白い液体が流れ出てる妻の顔のアップもありました【エッチな体験】

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。

子供は三人いますが其々遠方に就職しました。

妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

性格も良くて優しくて少し恥ずかしがりで清楚そうな感じです。

しかし残念なことに少し小太りでオバサン体型なのです。

胸はEカップですがブラを着けないとかなり垂れています。

陰毛は薄いほうでおまんこも見た目は綺麗なのですが

締りは緩いのでもう5年近く遠のいています。

妻には当時40歳になるバツイチの妹がいましたが

顔は同じように可愛い系の美人で

スタイルも妻よりは良くおまんこの締りも抜群です。

そう妻の妹と関係を持っていて、

妻には申し訳ないと思いながらもう5年以上経っていました。
そんな妹のヒトミから妻が

若い男と浮気しているかも知れないと聞かされました。

私は普段の妻の素振りから全く信じられませんでした。

仮に・・万が一にも浮気していたとしても

妻の妹と関係を持った私がとやかく言えませんが・・

そして運命の4月20日の火曜日、少し早かったのですが

会社に電話して自宅に直帰しました。

妻の浮気を疑ってとかじゃなくて、

たまたま自宅近くで仕事が終わったからです。

自宅マンションの玄関ロビーに入った時に

エレベーターから若い男の子たち(20歳前後?)

がワイワイ言いながら出てきました。

『騒がしい連中だな。』

と思いながらすれ違ったのですが、その時に彼らが

「もうババァのガバガバマンコはいらんな。」とか

「あの姿、旦那が帰ってきて見たら腰抜かすぞ。」

「離婚確定か?ププッ」とか

笑いながら言ってるのが聞こえたのです。

「DVD・・旦那は気付くかなぁ。」

最後にキンキンなほどの金髪の男の子が言ったのです。

ちょっと嫌な予感がしました。

ヒトミが言ってたことが脳裏を過ぎりました。

エレベーターで8階に上がり

玄関のノブを回すと鍵は掛かっていませんでした。

『不用心だな・・・もしかしたら・・さっきの・・・』

不安な気持ちが一層膨れ上がりました。

玄関に入ると奥のリビング辺りから

「あぐぐ・・・ううう~」

という妻の喘ぐような妻の声が微かに聞こえました。

いつものように

「おーい、帰ったぞ。」とは言わずに

黙って玄関からリビングに入ったその瞬間、

目を疑う光景が・・・

そこにはアイマスクをした全裸の妻が

M字開脚のような格好で縛られて仰向けに転がっていました。

股間にはブルブルブルと

電動マッサージ器が抜けないように紐で括られて

マンコに刺さっていました。

よく見るとお尻の穴にも太い電動バイブが刺さっていました。

それに陰毛は綺麗にありませんし体中に落書きがされていました。

【牝豚】とか【公衆便女】とか卑猥な言葉が・・・

妻の周辺には大根やキュウリ、ニンジン等の野菜や

ティッシュが散乱していました。

頭ん中は真っ白になり体がブルブル震えて

持っていたカバンを落としてしまいました。

「誰?ケンちゃん?祐二くんなの?」

『誰だケンちゃんって?祐二って?』

その時テレビの前に置かれているDVDのケースに気付き

『あの兄ちゃんが言ってたDVDか?』

私は震える手でDVDをセットしました。

「ああぁ~ん・・・お願いロープを解いてちょうだい主人が・・あああ・・帰ってくるから・・お、お願いよケンちゃん・・・」

全く理解不能な状態でしたが妻の言葉に頭に血が昇りました。

リモコンで再生すると42インチの液晶テレビに映ったのは

全裸で四つん這いの妻でした。

首には赤い首輪をしてて、

そのリードを握ってるのは顔は映っていませんが全裸の若い男のようでした。

「ケンちゃん・・祐二くん・・・お願い解いてぇ~もうマンコが痺れて感覚が無くなってきちゃった。」

その言葉に切れた私は妻のアイマスクを引っ剥がしました。

「えっ!えっ!うそ・・・」

妻の顔がみるみる青ざめていき震えだしました。

「ち、違うの!こ、こ、これは・・あの・・・」

妻の目が泳ぎ言葉を探してるのがわかりました。

「さ、さっき強盗が・・・」妻の言葉に呆れました。

「これは何だ!」

妻の顔をテレビの方に向けてやると

「あっ!」と言った瞬間

「消して!お願いあなた消してぇー!」

妻が叫んだのです。

「黙って見てみろよ。」

妻の顔を強引にテレビに向けますが

必死に目を瞑り泣きだしました。

テレビに映った妻は美味しそうに

複数の男のチンコを咥えたりしゃぶったりしていました。

男に命令されるとお尻を突きだし両手で股間を拡げ

マンコの奥まで映されていました。

綺麗な菊弁のようだったお尻の穴は無残にも形が変わっていました。

その後は複数の男たちのチンコが

代わる代わる妻のマンコや尻穴に挿入されるシーンでした。

そして自分の尻穴に生で挿入した男たちのチンコを

ペロペロと舐めて綺麗にしている場面もありました。

前後の穴に同時に挿入されながら

別の男のチンコを咥えてる場面もありました。

顔射された時に鼻の穴にされたのか

口と鼻の穴からダラダラ

白い液体が流れ出てる妻の顔のアップもありました。

チンコ以外にも野菜や化粧瓶?とか

異物を挿入されて喘いでいる場面もありました。

妻は時々チラ見(そう見えた)しながら号泣していました。

しばらくして電動マッサージ器とバイブを抜いてやると

パックリと開いたマンコと尻穴がヒクヒクしていて

まるで抜かないでほしいと言ってるような気がしました。

ロープも解いてやり自由にしてやると

全裸のままテレビの前でうずくまりすすり泣ていましたが

その向こうのテレビの中の妻は

「あひぃ~もっと突いてぇ~」と腰を振っています。

妻の背中には

【あなた許して公衆便女妻】

と書かれていました。

ちょうど3年前の今日の出来事でした。

もちろん妻とは離婚して親族からは猛反対されましたが

今はヒトミと再婚しました。

当時、私も頭が錯乱していたのと

妻に激怒していたので

妻の言い分もちゃんと聞いてやらなかったのですが

どうも私との夜の生活もなくなり

子供たちは巣立ってしまい私は仕事で忙しい

(実はヒトミと不倫していたのですが)

それで寂しいと妹のヒトミに相談していたようです。

そんな時にヒトミから出会い系サイトを教えてもらったら

若い男の子たちにチヤホヤされて道を誤ったのだとか。

『もしかしたらヒトミの策略?』

と最近疑っています。

それは元妻のDVDが1枚のはずが

違う内容のが3枚ほどあるのです。

ヒトミにも尋ねましたが

「えっ?最初っから何枚かあったわよ。」

と彼女は言います。

しかし間違いなく1枚だったはずです