先生…すごい…えー…溜まってるんですか?【エロ体験告白】

結婚18年、子供も1人の3人家族

妻は2歳年上の姉さん女房でまあまあの円満夫婦

当時、自分は大学で講師をしていました。

写真や映像に関する芸術関係のゼミをやっており、

ゼミの学生は3、4年生合わせて20人弱でした。

その中に、上村めぐみという女子大生がいました。

その女子大生は、ゼミの中でも、積極的で明るい子でした。

身長も高く、色白で美人

色々な意味でゼミの中心的な子でした。

何よりも…自分が気になってしまったのは、

上村さんのスタイルでした。

長身でスラッとしているが、

胸だけはものすごいボリュームのスレンダー巨乳な女子大生

顔は幼くかわいらしい感じで、

アンバランスな外見に正直魅了されていました。

自分の妻は、外見こそ並ですが胸はAカップで巨乳好きな自分にはそこだけが不満であると同時に長年巨乳に憧れ、巨乳の女性を見るたびに目で追ってしまうような感じそのため、ゼミに上村さんが入った当初からずっとこのスレンダー巨乳の女子大生を気になっていました上村さんが4年生の時の6月に、学校との企画で海外研修があり参加者は自分と、学生は上村さんを含む3人(男2女1でした(行き先はギリシャで、遺跡を巡りました。

研修と行っても、ほぼ観光旅行ところが到着してすぐ、宿泊先のホテルで手違いがあり、部屋が二部屋しかとれていないとのこと。

英語が喋れるのは私だけだったので、1人でホテルの方に話をしたが、部屋が空いていないとのこと日本の旅行会社とは連絡がとれず、仲介のギリシャの旅行会社の日本語が通じるスタッフに話をしてやりとりして、近くで別なホテルを探してくれることになったが料金がまた発生するとか何とかで少し揉めていました。

するとそんな姿を見兼ねたのか、上村さんは、

「もう部屋はいいんじゃないですか?私は大丈夫ですけど」

夜も遅いしまた移動するのも大変だしと、結局、私と上村さんが同じ部屋に到着は夜だったため、その日は部屋に入り、シャワーを浴びて、2人とも早くに寝ました。

先に自分がシャワーを浴びて、部屋に戻ると、上村さんはスーツケースを広げて、着替え等を整理しているようでした。

シャワー後に着替えるのであろう薄い緑色の新しい下着をベッド上に起き、その場で着ていたTシャツを脱ぎ、キャミソールとショートパンツ一枚になりました。

ものすごいおっぱいの谷間が目に飛び込んできます一瞬目が合い、自分の目が谷間に目が行ってたのを気付かれたっぽい感じですが、何も一気に勃起しました上村さんがシャワーを浴びてる時、スーツケースは開きっ放しになっていたので、いけないとは思いつつ、下着を物色してしまいました。

ドキドキしながら大きな白いブラのタグを確認するとG65と書いてあり…ますます興奮してしまいました。

しかし到着したその日の夜は、何もなく、お互いすぐに寝てしまいました。

次の日は午前中から色々遺跡や博物館などをまわりました。

遺跡や町並みなど、生徒はカメラで、自分はビデオカメラとカメラを両方使い、写真や映像に収めていきました。

夕飯を早めに済ませ、ホテルにもどり、ホテルでミーティングルームのような場所をかりて、今日とった写真やビデオについて、ディスカッションをしました。

夜8時には終えて、部屋にもどりました。

部屋にもどり、上村さんに、シャワーをあびるか尋ねると、お先にどうぞ…とのことだったので、今日も私が先に入り、そのあとに上村さんが入りました。

まだ時間も早かったので、どちらからともなく、部屋でワインを飲むことにしました。

正直、上村さんのシャンプーの香りと、胸のボリュームがいつも以上に気になっており、少しでもいい雰囲気になればいいなという…下心もかなりありました。

お菓子をおつまみに、ワインを1本空け、2本目を飲んでいた頃、色々話をしている中で私の家族の話、妻の話、上村さんの彼氏の話になりました。

お互い不満などを話したりして、お酒の力も手伝ってか…もしくは、私が上村さんの体を見てばっかりいたせいなのか、だんだんと夜の生活の話しになりました。

エッチの時は、SとかMとか、上村さんはSなのに、彼氏もSだからちょっと不満があるとか…普段かわいらしくて明るい上村さんが、そんなことを話すのかという驚きとドキドキ感と、体にピタッとした白いTシャツの、柔らかそうで、魅力的な大きな胸のふくらみと、ハッキリと色やレースまで透けた青色のブラに、完全に勃起しながら話を続けました。

