パイパンのワレメから精液だと思うが垂れていた..【エロ体験談】

俺の姉は、三つ年上でとっても綺麗で優しい姉さんだ。

今のところ姉には彼氏がいないみたいだった。

姉が短大生2年生で俺が高校二年の夏休みのことだ。

俺は、部活動とか面倒でやっていなかったから家でごろごろしていた。

そんなある日、夜の9時を回ったころだと思うが、

姉が白のヒラヒラのミニスカートに

ベージュのパンストという格好で玄関に向かっていった。

「姉ちゃん、どこ行くの。こんな時間に。親父に怒られるぜ。」

後を追いかけ玄関ににいる姉を見た。

ちょうど、姉はブーツを履くのに前屈みになっていた。

「!っ。」

白のヒラヒラのミニスカートの裾から見える姉のお尻。

パンストからはノーパンのパイパンのワレメがしっかりと見えていた。

しかも、うっすらと濡れている様だった。

姉はブーツを履き終えると、俺のほうを向き

「友達の所に行ってくるからね。」

見えたことに気が付いていないようだった。

「ウン。わかった。気を付けてね。」と言うと姉が玄関を出て行った。

姉が帰宅したのはその3時間後くらい経ってからだった。

俺は姉のあの光景が頭から離れず、

悶々としながら起きていた。

「何で、ノーパンだったんだ?何しに行ったんだろう。」

その答えは次の日の朝に分かった。

朝起きて、姉の部屋の前を通り過ぎようとした時、

姉の部屋の扉が少し空いていた。

覗いて見た。

姉はいなかった。

部屋に入ると、なんかオシ〇コの臭いが凄いしていた。

窓の方を見ると昨日穿いていた白のヒラヒラのミニスカートと

ベージュのパンストが掛かっていた。

ベージュのパンストのワレメの所がまだ濡れていた。

臭いを嗅いでみた。

オシ〇コの臭いだった。

なんで?ふと、テレビの横に昨日姉が持っていたバックがあった。

口が開いていた。ビデオカメラと三脚、

それに、イチヂク浣腸や、

バイブがお尻の穴に入れるやつとオマンコに入れるやつと

二つに、姉が中〇生の時に穿いていた赤色のブルマーなどが入っていた。

赤色のブルマーを取り出し臭いを嗅いで見ると

やっぱりオシ〇コの臭いがしていた。

ビデオとテレビがつながっていて見れるようになっていた。

ビデオを最初から見てみた。

凄い光景が写っていた。

シーン1.一年位前の春くらいのころ。

どこかの河川敷の公園みたいなところで、

ジョギングの途中なのか、

日中にしかも遠くのほうで子供たちが遊んでいるのが見えるような場所で、

赤色のブルマーを穿いたまま立ってオシ〇コをお漏らししているところ。

シーン2.その2ヵ月後くらい経ったころ。

白のヒラヒラのミニスカートに黒のパンストをノーパン直穿きした格好で、

夜の遅い時間だと思うが、

どこかの駅の待合室だと思う場所で足を大きく開いて立ったままで

オシ〇コをお漏らししているところ。

シーン3.また、その3ヶ月くらい経ったころ。

白のヒラヒラのミニスカートにTバックのパンティーを穿いた格好で

どこかの小〇校の校庭で子供たちが遊んでいるフェンス越しで

足を大きく開いて立ったままでオシ〇コをお漏らししているところ。

(何人かの子供がそれをフェンス越しに見ていた。)

そして、いよいよシーン4.昨日のやつだ。

どこかのアパートの階段の踊場だった。

でも、どこかで見たこのある場所だった。

姉の下半身がローアングルで映っていた。

パンストをノーパン直穿きしたパイパンのワレメから

オシ〇コがいっきに噴出した。

このとき、初めて姉の声が入っていた。

「シュー!バシャ、バシャバシャ!・・・・。あ~ん!オシ〇コお漏らししちゃった!見て~!(姉の仮名 亜由美)のオシ〇コお漏らししている恥ずかしい格好を見て~!」

姉は、しばらくオシ〇コをお漏らししていました。

オシ〇コが止まると、姉はその場にしゃがみ込んでしまった。

このときも、初めて姉の顔が映りこんでいた。

その顔はとっても気持ちよさそうな表情で映っていた。

(この瞬間に、場所が判明した。家の近所だった。)

この後、姉はちょっとの間余韻に浸っているようだったが

すぐに立ち上がりそのまま撮影が終わっていた。

あんなに綺麗で、優しい姉さんが、こんな変態だったなんて。

ショック!

