エロいオジサンにヤラれているシチュエーションにも興奮して・・【エロ体験談】

私35、彼女30の時です。

彼女は色白でFカップのOLです。

AVでいう水城奈緒のようなカラダです。

最初は、お嬢かと思ったんですが、私のネトラレフェチを話すと、

次から次へと色んな体験談が出てくるエロい女でした。

私はエロい中年男性とのカラミが興奮するので、

ネットで知り合ったSさん(48歳)と飲みに行きました。

Sさんは背が低くて、色黒でずんぐりした重役さんって感じです。

彼女を呼びました。

服の上からもわかるカラダにSさんの目はヤラシクなってました。

Sさんの素性は明かさず、その日はそのまま解散しました。

彼女とのエッチの時に、

『エロいおっさんにヤラレたら洗脳』をしました。

何回かやってるうちに、

「エロくて溜まったおっさんにヤラれたらどうする?」

「あー…やらしい!されたい!」

と、喘ぐようになりました。
そのうち、会社にいる時でも

「妄想してヤラれたくなっちゃった。」と、

メールがくるようになったので、

セッティングを考えました。

「Sさんに迫られたらどうする?」

「シちゃうかも…。エロそうだったもん!」と、

エッチの時にもノってきたので、

「Sさんと飲むときにエロい服装で来て。」

ということになりました。

当日、彼女はミニスカートに生脚、

胸の谷間がわかる服装で、

飲んでいる時からSさんのモチベーションは上がっていました。

それぞれには話は通してあったのですが偶発的にしました。

「シたくなったらシちゃっていいよ。」

と彼女にコッソリ告げ、

私は仕事で外すから、

Sさんに私の部屋まで送ってもらうように頼んで席を外しました。

ここからは彼女から聞いた話です。

私が席を外してしばらくしたら、

Sさんの高級車で送ってもらう事になり、

車の中で「きれいな脚だねえ。」と言って

フトモモに手を置いてきたそうです。

もう彼女はエロモードになってましたので、

「え~そうですかぁ。。」

なんて言いながらもそのままにしていると、

車を走らせるフトモモを撫でながら、

「オッパイもおっきいよねぇ。ちょっと触ってもいい?」

「・・・内緒ですよぉ・・・。」

なんて会話すると、

服の上から揉み始めたそうです。

彼女はかなり敏感なんですが、

興奮がさらに敏感にさせたらしく、

もうそれだけで、かなり声が出たそうです。

「すごく感度がいいねぇ。」というと、

ブリンと彼女のアンサンブルのキャミを下げて、

オッパイを出したそうです。

「隣の車から見られちゃうかもしれないよ。」

「・・・やだぁ・・・。」

などと言いながら敏感になった乳首を太い指でなぞられると、

体を反らして感じまくったそうです。

私の部屋の近くの堤防の暗がりに車を止めると、

オッパイを揉みながら、

「しゃぶっちゃうよ。」と、

彼女の白いオッパイに、

しつこいくらいむしゃぶりついたのです。

彼女は、もう頭がジーンとして感じまくったそうです。

「ここ、どうなってる?」と、

パンツの横から指を入れられ、

グチョグチョされながら、

「ヤラシイねぇ。こんなに濡れてるじゃん。」と、

乳首を舐められながら手マンされまくったそうです。

「もう我慢できん。入れさせて。」

かきまぜる指は止まりません。

「・・・はぁはぁ、はい・・・。」と、

答えると後部座席に移り、

Sさんは彼女の上半身を裸にし、

パンティを脱がすと、

下半身裸になりました。

Sさんは、黒くゴツゴツしたチンコにコンドームを付け、

「入れるよ。いいかな?」

と先っぽを彼女のアソコにこすりつけ、

彼女のトロトロのアソコに挿し込みました。

「あーーーっ!」

っと彼女は入れられただけで、

体がビクビクしていると、

容赦なく腰を振られて、

すぐにイッってしまったそうです。

「もうイッちゃったの?やらしいね。」と、

またオッパイを舐めて、

鷲掴みにしながら、

腰を振りまくったそうです。

彼女は何回かイッって、

時間的には15分位だったようですが、

こんなエロいオジサンにヤラれているシチュエーションにも興奮して、

感じまくったそうです。

私は電車で先回りしたんですが、

私がSさんの車を発見した時は終盤だったらしく、

車が揺れているのは2、3分でしたが、

あの中でやっていると思うと興奮しました。

部屋に戻って待っていると、

彼女は顔を赤らめて、部屋に来ました。

「がまんできなくてシちゃった。」

と照れ笑いする彼女と、

その夜は、ストーリーを聞きながら、

2人で興奮しまくりました。