私は逆に、お互いMだから不満だし、しばらくセックスレスだし…。

あわよくばという期待をこめて、何よりも妻の胸が小さいという不満を思い切って話しました。

すると上村さんは、

「私、胸ありますよ~(笑)」

といたずらっぽく、自分の胸を両手でグッともちあげました。

私は、

「目の毒だよ…」

と、凝視したい気持ちよりも恥ずかしさが先に立ち、目をそらしました。

「奥さん胸どのくらいあるんですか?」

私がAカップだと言い、上村さんのサイズを聞くと、

「私はGありますよ」

と言われ、昨日タグで確認したとは言え、こんなカワイイ歳の離れた女子大生に、こんな状況で言われ、かなり心臓はバクバクでした。

「すごいね…いいな…憧れるよ」

「目…泳いでますよ(笑)」

と指摘され、更にどぎまぎしてしまいました。

上村さんは続けて、

「あこがれるって、見たりさわったりしたいってことですか?」

と言うので、

「それはもちろんそうだけど…」

もうなんて返せばいいのか分かりません。

「私、胸のことでそういう経験多いし、男の人の気持ちわかりますよ(笑)…」

上村さんは笑顔で更に続けて

「内緒で…あこがれ実現します?」

と言いました。

私は普通に

「ほんとに?」

としか言えず、動けませんでした。

上村さんは平気な顔で、

「見ます?さわります?…っていうか私なんかじゃ意味ないかな」

と言うので正直むかしから上村さんのことが気になってたと言い、思い切ってイスから立上がり、ベッドの端に座っている上村さんの横に座りました。

すでにむちゃくちゃ勃起していたので、立ち上がった時に、ジャージのもっこりを見られ、

「先生ちょっと~(笑)」

と言われましたが、興奮して、さっきまでのはずかしさも消え、何も言葉も返せませんでした。

横並びに座ると、上村さんは体をこっちへ向けて、胸に少しかかった髪を後ろに流し、少し胸を突き出しました…今までで一番近い距離で、上村さんのTシャツ越しのGカップを見ました。

シャンプーの香りと、巨乳を前に興奮は最高潮です。

お互い言葉もなく、斜めに向かい合う私はゆっくりと両手で、下から、たわわな胸を持ち上げました。

今までに味わったことのない感触が、両手から頭に走りました。

Tシャツ越しのブラの感触と、Gカップのボリュームと弾力はものすごかったです。

夢のような瞬間です。

ゆっくりと両手で持ち上げ、持ち上げた頂点で軽く揉み…そっとおろして、形を確かめるように両手で胸全体をなでまわし、またゆっくりと持ち上げ、また持ち上げたところで、今度はしっかりと揉みました。

持ち上げ、もみもみ、おろしてなでまわし、再び持ち上げ…繰り返しました。

慎重かつ大胆に、遠慮なく欲求を満たしていきました。

Tシャツの上から心行くまで揉み続けたあと、更に欲求を満たすため、

「顔うずめてもいい?」

と聞くと、上村さんはおもむろに立上がり、ベットの端に座っている私の前に立ちました。

すると信じられないことに、上村さんは自ら両手でゆっくりとTシャツを胸の上までまくりあげました。

ぷるんと青いレースのブラに包まれた、Gカップの巨乳があらわになりました。

Tシャツは胸の上にひっかかってまくれたままです。

おっぱいに見とれて言葉を失っていると、上村さんはそのままさらに近付き、私の顔を豊かな谷間にむぎゅーっと挟み込みました。

上村さんは、私の肩というか首に手を掛け、軽く抱き付くような格好です。

もう緊張やドキドキよりも、興奮とスケベ心と、欲求を満たす気持ちでいっぱいでした。

当然のことながら、私は豊満な胸に顔をうずめたまま、首を左右にゆっくり動かし、おでこ・ほっぺた・鼻・口…顔面で最高のGカップを堪能し、さらに両手で胸を揉みながら、顔を自分で、ぱふぱふとはさみました。

