糸が引くような激しいキスをして抱きついてくる

結婚式に一緒に出席していた元部下の亜矢子とシテしまった。
亜矢子は3年前に結婚し昨年退社した元部下だ。
先日、直属の部下A子の結婚式に参加した。俺の部署でA子が入社した時の指導係が亜矢子だったので彼女も招待されていて、式→披露宴→二次会って具合に参加していた。
 俺が亜矢子に「時間 大丈夫か?」と聞くと、「今日は実家に泊まるので大丈夫!その代わり帰りは送って下さいね」とその日は機嫌が良かった。
旦那はビールをコップに一杯でダウンするほどの下戸だ。
そんな日ごろの憂さを晴らすかの如く亜矢子は良く飲んでいた。もちろん回りの出席者も亜矢子と久々の再会で喜んでいた事も手伝ったのだろう。
 
 で二次会も終わり帰ろうとした時、亜矢子がいない事に気付いた。
「勝手に帰ると何を言われるか判らないな」
と思い探してみるとトイレの中でダウンしてました。

仕方なく手伝ってもらいながらトイレから連れ出し、抱きかかえたままでタクシーに乗った。もちろん荷物は他の人に運んでもらいました。

タクシーに乗り5分後。亜矢子は「気持ち悪い」と言い、タクシーは路側に急停車。
ドアが開いた瞬間に噴水発射。

降ろして介抱するも良くならず「金は要らない」とタクシーに見捨てられてしまった。
しかしながら都合のいい事に降ろされた場所はビジネスホテルの前。

俺は連れて帰ることを諦め、彼女を泊めて一人で帰ろうとしてホテルへ行くと「泥酔者お断り」と断固拒否。

 困って辺りを見回すと、二つ先の信号にホテルがあった。
亜矢子をおぶり両手には引き出物が入った大きな袋二個にそれぞれのカバン入れた状態で必死で向かった。

そしてホテルでシングルルームを頼むとここでもNG!。
ホテルって泥酔者は基本どこでもダメって聞かされ、同伴者がいればOKと言う説明を受けた。(一人でチェックインしたことにすれば大丈夫ってことらしい。)

 そこでツインを聞くと満室、空はダブルかセミスイート!! セミスイートは7万ほど掛かるって言うのでダブルを選択し何とかチェックインした。

俺は亜矢子を抱っこしながら部屋へ向かった。
荷物は持ってくれているので多少は楽だった。部屋に入ってすぐに亜矢子をベッドに降ろし、俺はシャワーを浴びた。

 蒸し暑い日って事もあったが何より二次会まで散々飲んで、人を負ぶってたんだから下着までびっしりと汗を掻いてた。

シャワーから戻るとさっきのままの状態の亜矢子。
俺は疲れていたのとホッとしたのと酔いが混じり急激に睡魔に襲われた。亜矢子をベッドの端に寄せ、反対側の端の方で俺は寝た。

 嫁と離婚して一年ちょっとだから、女性の横で寝るのは二年振りだろうかってことは全然考えずに・・・

早朝、喉が乾き眼を覚ませると横にはうつ伏せの長い黒髪の女性がいる。
俺は「???」と一瞬考えたが徐々に記憶が戻ってきた。
「タクシー代とホテル代の差額分ぐらい触らせてもらってもバチは当たらない」
と勝手な理屈が脳裏を過ぎり実行してみた。

 亜矢子の長い黒髪を撫でてみる。反応は無い。頬をつついてみる。これも反応なし。
俺は髪を片方に寄せ背中のジッパーをゆっくり降ろした。ドレスなので楽チンだった。

亜矢子の白い背中が露になる。吸い付きたい衝動を抑えながら首筋から背筋に指を這わす。
一度「ううん」って感じの声がして一時中断。しばらく観察する俺。どうやら寝言の類みたいだった。

 俺は我慢できなくなり、ブラのホックを外し亜矢子の背中に吸い付いた。残念ながら反応なし。
段々大胆になり「起きても良い、いや起きて欲しい」と彼女を仰向けにした。

少し強引にドレスから腕を抜きブラも取った。
小振りだが寝ていてもあまり形が崩れないキレイな胸と意外と黒い乳首を弄ってみた。少し反応する。

 俺はゾクゾクとした感じが込み上げて、唇を重ねた。息が出来なくなる位長い時間だった。

 亜矢子が眼を覚ました。「ギョ」としたような感じで睨み付けている。
言葉を発する前にもう一度キスをしてみた。両手で押し退けるかのようになったときに抱き寄せ「亜矢子 キレイだよ」と囁いてみた。

