「はぁ…あっ…!」なんてエロい声をあげているwww【セックス体験】

彼女が風邪をひいた。

インフルエンザではないようだが38度台だそうで。

彼女は一人暮らしだし、実家は遠い。

しっかりしてて、セックスとかもしたことがないので、

まるで姉弟のような関係であり、

(実際彼女の方が一つ先輩だった)、

この風邪はいわば彼女に頼れるところを見せるチャンスだと、

俺は思った。。。

一日目。

おかゆを作ったり買いだしに出たり。

彼女も感謝していた。

「一人暮らしの辛いところの一つは風邪ひいたときだからね-…本当に嬉しい。ありがとう。今度どっかでゴハン食べよ?奢るから」

俺、やっぱり高嶺の花だと承知で告白してよかった。

本気でそう思えた。

二日目。

俺の頑張りが功を奏したのか、昨日より元気そう。

どっちかって言うとキレイ系な彼女の着てるのが、

可愛らしいパジャマだというギャップが尚可愛らしかった。

セール品だからと必死に弁明する彼女はもっと可愛かった。

三日目。

ここで少し事件が起きる。

まあ横になってるだろうし、

連絡せずに来てもいいかなと思って、

鍵をかけて彼女の家に入ったんだ

(部屋の鍵は受け取ってる)。

そしたら彼女は「ひぁっ!」

なんて普段出さないような声を出して驚いた。

枕元に座ろうとする俺を制止する。

「ちょっとまって!…あの…お風呂、二日もはいってないから、その…臭いとか気になるから…だからあんまりその…」

ああ、なるほどなと思い、

枕元から一歩下がって看病する。

しかし彼女は訝しげな表情のまま。

明らかに治ってないのに「ねえ…今日はもういいから…」

といった感じの言葉が多い。

まるで帰って欲しいかのようで、俺は言った。

俺「俺は、はっきり言って沙織(彼女)に世話かけすぎたと思ってる…だから、どうしてもいいところ見せたいんだ。お願いだから、看病させてくれ…臭いなんて俺全然気にしないよ。どんな沙織でも受け入れるし、大好きだからもっと俺に甘えたり、だらしのないところだって見せてほしい。」

彼女「本当に…?じゃあ、こっち来て…」

言われるがまま、枕元に座る。

「本当に引いたりしない…?じゃあ、布団めくってみて…」

布団をめくる。

パジャマのズボンは下げられ、

かたくなに布団から出そうとしなかった右手がしっとりと濡れている。

俺「ひょっとして俺がくる直前まで?」

彼女「うん…それに結構、我慢できないことが多くて…でも大輔君(俺)の前では年上らしくしてたかったから…その…」

可愛くて我慢できなかった。

彼女にディープキスをする。

彼女「ばかっ!風邪うつったらどうするの!」

俺「うつってもいい!こうやってあたため合えばすぐ治るよ!」

彼女の布団に入って思い切り抱きついた。

彼女「や、やっぱり臭いはだめ!恥ずかしい…」

俺「じゃあ体拭いてあげるから!それならいいだろ!?」

お湯を入れた桶とタオルを用意した。

彼女は折れたようで、

ボタンを一つずつ外して、

生まれたままの姿を俺に晒した。

彼女のEカップの美巨乳は、

仰向けであろうと横に倒れることもなく、

重力に逆らうように上にツンと向けてるロケットおっぱいだった。

乳首をツンと掴むと

「ばかっ!この格好恥ずかしいんだから、早くしてよ…」

と怒られてしまった。

顔、首、乳房、谷間、胴、腹部、手、腕、上腕、脇

(毛の処理が甘かった)、

太もも、ふくらはぎ、足、うつ伏せになってもらって

うなじ、肩、背中、尻、裏もも、膝の裏

身体中のありとあらゆる部位を、なめるような視線を送りながら、

丁寧に拭いた。

そして最後は股間部分。

正直、オマンコといえば一本筋

(ロ☆コンじゃないよwww)

というイメージがあったので、ビラビラが出てるこの絵は、

新鮮であると同時に、未知の物を見る興奮があった。

くぱぁと開く。

彼女の隠された場所の、

すべてが分かったかのような興奮が押し寄せてきた。

さっきまでオナニーしてたからか、赤く充血している。

彼女はもはや全てを俺に任せる気のようだ。

ツツッと指を沿わせてみる。

ピクッとちょっと動いた。

かなり敏感になっているようだ。

お豆さんを発見。

いじり倒す。

「はぁ…あっ…!」なんてエロい声をあげている。

「も、もう次でイっちゃう…」

最後にくぱぁさせたまま、ペロリと一舐め。

ビクビクゥッ!と腰を上げ、彼女はイった。

お尻の筋肉がケイレンしていたのがすごくエロかった。

その日を境に彼女は、年上だから凛々しくしてないといけない、

という気持ちは薄らいできたのか、

俺に甘えたり、体を求めてきたりしてくれるようになった。

「あんなのみられちゃったら…もう、ね。」

そう言って顔を赤らめる彼女の顔が、俺は一番好きなのである。