45歳のおじさんが、22歳のGカップ女子大生の胸を思う存分味わうという不思議な光景です。

しばらく両手・顔面をつかって十分におっぱいを味わっていると、上村さんは私にまたがってきて、抱き合うような形になりました。

私の勃起したものが、上村さんに当たり、あそこに一気に快感が走りました。

もうはち切れんばかりに勃起し、上村さんが少し動くだけで強烈な快感が襲ってきます。

ただとにかく私は、夢のGカップに夢中でした。

しかし、勃起を意識している上村さんは腰をゆっくり動かし、明らかに刺激してきます。

完全に何かが切れた私は、揉んでいた両手で、ブラのカップを両方下にめくり、生のGカップをあらわにしました。

上村さんは

「あっ…」

と声を出しましたが、嫌がるそぶりはありませんでした。

再び両手でグッと胸を揉み…乳首をなめまわしました。

上村さんは何も言いませんが、構わずもみもみし、なめまわしました。

上村さんを感じさせるよりも、完全に自分の欲求を満たすだけでした。

しばらくすると、上村さんは私から離れ、床にひざまずき、私のジャージに手をかけました。

私は腰を浮かし、ジャージをおろしました。

立派にテントを張ったトランクスがあらわになりました。

経験は少ないですが、大きさには自信がありました。

「先生…すごい…えー…溜まってるんですか?」

と聞かれ、

「もう全然してないし…上村さん、胸すごいし…」

と言うと、トランクスの上から、女性にしては長身のせいか、大きめな手で、勃起したものをぎゅっとにぎり、ぎゅっぎゅっと上下にこすりました。

あまりの快感に、情けないくらいに、

「あっ…あーん、あっ」

と声をだしてしまい、

「ごめん…」

と言うと、上村さんは笑顔で首をふりました。

「先生…すごい大きいですね…」

と小さな声で言うと、トランクスに手をかけ、おろしました。

20センチくらいに勃起し、そそり立ったものがあらわになり、上村さんは再び手をのばし、私の巨根をにぎりました。

「大きい…」

上村さんがまた洩らし、にぎった竿から手をはなし、サイズを確かめるように、手のひらで、竿を下から上へ、つつーっとさすり、ふたたびしっかりにぎると、絶妙な強さで手コキをはじめました。

シコシコ…シュッシュッ…上村さんの大きくて柔らかい手のひとつひとつの上下運動が確実に射精への道を進んで行きます。

上から眺める、ブラから乱暴に出された巨乳もそれを助けますあっという間に限界点が近付いてきます。

完全に手コキで骨抜きにされていた私は、あと1分でもシコられたら、間違いなくイッてしまうような状態でした。

それを察してか、上村さんは、

「ん、でそうですか?」

優しい感じでいいました。

私は、フェラやパイズリ、エッチまでできるのかもと思っていたのですが、その言葉で、あ、手コキまでなのかなという思いと、逆に今フェラをされたら一瞬で出してしまうという思いが交錯しました。

