ドスケベな妻【エロ体験告白】

妻は今年でもう54歳、結婚して早や30年、子供も一人立ちし、夫婦二人暮らしです。
妻は大柄な女で身長は1m65cm、胸も86cm、ヒップ90cmあります。

妻は自宅にいる時はほとんどジーンズ。
結婚当初よりジーンズが好きで、それもローライズ、たぶん股上も10cmあるかないかのものを穿いています。
なので、しゃがまなくても少し腰を曲げるだけでお尻の割れ目が容易に見えます。
上はTシャツが多く、丈が短くお腹が隠れる程度で、生肌の腰がいつも見えています。
二人きりの生活になってからは、誰の目も気にすることがないので、この夏の時期ですと、お風呂から上がるとお揃いの長いTシャツ一枚で下着はつけません。
まともに立っていてもお尻が半分隠れるかどうかです。
私もお揃いのTシャツなのでペニスが見え隠れしています。

食事が終わって長椅子に並んで座ってテレビを観ていると、いたずらな妻が私のペニスを握って擦ってきたりします。
大きくなったらパクリと咥え、ひとしきり舐め終わると、「入れて・・・」と長い両脚を開き、黒々とした陰毛の間から赤黒いものが顔を出します。
妻は私の手をそこへ導きます。
私がクリトリスを転がすと妻は仰向けになっておねだりしてきます。
しかしフィ二ッシュはバックが好きで、自ら四つん這いになりお尻を突き出して来ます。
一度射精が終わり、未だ私のペニスが妻の中にあるとき、妻は大きなお尻を左右に振って、「もう一回して・・・」と言って来ます。
2度の射精が終わると妻は私の前にしゃがみ、再度フェラで私のペニスを綺麗に舐めてくれます。

結婚前の妻は某銀行の窓口業務をしており、当時は制服に身を包んで本当に清楚で、頭の切れる人だと思っておりました。
地元の国立4大を卒業してすぐ行員になったんです。
しかし私と結婚するまでの間、すでに妻には男性関係がありました。
妻と知り合って4度目のデート(ドライブ)の時、夕方の帰り道、ラブホテルに入る旨を助手席の彼女にその事を告げると黙って頷きました。

部屋に入るや、今まで以上に舌を入れた熱いキスをしたのち、一緒にシャワーを浴びようと誘うと「先に行ってて・・」と。
遅れて入って来た彼女の全裸ははち切れんばかりでした。
想像以上に胸もお尻もぷりぷりでした。
ただ、意に反してびっくりしたのは、下の陰毛がほとんどなかったんです。
おへその真下に少し縦長にあるだけで十分片手で隠しきれるほどしかありませんでした。
下の毛の手入れをしたにしても少ないと思ったものでした。

もう私のペニスはピンピンで隠しようがありません。

「身体を洗ってくれる?」

そう頼むと妻は私の前にしゃがみ、一番に私のペニスを片手で握りソープをいっぱい付けて綺麗に洗ってくれました。
私が「気持ちいいよ」と言うと、彼女は「まだ我慢出来る?」と聞いて来たので、彼女を立たせ、両手を壁に付かせて後向きにさせました。
目の前には大きな白い二つの尻山があります。
その間からは陰毛は見えず、パックリと開いたピンクの割れ目が・・・。
そこにはち切れんばかりのペニスを宛がい、腰をゆっくり前に突きだすと、なんの抵抗もなく、するりと根元まで挿入されてしまいました。
彼女は、「ああ・・」と小さな喘ぎ声を出しました。
力強いピストン運動に二人の肌が触れ合う音が狭い浴室に卑猥に響いていました。
射精が近くなり、「出るよ・・・」と言うと、「いい・・・いっぱい出して・・・」と。
初めての射精は中に出しました。

もう一度シャワーを浴びてそのまま全裸で大きなベッドに横たわり、69の体勢でお互いの秘部を舐めあいました。
都合3度射精しました。
帰り道の車の中では彼女にずっと私のペニスを片手で握ってもらっていました。
彼女は、「先っぽからエッチ汁が出てるよ。どうする?」と言うので、「君のハンカチで拭いてよ」と言うとバックからハンカチを取り出してそっと被せて拭いてくれました。

以後、ドライブの時はカーセックスを何度もしたし、フェラは毎回してくれていました。
今この歳になっても週に1度は必ず長い時間かけて愛し合っています。

今でも妻ははっきり言います。

「私、このペニス大好き。突っ込まれるのも、舐めるのも、最高よ。出来たらずっと中に入れておいて欲しい」と。