彼女がグッタリと疲れた時にアナルにイチジク浣腸をプスリとwww【エッチな体験】

『アナル調教』

高校の頃からやりたかった。

父が母にしてるのを見て興味を持った。

だが俺には彼女がいない!笑

彼女作りからスタート。

コンパ参加でカワイイ女の子を彼女にできた。

もちろんそれなりの手順を踏んで。

とりあえず彼女がしたいと言うまで待つ事に

今思えば紳士過ぎた。

実は彼女、かなりのセックス好き。

俺のモノも普通にフェラしてくれた。

膣締まりもよく、俺は彼女とイッた。

そして

彼女がグッタリと疲れた時に、

アナルにイチジク浣腸をプスリと。

彼女は困惑して

「なにっ?……なに?なに?キモチワルイ!」

用意しておいたアナルプラグを回しながら入れた。

マンコには大きめのオルガスター。

スイッチオンにした途端、ケモノのように唸る彼女。

ひたすらチクビを愛撫してやった。

10分くらいしてからプラグを抜いてやると、

ブチュッ…ドパァッ!って感じで勢いよく排便。

泣きながら排便する彼女はとても綺麗だった。

とりあえず浣腸を執拗に10回前後。

彼女はもうグッタリで立てないくらい。

「もう出ないよ…」

3回目以降はもう薬液しか出ない。

とりあえず風呂で体を洗ってやり、ベッドに抱きかかえて移動。

疲れて息の荒い彼女。

とりあえず抑えが利かない俺は、

彼女のアナルにアナルパールを突っ込む。

一気に抜くと、アナルがヒクヒク。

彼女はケモノの如く喘ぎ声を出す。

堪らなくなり、何度も何度もアナルパールを突っ込む。

彼女のアナルはもうポッカリと空いたまま気絶していた。

クリトリスを爪でカリカリしてやると、

ビクビクしながら潮ふいてイッてた。

そのままアナルに電極を挿入。

スイッチオン。

声にならない叫びで喘ぐ彼女。

勢いよく抜いてやると、

「アァンッ」

と色っぽい声で鳴いてくれた、と同時にお漏らしした。

なのでお仕置きと称し、パイパンにしてやった。

もう泣きながらやめてと懇願する彼女。

無視してオムツ装着。

「ゴメン」

って言って抱きしめたら、

「怖かった」

と泣き出す彼女。

今は結婚して俺の性〇隷、なんて言いたいが。

嫁は浣腸のし過ぎで体重が極度に減り、虚弱体質に。

責任を感じて結婚。

それでも懲りずに浣腸を週1のペースでしてます。

あんなアナルセックスをもう一したいです。