ビデオを元通りに直した。

待てよ!まだある!そう思い部屋を探索した。

すぐに見つけた。

ベットの下の衣装ケース。

鍵が掛かっていた。

怪しい!

鍵を探した。

机の引き出しの奥にあった。

開けてみた。

やっぱり!

その中には。

アルバムの中にたくさんの写真。

デジカメで撮って自分でプリントしたやつだった。

一枚目。ハメ撮り。日付は姉が高校三年のときだった。

姉のパイパンのワレメにしっかりと入っているチンポ。

(今の俺と大して変わらないくらいの大きさのチンポだった。)

次、激しく潮を吹いてる。

(パイパンのワレメから精液だと思うが垂れていた。)

次、学校の校舎の裏だと思うが、

そこで夏服のセーラー服のミニスカートを捲り上げて

脚を大きく開いてオシ〇コをしている。

姉の顔も映っていたがニッコッとして小首を傾げた可愛い表情たった。

(彼氏に撮られてる?)

次、学校の教室で、机に片手を付きお尻を突き出した格好で、

自分でイチヂク浣腸をしている。

(空の容器が2つ机の上においてあった。三つも浣腸したのかよ。)

次、浣腸をした後の写真だと思うが、

学校の校舎の裏に移動して足を大きく開いて立ち前屈みになって、

お尻を後ろに突き出した格好で激しく排泄しているところ。

(スカートを穿いていなかった。ウンチはほとんど出ていなくて茶色い液体だけが噴出されていた。)

次、学校の校舎の裏で排泄をした後だと思う場所で、

姉のお尻の穴にチンポが刺さっていて、

姉が気持ちよさそうな顔をしていた。

(お尻の穴にチンポが刺さっている状態で潮を吹いていた。)

一番最後のページには、彼氏と一緒に写った全裸の写真。

見たことある。

姉の二つ上の先輩だった。

一回だけ家に来た時に見かけた。

こいつが姉を変態にしたのか!

裏を見た。

「処女、喪失記念」

日付は、高校1年の夏休み中だった。

そして、最後にこんなことが書いてあった。

「私をこんな体にしておいて、何で先に死んでしまったの。もう、私の体は元に戻れないわ。これからは、あなたを思いながら一人でやっていくわ。だから、天国で私を見ていてください。変態露出娘の亜由美より 愛を込めて」

こんなこと一人でしていたなんて。

ショック!

と、次から次へ、

変態露出を繰り返した写真がアルバムいっぱいに貼ってあった。

マジ、ショック!

後は、その時のセーラー服も入っていた。

その他にも、スパッツ、レギンス、チアコス、スク水、

ヒラヒラのミニスカートが付いているレオタード、

いろんな種類のパンティーもあった。

どれもこれも臭いがオシ〇コの臭いで臭かった。

俺は、それらを見ながらズボンの中で3回も射精をしていた。

まぁ~、ショック!

