チンポにキスしたり手でしごいたり必死で尽くしてた【エロ体験告白】

暇だから書く

俺が高校の時の話だ、彼女の名は菜々子にしとく

俺と菜々子は小学校からの知り合いで、

何度か同じクラスになったので友達とは

言わないまでも会ったら話す程度の知り合い位の関係だった

ところが高校に上がってから通学する時同じバスに乗るようになり、

俺も菜々子も大人しいほうで友達が少なくて

そのバスに他に知り合いがのってないこともあって

喋る頻度が一気に上がった

高一の時は別クラスだったのが高二になった時に同じクラスになって

しかも席も近くなり、高校上がってからの1年半位で一気に距離が縮まった。

高校にあがっても菜々子は他の派手な女と違って髪とか染めてなくて、

胸も大してでかくない地味な感じの子だったんだけど、

足が綺麗だった、たまにスカートからのぞく

白いふとももにいつも目が行ってた。

地味な子でも、それだけ長く知り合いとして付き合ってると、

自然と俺は菜々子のことを異性として意識して見るようになってしまって、

いつか告白しようとチャンスをうかがってた

そのチャンスは修学旅行にやってきた、

旅行中に船で食事をとる機会があったんだけど、

乗り物に弱かったらしい

菜々子は酔ってしまいつらそうだった、

俺は菜々子をデッキで風にあたると楽になるかも、

と外へと連れ出しデッキで二人並んでずっとお喋りしていた。

話しているうちに回復したのか

元気になった菜々子を見て今しかないと決断、

告白して見事OKをもらった

それからは週末の休みにデートしたり、

一緒に勉強したり、

俺にとって初彼女なのもあって

結構幸せな日々を過ごしてた

転機は高三になった時、

受験だからって理由で菜々子の親が家庭教師を菜々子につけた、

そいつがアキラ・・・

最初はなんとも思ってなかった、

家庭教師つけられて遊ぶ時間減っちゃうかもねー、

受験だし仕方ないかー、

と二人して苦笑してた程度だ

6月を過ぎたあたりからだったと思う、

菜々子の反応がなんかよそよそしいというか、

俺を避けるようになってきたのを感じ始めた

家庭教師がこないはずの日に遊びに誘っても断られる、

一緒に帰ろうとしても

さっさと帰ってていつの間にか教室にはいない、

電話しても素っ気無いそんな日ずっと続いたけど、

能天気な俺は菜々子を全く疑ってなかった、

受験でピリピリしてるんだろう、

むしろ俺ももっと緊張感持たなきゃと反省したくらいだ、

今思い出してもバカだと思う菜々子とギクシャクしたまま夏休みに入る、

高校最後の夏休みだ、受験で忙しいのはわかってるが

やっぱりちょっとくらい菜々子と遊びたかった俺は

毎回のように断られるから

いっそいきなり遊びに行ってしまえ、

とアホな事を考えアポ無しで彼女の家に凸することにした、

手ぶらでいくのもなんなのでコンビニで買い物をした。

菜々子はハーゲンダッツが好きだったんだ、

よく買っておごってあげてただけど

菜々子のアパートまでたどり着くと、

普段は空いてる菜々子家の駐車スペースに車が停まっている

菜々子の父親の車ではない、

この車を見た時、初めてすごい不安感に襲われた

彼女の部屋はアパートの通路に面している、

昼間なのでカーテンは開いていて、

レースカーテン(っていうのか?)の隙間から

部屋の中を覗くことができたので、

俺は菜々子の家のインターフォンを鳴らさず、

そっと窓から部屋の中を覗き込んだ

菜々子が見知らぬ男に肩を抱かれてもたれかかっていたうそだろ、

という信じたくない気持ちとやっぱりか、

って諦めの気持ちとで頭が混乱して怒りとかより

体から力が抜けて、その場にへたりこみそうになった俺は

何もできずに眺めていた菜々子は髪を撫でられるだけで嬉しそうに笑い、

キスをねだるように顔を近づけて、

何度も男とキスを交わしていた会話は

ぼそぼそと聞こえるだけで内容は全く把握できないし、

角度の関係で男の顔は見えなかったそうしているうちに

菜々子は男の足元にしゃがみこんで、

ベッドに腰掛けたままの男の股間をまさぐって

男のチンポを取り出した、

男のものは俺よりでかかったけど、

でかさよりも勃起の角度に驚いた下腹にくっつきそうな位ビンビン、

俺のはたっても地面と水平にすらならない位

ふにゃっとしてるから

すごい敗北感があった菜々子はそのチンポにキスしたり手でしごいたり、

必死で尽くしてた、

菜々子にしゃぶらせながら上から頭を撫でてる男の偉そうな態度は、

ぶん殴りたくなるほど殺意がわいたしばらくそうしていた後、

菜々子は男の上にまたがって

外から覗いてる俺にも聞こえるくらい大きな声で

好き、好き、と甘えた声と表情で、

男に媚びて必死で腰を振り始めた

そこまで見ててもう耐え切れず、

菜々子の喘ぎ声を聞きたくなくて、

走ってアパートから逃げ出した

それから一切連絡はしなかった、

菜々子からも連絡はなく、

2学期が始まる直前になって菜々子から大事な話があるからと呼び出された

指定されたファミレスにいくと、

菜々子の隣に男が座ってた、

アパートでは顔ははっきり見れなかったが背格好とか雰囲気から、

間違いないと思った、

アキラですと自己紹介されここで初めて顔を見た、

悔しいけど俺よりイケメンだ

席につくなり

しばらく連絡しなくてごめん、好きな人ができた、

と頭を下げる菜々子隣

で勝ち誇ったような顔で優しく菜々子の肩を抱くアキラ、

反吐が出そうだった今更何を言ってる、

浮気してたのはわかってんだ、

と怒鳴りつけるとアキラがわかってるなら身を引け、

もう菜々子の彼氏は俺だから、

と馬鹿にしたように鼻で笑いこそこそ探ってたのか最低だ、

と逆ギレをかます菜々子、

もともと口下手な俺はうまく言い返すことができずとにかく、

バカだのボケだの怒鳴りまくって

二人を置いてファミレスから出て行くしかできなかった

他人がみたら間違いなく俺のほうがDQNだ

それからは勉強一筋、頑張るつもりだったが、

菜々子という大きなモチベーションを失い

特に夢もなかった俺は受験勉強に身が入らず、

Fランの底辺の大学に進学

菜々子とは冷戦状態のような

互いに全く干渉し合わないままで卒業を迎えた、

周囲の女子生徒から聞いた話では

「家庭教師をしてくれてた年上彼氏のアキラと同じ大学に行くため菜々子は必死で勉強、見事合格した」

そうだ卒業式で印象的だったのは、

菜々子の「じゃあ、ばいばい」と

普通の友達に話しかけるようにかけられた

別れの言葉冷戦とか勝手に思ってたのは俺だけで、

彼女にとっては俺は既に無意味な存在で過去の人で、

とにかくどうでもいい存在なんだと、

その時はっきり思い知らされた大学では彼女もできず、

サークルもはいらず、

ゼミでできた数人の友達と適当に遊んで過ごしているうちに

4年になり就職活動がうまくいかなくて、

内定がないまま卒業実家暮らしだが

さすがにニートはまずいとバイトをしながら、

就職活動するフリをしたまに昔の友達と遊んで

適当に過ごしていたら、

菜々子とアキラが結婚するという話が友達から流れてきた

真偽を確かめたいがいまさら連絡する気にもなれず、

俺はフリーターのままだらだら過ごしてる、

終わり