大きくなったチンコをしゃぶらされ・・【エロ体験告白】

千津江です。

今日、娘の同級生のお父さんに抱かれました。

お隣さんです。

よく立ち話しもしたりして好意を持っていました。

今度、コーヒーを飲みに行くよ・・・。

なんて冗談交じりで話をしていました。

家の主人とは正反対でとても優しい人です。

今朝、いつものように皆を送り出した後、

家事を済ませました。

暑くて汗がビッショリ・・・。

シャワーを浴びて居間で一休みしていると・・・

玄関から人の声がしました。

あわてました。

シャワーを浴びたばかりであったので下着も着けずに

おまけにミニのワンビースという姿でした。

・・・まぁいいか。

玄関に向かうと娘の同級生のお父さんが、

学校の通知を持って立っていました。

あいさつを交わした後・・・

「今日は、休みなんですか?」

「久しぶりの休みですよ。みんな出かけてしまって一人でゆっくりできますよ。」

「あら、今日は私も休みなんですよ。上がってコーヒーでもいかがですか?」

そんなやりとりの後、

リビングでコーヒーを飲むことになりました。

実は、今日は、普段行っている、

知り合いの温泉宿が休みでした。

さあ、困ったことにワンビースの下は裸です。

気づかれないように振る舞いましたが、

ノーブラはわかってしまったのか、

胸の部分に熱い視線を感じました。

テーブルを挟んで対座しているのでノーパンが気になりましたが、

モジモジも出来ずに世間話しをしていました。

ふと、立ち上がると私の横に座り、

耳元で「ワンビースの下は裸なの。」

というのが早いか、

大きくなりつつあるチンコを出して、

私に握らせました。

もう主人のものとは比べものにならない位、

大きなチンコです。

キスをされ、裸にされ、

おっぱいを揉まれ、吸われ、

口に入らないくらい大きくなったチンコをしゃぶらされ・・・。

マンコも舐めてもらいました。

大きなチンコが入ってくるときは体が裂けるかと思うほどでしたが、

すぐに今までに味わったことのない快感が・・・。

思い出しても濡れてきます。

今日は、ここまで。