どうしていいかわからず、快感もものすごく、それでも何とか答えました。

「うー…ふん…うっ…手…だよね?…」

上村さんはゆっくり私の勃起したものをこすりながら、いったん私の顔を見て、ニコッとしてシコシコしながら再び私の横に座りました。

横に座り直すと、ふたたび、しこしこ…しゅっしゅっ…と本格的に手コキをはじめました。

ああ…イカされる…と思った時、

「横になってください…」

と言われ、一瞬我に帰り、言われた通り、ベットに横になりました。

その間も上村さんは、私のちんこから手をはなさず、擦られなくても気を抜いたら発射しそうでした。

私が横になると、おもむろに私のTシャツをまくり、手コキを続けながら、私の乳首をなめました。

再びものすごい快感が走り、いよいよ限界がきて、もうイクことを知らせるため、

「上村さんっ、ああっ、あー」

と大きな声を出しました。

すると上村さんはぴくっと反応し、手を止め、

「出そう?」

とまた聞きました。

初めてのタメ口に興奮し、また寸止めされたので、

「ふー…ふん…ん」

と言葉にならない返事をしました。

そんな私をみて、上村さんは私の横に添い寝状態になりました。

再び目の前にGカップです。

すぐに顔をうずめ、ぱふぱふ…もみもみしました。

上村さんはゆっくりと手コキをします。

明らかにイカないようにしてくれてます。

しばらく巨乳手コキを楽しんでいると、上村さんは起き上がり、手をちんこからはなし、まくれていたTシャツとブラを脱ぎ捨てました。

完全に巨乳があらわになりました。

「腰をあげてください…」

言われた通りに腰をあげると、

「んしょっ、んしょっ」

と私の足の間に入り込み、私の腰をももにのっけました。

パイズリの体制だと、すぐにわかりました。

「んしょっ…」

と、上村さんは両手で自分のGカップを持ち上げ、右、左と器用に私のちんこを巨乳で挟み込みました。

むにゅっと柔らかい巨乳が、私の巨根を包みこみ、ゆるゆるパフパフ…ゆっくりとパイズリがはじまりました。

こんなかわいい子にパイズリ…巨乳に包み込まれ、おっぱいでシゴかれて、あそこの快感は、今まで味わったことがない感覚です。

刺激されているのはちんこだけなのに…上村さんのかわいくてエッチな顔と、Gカップと、自分の巨根が同時に目に入り、興奮のあまり全身に快感が走ります。

「上村さん…すごい…すごい気持ちいい」

「いつでも出してください…」

優しく答えてくれました。

ゆっくり、むにゅっむにゅっとパイズリを続けます。

「彼氏にはいつもしてるの…?」

と聞くと

「そうですね…彼氏はおっぱい好きなんで(笑)」

と笑顔で答えると、いきなり一気にパイズリのスピードを早め、シュッシュぱふぱふ…と柔らかさと激しさ両方の感覚がきます。

我慢してもっと味わっていようと思ったのですが、それで限界がきました。

「イク…あー…イキそう…」

もう射精を止められる状態ではなかったのですが、甘えた声で、

「イッてもいい?」

と聞くと、

「うん…出して…」

とエッチな声で言われ、

「あー…イクっ!」

と上村さんの爆乳に挟まれたまま、ドピュッ、ドピュッと発射しました。

「うん…」

と上村さんは吐息をもらし、私のあそこからは、ドクドクと精液が溢れ、上村さんの胸、手、巨根にしたたり落ちました。

溢れ出て、したたり落ちている間も、上村さんは構わず胸でしごき続け、最後にむにゅっ、ぎゅーっと絞り出すように胸で挟み込み、出し尽くしたのを確認すると、パイズリする手を止めました。

「はぁ…」

私は放心状態です。

「お互い内緒にしないとヤバイですね(笑)」

上村さんは、私のちんこを胸に挟んだまま、話しました。

私はまだふんわりと巨乳に挟まれているちんこを眺めながら、余韻に浸り、夢見心地でいましたが、私の生暖かい精液で、上村さんを汚してしまったことに気がつき、すぐにティッシュをとり、上村さんの胸、手、自分のちんこをふきとりました。

