Bカップで小ぶりだが可愛い美乳おっぱいをしていた【エッチな体験】

よく飲みに行く女友達のさゆという女の子がいる

お互い彼氏彼女がいる時期でも

2人きりで飲みに行くんだが

Hな関係になった事はナッシング

でも、サユとは小、中と学校が一緒なのだが

ほとんど接点もなくあまりしゃべった記憶もない

サユは学校では明るく活発な子であり

当時、かわいい系の美少女だった

俺はというといたって普通の子で

童顔でひょろい体系をしていた。

中学卒業後はお互い別々の高校へ進学したのである。

とまあサユと再会したのは高校2の時

バイト先の女の子ゆな(仮名)からの紹介でさゆと再会

がお互いほとんどしゃべったことが

ないせいかよそよそしかった。

俺がバイトしているときには、

ちょくちょくとゆなとさゆ2人で遊びにきて

バイトが終わったら3人で良くご飯食べにいっていた。

夏休みには3人で旅行に行ったり

花火をしたり毎日が楽しかった

高校卒業後はゆなは東京の大学に進学し、

さゆは地元の短大へと進学し

俺はというと隣町の工場に就職をしたのである。

ゆなは地元を離れてしまったので

この関係も卒業と同時に終わるものだと思っていた

が、さゆからは頻繁に連絡が来るようになった。

「もしもしS君、バイト先まで迎えに来て」

さゆは車がないので俺が車で送り迎えをしていた

だがそれでも関係が切れないだけ嬉しかった。

そんな関係がさゆが車を買うまで半年は続いた

そしてゆまもたまの連休などには

地元に帰ってきて3人で遊びにもいった。

月日は流れさゆは短大を卒業し就職した

その頃から2人でよく居酒屋に行くようになった

さゆは飲み過ぎると人恋しくなるのか

ハグしてくる癖があり

最初はびっくりしてかなり興奮してしまった。

だが慣れてくるといつものことかぐらいに

思ってテキトーにあしらっていた。

そのせいかさゆにはかなり信用されていたみたいだった

またいつものように酔たさゆを自宅に

送ったときさゆがいつも以上に

抱きついてきてディープキスしてきた

俺はかなりびっくりしたが、

黙って受け入れて玄関でずっと

キスをしていた、さゆ「好き、大好き」とひたすら言われ

俺の股間もギンギンになっていただが

さゆの家族が来るかもしれないので

長くその行為はできないと思い部屋まで運んで俺は逃げるように帰った

家に帰ってもその行為が忘れられなかった。そしてさゆから電話が来た

「もしもし昨日のことなんだけど

ごめんなさい」

「いや、俺のほうこそごめん」

お互い誤りながらも少し笑っていた

照れ隠しのつもりでもあったのだろう。

「今回のことは忘れよう」

「そうだね」

ということになりその話はこれで終わった。

でしばらくしてさゆから飲みの誘いがきた

お互い前回のことには触れずにいつも通りに接していた。

その後居酒屋を出て2人でカラオケに行っただが

ここでまたさゆの方からキスをしてきた

誰もいない部屋でお互いぐちょぐちょ

になるまでベロチューのキス

「Hしたい?」

「うん、さゆはいいの?」

「いいよ」

おれたちはカラオケを出てラブホへ向かった

部屋に入るやいなや無言でキスをしてお互い服を脱いでいったのだ。

さゆの胸はBカップで小ぶりだが可愛い美乳おっぱいをしていた。

「もういれて」

おれはゴムを装着してさゆの中に入れた

「あっあん.あ」

俺はさゆのあえぎ声に興奮した

「バックでしていい?」

「いいよ」

さゆは俺の方に可愛い小ぶりの美尻

向けて俺は背後から挿入した

「ハァハァハァ」

「やばい逝きそう」

「逝っていいよ」

俺はバックでいっていまった。

そしていつのまにか眠ってしまった。

起きたときにはお互いいつも通りにして

何事もなかったかのように振舞っていた。

さゆとはいまでも大切な友人である