他のカップルのエッチを見たら我慢できなくなって・・【エロ体験告白】

えーと、大学のサークルで、苗場に合宿に行った時の夏の話です。

あの辺って合宿所があちこちにあるんですけど、その時は一つのペンション内に棟が三つと、あと音楽練習用のホールがある合宿所に泊まったんですね。
私達のサークルはそのうちの二つの棟しか使っておらず、あとの一つは空いてはいましたが誰も居ない状態でした。
音楽系のサークルなんで、昼間はそっちで練習する人も居たりして、全然使われてない訳じゃないんですけどね。
ただ建前上はそっちは予約してないことになってたから、おおっぴらに入る人はいませんでした。
ちなみに、合宿係は4人いて、1人は私でした。

私のサークルでは、合宿は三泊四日で、三日目の夜に宴会があります。
ことの起こりは、私がこの宴会の時に人のエッチを見ちゃったことです。

サークルにはかなり飲む人が多くて、宴会は普通に盛り上がるんですけど、煮詰まってくると途中から人は結構バラけて、外に星を見に行ったり、ゲームを始めたり、色んなグループに別れるんですね。
ばらばらと居なくなる人の中にはカップルもいて、近くの川に行ったり、山道の方に行ったり色々だったんですが。
なんかカップルの中には、人気の無い外にエッチしに行ってた強者もいたらしいですが。
虫は大丈夫なんか。

当時付き合ってた人は同じグループの人たちと話し込んでいて。
私もちょっと二人になりたかったんですけど、まだ長話になりそうだったから、酔い覚ましに外出ようと思いました。
私も結構お酒でふらふらーってことはあったんですが。
ちょっと拗ねてたかも知れないw

寝転がって星座を見てるグループに加わろうと思ったんですけど、この時ちょっと思いついて、もう一つの使われてない建物の方に行きました。

別に覗きに行こうと企んだわけじゃないつもりなんですが、誰か二人で入り込んでる人が居ないかなーとかは、ちょっと思ったかも知れない。
まさか本当にエッチしてる人が居るとは予想しませんでしたけど。

ペンションの中は3階建て+屋上っぽいバルコニー、みたいな感じで、3階には屋根裏っぽい部屋が二つあります。

誰も居ないし非常灯しかないし、ちょっと怖かったんですが、元々探検は大好きな方なので。
とりあえず、こっそりと上のバルコニーまで行こうと思って上に上ってる時。

「んんっ・・・」って、一言だけ、ちっちゃい部屋の方から聞こえて来ました。

最初は喘ぎ声とは気付かないで、凄いびっくりして危うく声出しそうになったんですが、なんとか我慢。
本気でお化けか何かかと思いました、一瞬。

ドキドキして様子を窺ってると、声はしなくなったんですが、なんか“くちゅくちゅ”って感じの音が微かに・・・。
私も元々妄想エッチ大好き人間なので、すぐエッチ方面と話が結びつきました。

その小さな部屋には、廊下側の小窓が付いてます。
ちょっと高いところに付いていて、そのままだと良く見えなかったので、そーっと階段の手すりに上って中を覗き見したら・・・。

してました!

電気、一番ちっちゃい豆電球だけ点けて、二人並んで寝転がって。
男の方はまだ服を脱いでなかったんですけど、女の子は胸は肌蹴られ、下は太ももくらいまでずり下ろされて、凄いことになってました。
で、男の方が胸を舐めながら下の方を“くちゅくちゅ”としてる状態で、その音がもう普通に廊下まで聞こえるんですね。

女の子の方は自分の袖を噛んで声を我慢してるっぽいんですけど、時々全身がびくって震えたり、お尻がぐぐって持ち上がったり、すっごいエッチぃ。
女の子の顔は最初はよく見えなかったんですけど、途中で向きが変わってはっきり確認。
可愛いんだけどあんまり普段男の噂を聞かない子で、そんな子の大胆な光景を見ちゃって二度びっくり。

男の人の顔は結局最後までよく見えなかったんですが、段々責め方が激しくなってくのはしっかり観察しちゃいました。
首筋を舐めながら指を2本女の子の中に入れて、かなり激しく動かしている感じ。

胸の周辺をしばらく弄った後、急に乳首を押し込むのが見えて、その時に女の子の声が、「あんっ・・・」て漏れてきました。

(あー、さっきのはこれかな)と思いながらしばらく見ていると、女の子がお尻を浮かせて“びく、びく”って震え始めて、ちょっとしたらぐったりとしてしまいました。

イッちゃったんだ、と頭では分かったんですが、自分とはまた全然違う感じ。
人のを見るのは勿論エッチビデオくらいでしかなかった訳ですが・・・←見たことあるんか。

その後、2人は正常位でエッチ開始。
この間も、声は我慢しっぱなしだったみたいです。

で、見てる私の方も、勿論他人のエッチなんて直接見るのは初めてだったので、完全にやばいことになっちゃいまして。
いわゆる太股もじもじ状態ですw
手すりの上でもじもじしながら中を覗いてるんだから、傍から見れば物凄く頭悪そうな光景だった気がする。