力が抜けてきたのが確認できた。
今の自分の状況を理解させようか否か迷っている自分がいた。多分亜矢子も一緒だったと思いたい。

 亜矢子は「水が飲みたい」と言った。ベッドから降り冷蔵庫からペットボトルを取る俺。
自分の姿に恥ずかしがり背中を向けながら水を飲む亜矢子。そして彼女はタバコを欲した。

タバコを吸っている亜矢子を後ろから抱きしめると「シャワーに行かせて」と言いコクンと頷いたのが判った。

 タバコを吸い終えると無言のまま彼女はシャワーに向かった。
俺も行こうかと思ったがタバコを吸い待つ方を選んだ。

シャワーを終えた亜矢子はバスローブの下は裸のままだった。
驚く事にシャワーを浴びた彼女はさっきまでと別人のように自分から求めてきた。
糸が引くような激しいキスをして抱きついてくる。そのまま乳首を吸われた。

 まるで風俗嬢の攻撃のような感じだった。
俺は年齢と共にゆっくりと時間をかけたHが好きになっていた。
回数が出来ないのもあるが・・・

そして、亜矢子はそのまま俺の息子に手を伸ばし扱いてきた。
彼女は自分でクリを刺激している。
俺は左手で彼女の頭を撫で右手で胸と乳首を触る。亜矢子が上目遣いでこちらを見てきた。俺は体を入れ替え69の体勢に変えた。

 亜矢子の秘部は驚くほど濡れていたがキレイでビックリした。
乳首はかなり黒かったのにピンクとは言わないが余り色素沈着が無いのか黒ずんでいなかったのだ。

俺は指でクリを刺激しつつ吸い付いた。
音を立てながら露を味わうが如く吸い付いた。喘ぎ声と共に彼女の息子を支える手に力が入った。俺はアナルも刺激してみたが彼女が嫌がったので止めた。

 亜矢子のフェラは上手い訳ではなかったが丁寧で愛情がこもっているような感じだった。
しばらくすると、亜矢子が「もうダメ」といい腰を浮かせた。
すると騎乗位になり自分で入れてきた。亜矢子は「あーいい、気持ちいいー 」と腰をグラインドさせている。

 彼女の中は俺の経験の中では断トツに良かった。
途中の絡みつき方が尋常でなく奥にはざらつきのある名器だった。
亜矢子は俺の快感の表情を見て「課長 私の気持ち良いでしょ」と不敵な笑みを見せながら腰を動かしている。

このままではヤバイと感じた俺は座位に変えてゆっくりと浅めの動きにした。
彼女はクリ派のようだったので指で刺激を与えながら耳から首筋、そして肩にまで舌を這わせた。

「どこがいいの?」と耳元で囁くと「クリと首筋がいい」と言うので重点的に攻めた。
彼女の喘ぎ声が短く「アッ アッ」と言う感じになって来たので少し早めながら強く奥へ押し付けるように腰を動かした。

亜矢子の声が一際大きくなった時、中の動きがより一層強く絡んだ。
俺は半分ほど引き抜き波が引くのを待った。このまま逝ってしまうともったいなかったのだ。

 そして彼女の「今日は中で良いよ」という言葉に感激し正常位で激しく突いた。
俺の逝くのと同じくして彼女も絶頂を迎えた。

若い時ならいざ知らずこの年になっても大量の精子が出た。ビクンビクンと彼女の襞がもっとといっているようだった。
そのまま裸で抱き合いながら朝までもう一度眠りについた。

 本当はもう一度したかったが、腰が言う事を聞いてくれなさそうだったので、その日は実家まで送って行って別れた。

なぜか酒が抜けきると恥ずかしくなり、お互いに余り話さずに別れた。
夕方、
「最近 旦那が浮気をしているのか全然抱いてくれないんです。最初は「えっ」て感じがしましたけど久し振りだったので凄く燃えました。また機会があったら ウフフ」
という感じのメールが来た。

 その後、彼女とは月に一度ぐらいの割合で不倫を繰り返している。