これから姉の顔をまともに見る自信がないね。

姉は、その日は早く帰宅して来た。

この日、両親は出かけていて帰ってこない。

今日の姉の格好は、ミニスカートに黒のパンストを穿いていた。

姉の後ろを何気なくついていくと、僅かにオシ〇コの臭いがしていた。

今日もしてきたんだ。どっかで。

スカートの中も見てみた。やっぱりノーパンだった。

パンストのワレメのところが、たぶん、オシ〇コだと思うが濡れていた。

「ウン?どうしたの?さっきから私の後ろをついてきて?何かあったの?」

突然姉が話しかけてきた。

「いや、べ、別に。何か、変な臭いがしたな~、と、思ってさ。気のせいかな?」

「な、何よ~!変な臭いって!失礼ね!」

姉は二階に上がってしまった。

明らかに動揺していたね。

はっきりした。

俺は、しばらくして静かに後を追った。

姉の部屋の前に来て中の様子を伺った。

静かにドアノブをまわした。

鍵は掛かっていなかった。

そっと、覗いた。

下半身裸の姉がベットの上で、

M字開脚をしたパイパンのワレメにバイブを突き刺し、

お尻の穴にもバイブが刺さっていた。

両手でそれぞれを激しく出し入れしてオナニーに夢中になっている姉。

口には声が漏れないようにしているのか姉のパンティーが入っていた。

しばらくして、姉は体を弓なりに仰け反らしたかと思うと勢いよく潮を噴出した。

噴出した潮は、俺の立っているところの近くまで飛んできた。

姉は体を激しく痙攣させていた。

両穴に刺さっているバイブは勝手に動いている。

しばらくすると、オマンコに入っていたバイブが抜け落ちた。

その瞬間にも潮を吹いている姉。

しばらくその姿を見ていた。

姉はようやく上体を起こし、お尻の穴のバイブをゆっくりと引き抜いた。

ぽっかりと穴が開いた状態のオマンコとお尻の穴。

白く濁った液体が垂れていた。

俺はわざと足音を大きく出しながら階段を上がっているふりをした。

「姉ちゃん、お風呂はいっているけど入る?」

ドアを開け部屋へ入る。

下半身にはミニスカートを穿いていた。

ベットの上は布団が掛けてありさっきの道具を隠したみたいだった。

でも、潮を吹いて濡れた床はそのままだった。

「あれ?なんかここら辺濡れているけどどうしたの?それに、何かオシ〇コの臭いがするんだけど?気のせいかな、姉ちゃん。」

知っていたけどわざと聞いてみた。

「え!そっ、そんなことないわよ、きっ、気のせいよ!失礼ね!」

明らかに動揺している姉。

そして、椅子に掛かっている黒のパンストを発見。さっき穿いていた物だ。

それを手に取り鼻に近づけながら、

「姉ちゃん、このパンスト、凄いオシ〇コの臭いがするよ。それに、まだ濡れているし。もしかして、姉ちゃん、オシ〇コお漏らししたの?それにしてもパンティーが見当たらないな~?もしかしてノーパンだったの?姉ちゃん?」

姉の顔は真っ赤になっていた。

両手をスカートの上から股間を押さえて立っていた。

「そっ、そんなことない!そんなことしてないもん!・・・ぁン!」

姉の体がピクピクした。もしかして言葉攻めだけでイッタ?

「じゃ~、姉ちゃん、スカート捲ってよ!アソコの臭いを嗅いだらはっきりするジャン!」

姉はさらにもじもじ。

「イヤ~ん!だめっ!そんなことできないよう!・・・アンッ!」

さらに体がピクピク。そして、次の瞬間。

「イヤ~ん!見ないで~ぇ!でっ!出ちゃうよ~ォ!」

姉は、立ったまま両手をスカートの上から股間を押さえたまま

潮を吹いてしまったのだ。

ビシャ!ビシャ!ビシャ!ビシャ~!

「あ~あ、出ちゃった。やっぱり姉ちゃんは変態さんだったんだね。

弟の前で潮を吹きながら逝くなんて。」

「ぁン!ダメ 見ないで ぁン!ダメ また、また、逝っちゃうよう~!」

ビシャ!ビシャ!ビシャ!ビシャ~!

さっき激しくオナニーをしていた姉のオマンコは敏感に反応していた。

言葉だけでこんなに逝くなんて。

姉はその場にしゃがみこみ体を痙攣させていた。

俺は、姉のそんな姿を見ながら

ズボンとパンツを脱いで姉の足の間に割って入った。

チンポは完全に勃起していた。

姉のスカートを捲るとパイパンのワレメが見えた。

「やっぱりノーパンジャン!しかもいやらしいパイパンだ。」

「ぁン!ダメ 入れちゃダメ!ハンっ!あ~!」

入りました。かなり締め付けてきました。

気持ちいい!

この後、俺と姉は朝までハメまくりました。

姉は何回も逝きました。潮も大量に吹きました。

俺も姉のマンコに何回も中出しをしました。

この日から姉は俺の性〇隷になりました