彼氏と彼氏の友人2人に、肉穴もアナルもハメられ放題されてイっちゃいました

この記事は約5分で読めます。

いつも週末は彼の家で過ごしていて、今回もそうでした。
その日は彼の友達を呼んで4人で鍋をする事になり、皆で鍋を囲んでバカ話をして盛り上がりました。ほんの少しお酒が入って上機嫌な彼は、私の事を
「可愛いねぇ」
とか言いながら甘えてきます。足を触ったり胸を触ったり・・・彼の友達はそんな彼を笑って見てました。

友達が私にプレゼントをくれました。

開けてみるとチャイナドレスで、彼が着ておいでと言うので着替えました。
皆がとっても似合うって褒めてくれました、けど実はコレは彼達が考えた罠でした。

彼は

「オッパイ大きいだろう?」

と言って揉んだり、スリットから手を入れて足を触ったりします。

友達が調子に乗って

「1回触らせて」

と彼に頼むと

「仕方ないなぁ」

って言いながらトイレに立ちました。

私はまぁ服の上からだし、彼の友達だしという事でOK?しました。

「愛美ちゃんのオッパイって気持ちいいねぇ」

と言いながらケンタ君が触ってました。

「僕も!」

とカズキ君も触ってきて、気づけば私は、2人にオッパイ触られてる状態になりました。

片付けるから、と理由をつけて席を立ちました。

彼がトイレから出てきて

「どうしたの?」

と言って後ろから抱き付いてきました。

そして私をお姫様抱っこして2人の居る部屋へ連れて行くと、2人はHビデオを見てました。

そしてソファに座らされ、彼は相変わらずあちこち触っててきます。

「これはどうやって脱がすの?」

とケンタ君に聞きました。

「自分で出来るからいいよ」

と言う私の両手を後ろに回し、彼が1つずつボタンを外していきます。

ブラジャーの上から

「お前はいいよなぁ…こんな大きい胸いつも触れて」

と胸を揉み始めました。

彼はブラジャーのホックを片手で外し、

「ケンタの好きに触っても今日は許す」

って・・・ケンタ君はブラジャーを上にずらして、両手で揉み始めました。

私は彼に羽交い絞めされてるので抵抗できません。

右手で乳首を愛撫しながらもう片方の乳首を吸ったり噛んだり・・・彼が

「カズキはいいのか?」

と声を掛けるとカズキ君は

「すっごいエロいねぇ」

と言いながら写真を撮り、そして足の指を丹念に舐め始めました。

実は私は舐められるのがとっても好きなので、胸と足を舐められながらすっかり気持ちよくなり、力が抜けてました。

彼が私に目隠しをして、後ろから股間を触り始めました。

私は3人に責められながら、こんなにも愛撫が気持ちいいなんてと思ってました。

彼が、カズキ君に引き出しからオモチャを取り出すように言いました。

バイブとローターを取り出し、まずローターをケンタ君に渡しました。

ケンタ君は、ローターでツンと立った私の乳首を執拗に責め続けます。

そして、カズキ君がパンツを横にずらし股間をゆっくり舐め始めました。

もしかして彼より舐めるの上手かも・・・舐めながら指を入れられるのが好きな事を彼は知ってるので、カズキ君にそう指示しました。

カズキ君は優しいタッチでゆっくりと丁寧に股間を触りながらスルッと私の中に指を入れてきました。

何て優しくて上手なんだろう・・・

「ん~気持ちいい」

と言う私に彼はニッコリ微笑み、

「たまにはこんなのもいいだろう?」

って・・・脱力した私はもう、どうなってもいい気分でした。

3人の男に身体を任せてされるがままになってました。

カズキ君は指の代わりにバイブを入れてました。

そしてカズキ君とケンタ君が交代し、ケンタ君がバイブで股間を責め、カズキ君が胸を舐め始めました。

やはりカズキ君の舌使いが1番上手かったです。

ケンタ君はバイブを抜き指と舌で責めてきました。

ケンタ君の舌はネットリとして、クリトリスにまとわりつくような舐め方が気持ちよくて、ついつい腰が動いてしまいます。

ケンタ君はそれに合わせて指を動かしてくれる。

もう何度イッたか分かりません。

潮まで吹いちゃった。

充分にイカされた私はまずケンタ君を受け入れました。

ケンタ君はそんなに太くないけど、彼より少し長いみたい。

子宮までドンドン突き上げてくれる。

そして入れたままカズキ君がクリトリスを丁寧に舐めてくれる。

そしてカズキ君の指がアナルへ。

初めての経験だったけど、子宮を突かれながらアナルへの刺激がとっても気持ち良かった。

そしてカズキ君の番。

カズキ君は長くて太い。

ちょっと怖かったけど、すんなり受け入れられた。

「凄く締まる」

とケンタ君とカズキ君が話してた。

2人が終わると、チャイナを脱がされ目隠しされたまま・・・彼がオナニーしてごらんって言うので3人が見てる前でした。

バイブを床に押し付け騎乗位のように腰をふりクリトリスと胸を揉みながら・・・その格好に彼は凄く興奮して、私を四つん這いにしてバックで・・・。

カズキ君の優しい指がクリトリスを触る。

彼とのエッチが終わるとカズキ君の上に跨り腰を振る。

太さと長さが何とも言えないくらい気持ちいい。

ケンタ君の長さと固さは座ってするのが一番いい。

朝まで何度やったか分からない。

目が覚めた時、彼のが勃ってたから上に跨って自分で挿入。

腰をゆっくり沈めゆっくり動き出すと彼も合わせて動いてくれる。

しばらくして2人も目覚め触り始める。

結局、土曜日の夜から日曜の夜まではヤリっぱなし。

もちろん勃たない間はHビデオ見て次にやるネタを探したり、途中皆で買出しに行ったり。

最後は1人ずつベッドでゆっくりエッチして終わった。

彼はまたやろうって言ってた。

「愛美がこんなに色っぽくってエロいと思わなかった」

って。

私はもちろんOK?です。

またしようね。

タイトルとURLをコピーしました