拭く時に、上村さんのGカップにさわると、すぐにまたムラムラしてきました。

上村さんの後ろに回り込み、脇の間から手を入れ、後ろからGカップをもみました。

張りと弾力がたまりません。

自由にもみもみしていると、ムクムクと勃起してきました。

勃起したものを上村さんの背中に当て、しばらく生のGカップを揉みしだきました。

その後、濃厚なキスをしながら…ショートパンツを脱がし、青い下着の上から上村さんのあそこをいじりました。

キスをしたり、胸をもんだり、あそこをいじったり…上村さんも、キスや手コキで答えてくれます。

お互い会話はなくなり、荒い息遣いだけになりました。

どちらからともなく、流れで69の体制になりました。

そのときには、上村さんの下着はびしょびしょで、大きな染みになっていました。

顔の上にお尻を押しつけてもらい、青い下着の上からなめまくりました。

上村さんは、

「あ、あ…」

と感じながら、私の竿を一気に口でくわえこみました。

じゅぽっじゅぽっ…と大胆にしゃぶってきます。

さきほど発射したばかりとは言え、この快感はたまりません。

上村さんは私に顔面騎乗したまま、フェラを続けます…私は快感をこらえ、上村さんの下着を脱がせようとしました。

お互い全裸になり、69の体制からもとにもどり、上村さんは私の巨根を本格的にしゃぶりだしました。

ものすごいテクニックです。

こんなに気持ちいいフェラがあるのかと…私はベットの端に座り、上村さんは床にひざまづき、夢中で舐め回してきます。

されるがままで、快感に酔いしれていると、口からはずし…よだれまみれの巨根を、再びGカップの谷間に挟み込みました。

くちゃくちゃ、しゅるしゅるいいながら、またパイズリをしてくれました。

「先生…大きい…」

その言葉にまた興奮します。

「入れたいな…」

私は答えました。

大きいと言われたら、Mな私でもそう思います。

上村さんは、パイズリを続けながら、はずかしそうに目線をそらし、

「ふふ…はずかしいですね」

と笑いました。

入れたいと言いつつも、やはり上村さんのGカップパイズリの気持ちよさに圧倒され、なかなか動けません。

むにゅっむにゅっ、ズルズル…さらにパイズリを続けたあと、また本格的なフェラチオにうつりました。

私の巨根を、根元までしっかりと咥えこみ、舌を存分にからめ、ゆっくりとしたストロークで、じゅぽっじゅぽっ…ズズズー…とイヤらしい音を出しながらしゃぶります。

再び絶頂が近付いてしまったので、私は

「もうダメ…」

と、上村さんの腕をぎゅっとつかみ、イってしまいそうだということを伝えようとしました。

上村さんは、理解してくれたようで、最後にズズズっと吸い込みながら、口からいちもつをはずし、玉の方から、裏スジ、亀頭の方まで、ゆっくりと舌で舐め上げました。

「入れたい…」

私が言うと、上村さんは恥ずかしそうに少し笑みを浮かべ、また私の暴発寸前のあそこを、Gカップで素早くはさみこみ、2・3回ずるずるとパイズリし、

「何か本当に恥ずかしい…」

と、こんな大胆なことをしているのにそう漏らしました。

上村さんをベットに寝かせ、恥ずかしがる上村さんの足をひろげさせ、股に潜り込み、つたないテクニックですがクン二をしました。

夢中でなめまわすと、上村さんは体をよじって声をもらします。

舐め始めた時からあそこはびしょびしょにでしたが、しばらくすると、もうシーツもびっしょりになるくらい溢れ出ていました。

顔をあげ、

「いれていい?」

と聞くと、上村さんはまたはずかしそうに、顔を横にそらしました。

「コンドームないけど…外でだすから…」

と言うと、上村さんは顔を横にしたまま、

「はい…」

とうなずきました。

私はゆっくりと自慢の巨根を、上村さんのあそこにあてがうと、そのまま挿入しました。

十分に濡れていたため、この大きさにも関わらず、ズルッと一気に入りました。

生挿入の快感に思わず私は、

「あぁ~…いい…」

と声を出し、続けて、欲望のままに上村さんを突き上げました。

クチャッ、クチャッ…とイヤらしい音がなり、上村さんもだいぶ快感が高まってきたのか、

「先生…気持ちいい…

「あぁ…先生…すごい大きくて…」

と声を出して感じてくれました。

正常位で、くちゅっくちゅっと突き上げ続け、自分の気持ち良さと、上村さんが感じてよがる顔が、あまりにいとおしくて、腰を動かしながら、上村さんと抱き合う格好になり、舌をからめる濃厚なキスをして、首筋をなめまわしました。

上村さんは少し汗ばんでいましたが、シャンプーと女性特有のいい香りで、さらに興奮しました。

しかしながら、あっという間に絶頂が近付いてしまったため、少し腰の動きを弱めました。

しかしそれでも快感は止まりません。

私は挿入したまま、一端動きをとめました。

激しく突き上げつづけている時は、上村さんは声を出して感じまくっていましたが、動きをとめると、肩で大きく呼吸をします。

「ごめんね…イきそうで…」

と言うと、上村さんは、はぁ…はぁと荒い息遣いのまま、

「いつでも…出してください…」

と言い、

「先生…Mなんでしょ…?」

と、おもむろに起き上がり、私を寝かせ、自ら騎乗位の体制になり、再び私のいちもつを、深く沈めこみました。

「ふぅうう…奥まで…すごい…」

上村さんはもらし、慣れた動きで、器用に腰を動かします。

くちゃっくちゃっ…といやらしい音とともに快感がのぼってきます。

お互い、あぁ…あぁと声を発し、私は下から揺れるGカップを両手でもみしだきました。

両手に柔らかさが走り、くちゃっくちゃっ…ぎゅーっと締まるあそこの快感で、もう絶頂がきました。

「上村さん…い…きそう」

と言うと、

「ふ…うん…いいよ…いって」

と感じながら答え、

「いく時は言ってください…」

私は完全に限界に達し、

「あーあー…上村さんっ!…イクイクっ!出ちゃう」

と言うと、上村さんは素早く腰をはずし、ぐちょぐちょに濡れたいちもつを咥え、竿を高速でしごきました。

私は、

「出るっ!」

と言い、上村さんの口に放出しました。

上村さんは、しっかりと出し切るまで口で咥え、しごいてくれました。

全部出し切ったのを確認すると、口からはずし、当たり前のように私の白濁液を飲み込みました。

その後はお互い言葉少なく、それぞれもう一度シャワーをあび、それぞれのベットで寝ました。