで、泣き崩れていた。

父は52歳、母は49歳、僕は24歳。三人家族。
その週末、父は韓国から帰って来なかった。

僕は、学生時代から付き合っていた彼女がいたが、他の男と寝た事を知って半年前に別れた。
したがって、いつも週末は暇を持て余していた。

僕は父のBMWを持ち出して、母を遠乗りに誘った。
母は、憂さ晴らしにと、喜んでついてきた。
車の中で、母は、僕が彼女を寝取られたことを慰めてくれた。
そして僕は、父の女遊びについて母を慰めた。

途中、海が見える高台に車を止めた。
母は、父と結婚したときのいきさつや、その後の苦労話を淡々と語った。

僕は、母が可愛そうに思えて、海を見ながら母の手に触れてみた。
知人に見られる心配はない。遠出をして開放的になった母も、悩ましく僕の手を握った。
そのとき僕は母の手の柔らかさに女を感じた。

「デートしてるみたいだね」と言うと、母は「親子で?」とほほ笑んだ。
母の手をもう一度握ってみた。
すると母は「純ちゃんの彼女じゃないけど、もっと、遠くへ行こうか」といった。
僕は車を走らせた。

黄昏の海岸線をしばらく走っていると、遠くに林立するラブホテルが見えた。
僕が「母さん入ったことある?」と話しかけると、母は「知らないわよ」と冷たく言った。
 
車を減速し、左のウインカーをつけると、「どうするの?さぁ帰りましょ!」と母は急にあせった。
僕は、まっすぐラブホテルを目指して車を走らせた。
母は異常な雰囲気を察したのか「どこへ行くの?」と尋ねた。
僕は沈黙していた。

 ラブホテルの近くまで来たとき、「一日中、走って、疲れたから少し休んでいくよ」と言うと、母は「何言ってるのよ、もう…」
「入れないわよ、こんな所…」と言った。

 そして「純ちゃん、今日なんだか変よ………」と、母が言いかけたとき、僕は運転しながら、母の手を取ってズボンの上から、勃起している物に触れさせた。

 母は一瞬凍りついたように身動きを止めたが、やがて僕の一物が本気になっている事を知って、その勃起した物を左手で優しく包み込んでくれた。
そのとき、車は、ラブホテルのゲートをくぐり、個室のガレージへと滑り込んだ。
僕も母も緊張していた。

部屋に入ると、母が「なんだか恥ずかしいわ…こんな所…」と顔を赤らめて言った。
「取りあえずビールが飲みたいから、母さん 先に汗でも流せば」と言い、母にシャワーを勧めた。

 僕は、ガラス越しに見える、グラマーな母の全裸を鑑賞しながら、ビールを味わった。
ビールを一本飲み干すと、僕は、服を脱ぎ捨てて、バスルームへ入った。
母は、すでに覚悟を決めていたのか、黙って僕を見つめた。

僕は、恋人が抱き合うように母を抱きしめた。
そして母にキスをした。
その後、いやがる母を無視して、強引にイスに座らせ、ボディーシャンプーを手につけて母のグラマーな全身を愛撫した。

 母は目を閉じて、眉間に皺をよせながら、声を出さないように耐えているようだった。
 母の柔らかな白い乳房を揉んでいると、僕は耐えられなくなり、そのまま母をマットに横たえるといきなり、勃起したちんこを母の中に突っ込んだ。

声を殺して喘ぎ声を出さない母に、僕は、執拗にピストンを加えた。
 僕のちんこはすぐにでも発射しそうなところまで登りつめていたが、母が悶えて喘ぎ声を出すまではと思い、我慢した。

 延々と続く僕のピストンに、声を殺していた母もだんだんと、「あ…ん」「ん…」と、少し声を出し始めてきた。

 母が反応する様子に、僕は征服感を感じつつ、母の両腿を大きく左右に割り開き、腰を抱えて上の方へ持ち上げると、母の中に再びちんこを侵入させてグラインドした。
すると母はもう我慢の限界がきたのか「あ~…もうダメ…」と、うわごとのように言い放った。

 さらに、グラインドからピストンに変えると、母は顔を左右に振って髪を振り乱しながら、「あ…あ~い…いっちゃう…」
「純ちゃん…か…母さん…いっちゃうわ…」
 「あ、もっと…もっとよ…純ちゃん…あああ…いく…おねがい…ああああ…」と必死で僕にしがみついてきた。

 母の口から懇願する言葉を聞いた僕は、ついに込み上げるものを我慢できなくなって、母の中の奥深くに、ドク、ドク、ドク、ドクッと、たくさんの量の精液を注ぎ込んだ。
 母は太腿をピンと伸ばしたまま、ひきつったようになり、
「あ…あ…あ…あああああァ…」と言って、僕の背中に爪を立てていた。

僕は大の字になって、母の横に倒れ込んだ。
二人ともハアハアと肩で息をしながら、暫くの間そのままの状態が続いた。

しばらくして僕は「母さん、今どんなこと考えている?」と聞きいた。
母は一旦、僕を見て、直ぐに目を反らし「信じられないわ…。罪悪よ…」

「純ちゃん、あなたはどう思ってるの?父さんのことが頭に浮かばないの?」と言った。
母にそう言われると、急に父の顔が浮かんできて、まだ、あんな父のことを気にしているのかと思い、罪悪感というよりは、嫉妬心がわき上がっていた。

次の日から、僕と母の日常生活は変化した。
 一度、関係を持ってしまった母は、いつでもどんな場所でも、僕を受け入れるようになった。

ただ、父がいる時だけは、変なまねはしないでねと、しつこいほど、言っている。
 しかし、父が家にいる時にこそ、僕はわざとやってみたくなる。たぶん嫉妬心だろうか。

 父が韓国から帰って来た日の夕方、父がバスルームに入ったのを見計らって、僕は母を裏庭に呼び出した。
母を下半身だけ、裸にして、庭の木に両手をつかせ、風呂場の窓明かりを見せながら、思いっきりバックで攻め続けた。
母は声を殺して耐え続けた。

ともあれ、いつでも、どこでも、どんなふうにでも、僕を満たしてくれる母がいるということは、幸せなことかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました