童貞の俺はすぐに射精感が襲ってきて・・【セックス体験】

俺がまだ高校1年で童貞だった頃、

親友の彼女に筆下ろししてもらった。

◯登場人物

・俺

・親友A

・親友Aの彼女マキコ

この2人とはいつも一緒につるんで色々バカなことをして遊んでいた。

マキコと俺は家が近所ってこともあり、

遅刻がちだった俺を毎朝迎えに来てくれたり、

マキコがバイトしてる店に俺を紹介してくれたりと結構仲良くしていた。

親友Aも俺を信用してくれていて、

俺とマキコが仲良くしてても何も言わず、

逆に俺がそばにいれば他の悪い虫がつかないと安心していた。

ある日、マキコと一緒に下校しながら下ネタ話で盛り上がり、

オナニーは週何回してるだとかおかずは何かとかエロ話をしていた。

その時の俺はもちろん童貞だし毎日オナニーしていた。

するとマキコが、

「毎日しないとダメなの?我慢できないの?」

って聞いてきた。

俺は冗談で「1ヶ月オナ禁したらヤらせて」

って言ってみたら、

「いいよ。我慢出来たらエッチしてもいいよ」

って、俺が我慢出来ないのをわかってて言ってきた。

俺「じゃあ約束な!1ヶ月我慢するからな」

と出来もしない約束をした。

しかし、オナニーしたかしないかはマキコにはわからないし、

していないと1ヶ月言い切ればいい話だった。

その晩は一応約束ってことでオナ禁して寝た。

翌朝、股間の違和感で目が覚め、

急いでパンツを脱ぐとなんと夢精していた。

人生初の夢精。

オシッコ漏らしたかと思った。

夢精した朝もマキコは俺を迎えにきた。

一緒に通学しながらマキコは

「オナニーしてないよね?」と聞いてきた。

俺は「してない!」

とドヤ顔でキッパリ答えてやった。

「オナニーはしてないけど、今朝夢精しちゃったけどオナニーじゃないから」

と素直に告白した。

するとマキコは

「射精したからダメ!もうその約束は終わり!」

って言い切った。

そんな感じの高1の夏、俺、親友A、男友達BとC、

それに親友Aの彼女マキコとレジャープールに遊びに行った。

親友Aは背の低いマキコを抱っこして2人で波のプールで遊び、

残った俺らも一番深いところでテキトーに泳ぎはしゃいでいた。

親友Aも基本的には男たちと遊んでる方が楽しい方だが、

彼女の面倒もあるから俺らとは遊べなかった。

そうしたら親友Aが俺に向かって、

「マキコ頼むわ」

とマキコを渡してきた。

背の低いマキコは当然足が着かず、俺にしがみ付いてきた。

親友Aは彼女から解放され、男友達の方へ泳いで行ってしまった。

マキコと俺は駅弁スタイルみたく脚を俺の胴に巻きつけ、

両手で俺の首の後ろで支えていた。

俺もマキコのお尻を両手で支えていた。

水中だから重くはないのだが、

マキコは俺にぴったり抱きつき

C~Dカップくらいのおっぱいが俺の胸に押し付けられる。

そんな状況で俺は冗談交じりで、

俺「あまりくっつくな。

勃起するだろw」

マキコ「足着かないんだからしょうがないじゃん」

なんて会話をしながら俺は内心おいしいと思っていた。

案の定あっという間に勃起し、波の揺れでマキコの股間を勃起で突っつく。

わざと突っつく。

マキコ「なに勃起してんの」

俺「しょうがないだろ」

と言いつつわざと大袈裟に勃起で突付いていた。

しばらく水着越しの素股みたいな感じで

波の揺れに合わせてこすっていたら、

首に回しているマキコの腕に力が入りだした。

マキコが感じはじめていた。

俺が「もしかして感じてるのか?」

と冗談っぽく言うと、マキコは

「うるさい!」と顔を赤くしていた。

俺はお尻を支えてた手をマキコの股間に少しずつ伸ばしていった。

そしてゆっくりマキコの股間を指先でこすっていた。

マキコがピクっピクっと反応し、

息が荒くなってきたのがわかった。

親友の彼女だからダメだと思いながらも

手はマキコを刺激しつづけていた。

親友Aは離れたところで他の男どもと楽しく遊んでいる。

ここまで来たら後戻りは出来ない。

俺はゆっくりと水着の隙間から指を入れ、

直にマキコのアソコを刺激し始めた。

マキコも「ダメだよ~」

と言いつつ抵抗することもなく受け入れた。

マキコのアソコは水中の中でもわかるくらい濡れていた。

初めて触った女のアソコ。

どうしていいかもわからず、優しく触っていた。

しかしこれ以上は周りにお客さんもいるし、

どうしていいのかわからず、

周りにバレないようにマキコのアソコを刺激し続けるしかなかった。

すると、マキコは密着していた体を少し離し

俺の海パンの中に手を入れてシゴきだした。

初めて触られる感覚に膝がガクガクした。

俺は思わずマキコの耳元で

「入れたい」

と一言だけ言った。

マキコは小さく頷き、

俺の海パンの腰紐を解き下ろして行った。

俺もマキコのアソコから手を離し、

海パンを下ろすのを手伝った。

俺はマキコの水着をずらし、

マキコは海パンから出たチンコを自分のアソコに導いた。

そしてゆっくり俺はマキコの中に入っていった。

マキコは小さな声で

「中には出さないでね」

と言うと、俺に強く抱きついた。

波の揺れに合わせてゆっくり出し入れした。

すぐ周りに他のお客さん達がいる中、

俺はマキコの中にいた。

俺は親友Aの位置を確認しつつ、

マキコの中を味わった。

童貞の俺はすぐに射精感が襲ってきた。

マキコに

「やばい、出そう」

と囁き、マキコも頷いた瞬間、

アソコからチンコを抜いた。

プールの中にドクドクと放出されながら

マキコはチンコを握り、

最後の一滴まで絞り出してくれた。

しばらく放心状態が続いたが我に返り、

急いで海パンを上げた。

俺はマキコに「ありがとう」

とお礼を言っていた。

マキコも「童貞奪っちゃったね。2人だけの秘密だよ」

って笑顔で言ってくれた。

青空の下、周りに大勢の人がいる中、俺は童貞を捨てた。

その後、親友達にに合流してマキコを親友に返し、

またみんなで流れるプールとかで遊んだ。

それ以降マキコとは何もなく、

俺にも彼女が出来たりして

俺の彼女も交えて楽しい学生生活を送った。

いまだにあの時のことは2人だけの秘密である。