覗いてる罪悪感もちょっとあるけど、普段普通に話もする知人が目の前でエッチしてるところを見ると刺激的過ぎでした。
お酒のくらくら感もあって、刺激ニ倍増っていう感じ。

で、もう色んな意味で限界というか、下手をすると外(ゆったりめのパンツでした。タイトジーンズとかだったら完全にアウトだったかと)まで染みちゃいそうな状態だったのと、2人が体位を入れ替え始めて、じーっと見てると気付かれそうな公算が高くなってしまってたので、そーっと下に降りました。

とりあえず足音を立てない様にして大急ぎでトイレに行って、とりあえず染みない様に拭き処理・・・ぐっちょりでした。
もうこの場でオナしちゃおうかとも思ったんですが、自分でするだけだと『満足出来なそう』と体が言ってましたw

それで、念の為にTシャツを下ろして、いざという時の世間体を確保しつつ、宴会場へ。
大して時間も経ってないのに、殆ど泥酔者しか残ってませんでしたけど。

彼氏がふらふらしながらちょうど飲み物を取りに来て、そのまま寝転がりそうになった時、叩き起こして無理やり外に連れ出しました。
外に出るなりぎゅーーーっと抱きついて、キスをねだってきた私に彼氏もびっくりしたのか・・・。

「どしたん?なんかあった?」

「いいからぁ・・・どっか行こう・・・」

彼も私のことはよく知ってたので、私が完全にエッチモードになってたことは分かったみたいで。
キスのせいでまた体が始動開始してたので・・・。

「・・・したいの?」

「そーゆーことはっきり言うなーーっ」

かなり酔っていたので、立つかどうか不安だったそうです。

で、この後、彼を連れ込んだのが、音楽ホールの方だったんです。

最初に書いた通り、私は合宿係だったんで、ホールの方の鍵は私に言わないと開けられなかったんですね。
職権乱用ですが、その中なら覗かれもしないし・・と思って、彼氏を連れこみ。
正直酔いもあって、我ながら結構切羽詰まってました。
鍵を取りに行くついでに、ちゃんとゴムも確保しておいたり。

ホールは2つあって、1つは板張りの、ちゃんとした音練なんですけど、もう1つはホールって言っても畳敷き、おまけに隅っこにストーブが置いてある様な妙なところでした。
8月だってば。

そこの畳の上に2人で転がって、私の方からキス。
普段はそこまで積極的じゃないもので、彼氏も結構びっくりしたらしいです。

「・・・何あったの?」

「・・・C棟で、◯◯くんと◯◯が、してた」

「わぁ」

答えながら、パンツの中に手を入れてきました。
下着触った途端・・・。

「うわ、めぐ、すげぇ・・・」

「うるさい(笑)」

一度拭いたんですけど、体が盛り上がってきちゃうと、あんまり抑えが利かなくなるんですよね。
2人で脱がしあって、ホールなのに2人とも裸になっちゃいました。

お昼にはここで皆練習してたんだと思うと、開放感がすっごい。

私、この頃は割と声に関しては耐久力がなくて、気持ち良くなってくると声が抑えられなくなるんですが、音練の中だったので外に聞こえる心配はありませんでした。
彼は割とエッチに淡白な方で、前戯をして正常位でおしまい、みたいなところがあったんですが、この時はホール自体広いこともあって、開放感と酔いで物凄い盛り上がっちゃいました。
しばらくあちこち弄られたり、ぺろぺろされた後、中に。

興奮しっぱなしのまま、しばらく焦らされた後だったので、この時は入ってきただけでビクビクってしちゃいました。
正直な話、軽くイッちゃったかも。

最初はカエル跳びみたいに脚を畳まされて、しばらく普通にしてたんですけど(声出っぱなしでしたけど)、彼氏も興奮してたみたいで・・・。

「・・・壁に手、つける?」

いきなり立ちバックですか・・・。

でも私も、もう抵抗出来る様な状態じゃなかったので、ホールの反対側の壁に手をついて、お尻を出しました。

「んぁぁっ・・・」

て、たぶんエッチそのものより、この状況に興奮してた気はしますけど。
入ってきた時は、凄い声が出ちゃったと思います。
もう全身ビクビクって感じで、彼より先にイッちゃいました。
立ってられなくて、早く終わってーって感じだったと思います。

終わった後はお尻出したままへたれこんじゃって、彼氏が余韻に浸る暇もなかったそうです。
無理だってば。

で、その後は、もう一度正常位でして、酔った勢いでそのままホールで寝ちゃいました。
風邪は引かなかったけど、目が醒めたのがなんと午前2時(宴会は平気で続いてましたけど)。

鍵はちゃんとかけといた訳ですけど、皆が来るところに真っ裸で2人寝てた訳で、ちょっとやば過ぎだったなーと後で思いました。

匂いが残っちゃって、服を整えた後で二人でその辺に殺虫スプレーを撒いて、無理やり匂いを消した覚えがあります。