壁に手をついての立ちバックで逝かされて・・【エロ体験談】

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」

そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…

その時半ば奪い取る様に貰って来た、

某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…

私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、

チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…

私は直接問い合わせてみましたが、

やはり返答は注意事項に書いてある通りで

カップルの為に用意した部屋だから

女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…

そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで

私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、

どうしてやろうと思い立ったのが、

一緒に行く相手を見つける事でした…

けど3年間一途に付き合った私が直ぐに別の彼氏(候補)を見つけるなんて事は出来ず、

けど悔しいままなのは嫌なので、そこで3歳上の兄(25歳)と一緒に行こうと思ったのです。

「お兄ちゃん…」

「ん?」

「今度の週末って何か用事ある?」

と私は少し甘えた感じに聞いてみると、

私の事が好きな兄は絶対嫌がらずに聞いてくれると分かっていたので

「いや、何も無いよ…」

と予想通りの答えが返って来ました♪

そこで事情を話すと案の定、一緒に行ってくれる事になりました。

当日、兄の運転する車でホテルのある所へ行き、

チェックインには少し早かったので、

周辺の観光スポットをプラプラして時間を潰しました。

そして、そろそろ時間になったのでホテルへ向かい私は後で元彼に見せつける為にホテルの写メを撮りました。

チェックインの時、予約者が変わっているので誤魔化すのにちょっと戸惑いましたが、

何とかチェックイン出来、部屋へ案内されました。

部屋はそこそこ広くベッドルームとリビングルームの2部屋と、

内風呂から続く露天風呂があり、

露天風呂は源泉かけ流しの24時間いつでも直ぐに入れる温泉風呂がありました。

ベッドはダブルベットで部屋の色調はブラウンを基調に落ち着いた大人な雰囲気で

とてもリラックス出来る部屋でした。

取り合えず夕食までの時間、大浴場へそれぞれ入浴しに行きました。

夕食は豪華でこれも写メをしっかり撮り美味しい料理に美味しいお酒で満足した私達は部屋に戻ろうとしたら、兄が

「部屋でもう少し飲もうぜ♪」

と売店でおつまみと缶ビールと缶チューハイを数本買って戻りました。

二人きりの部屋で兄と久し振りに色んな話をしました。

殆どが私の愚痴だったと思うけど(笑)兄は嫌な顔せず聞いてくれていました。

お酒もだいぶ進み、二人ともほろ酔い気分になったところで、ふいに

「ところでさぁ~この部屋のどこがカップル専用なんだ?」

と兄が言いだし、確かに見た感じは特別な所は無く別にカップル限定じゃなくてもイイじゃんって思いました。

そこで私はベッドルームへ行き何か変わった所が無いか見回すと、

ベッド脇のテーブル?スタンドや電話が置いてある引き出し付きのテーブルの引き出しを開けてみたんです…

するとそこには、

「除菌済み」

と書かれた半透明のビニール袋に何とピンクローターが入っているではないですかっ!私は思わず

「あっ!♪」

と声を上げてしまい

「どうした?何か有ったのか?」

と兄が聞くので、私はその袋を後ろ手に隠して兄に近付くと

「これ、な~んだ!?」

と兄の眼の前に袋を差し出すと

「ん?これって…バイブか?」

と半透明で中身が見え難かったのか聞いてくるので

「そうだよっ!」

と嬉し可笑しく私はケラケラ笑っていました。

「なるほど、そう言う事かぁ~…他には無いのか?」

と聞いてくる兄に

「えっとねぇ~ゴムとぉローションも有るよ~♪」

更に引き出しの中には有料でアダルトグッズの貸出が出来る用紙が入っていました。

するとガサゴソと袋を破く音が聞こえ振り向くと兄がバイブを取り出しているところでした。

「ユッコ(私の名前、優希子)は使った事あるのか?って言うか持ってるのか?」

と突然聞いてくるので

「えっ!?持ってないよっ!こんな高いワイヤレスのなんて…」

と言ったところでハッと…『しまった!』と思い

「ワイヤレスじゃないのは持ってるのか?(笑)」

とニヤニヤ顔で聞かれてしまい開き直った私は

「そうだよっ!持ってるよっ!」

と自棄になって言ってました(笑)

「な~んだ彼氏と会えない時はコレで慰めてたのか?」

と聞かれ

「してないよっ!彼氏が居た時は、ずっと使ってないよっ」

と、これは正直に答えました。

「じゃあ、今は居ないから久し振りに使ってみるかぁ~?」

とバイブ片手に私に近付くとベッドに押し倒されてしまいました。

「ちょっ!お兄ちゃん、酔ってるの!?」

と聞くと

「あ~酔ってるよ~♪」

と確かに何時もの兄とは表情が違っていて、

私はちょっと怖かったけど何時も優しくて怒った所を見た事が無い

兄のそんな強引な姿が逆に私の性欲に火を点けてしまったのか、

されるがままに兄に身体を許していました。

浴衣の裾を肌蹴て両脚を広げられ股間にバイブを宛がわられると

久しぶりに感じるバイブの振動がクリトリスを刺激して直ぐに声が出てしまいました。

「あっん…気持ち…イイ…あっ!」

パンツの上からだけの刺激だったけど、久々のバイブに私は直ぐに高揚し兄のバイブ捌きが絶妙で

「あっ!あっ!なにっ!あっ!スゴッ!あっ!…」

と私はピンクローターで逝かされてしまいました…

私が逝ったのを確認した兄はその場から居なくなってしまいました。

私は暫く余韻に浸っていましたが、一度逝かされた…

しかもバイブだけでは物足りなく、むしろ身体は余計に欲しがってしまい、

兄を捜すと部屋の露天風呂に入っているのが分かったので、

私はその場で裸になり兄の居る露天風呂へ向かいました。

そして

「ちょっとーお兄ちゃん、あんな事されて我慢出来無いじゃんっ!」

と言いながら湯船に浸かっている兄にザバッと近付くと、

私も酔っていたのでしょう、

兄の唇に吸いつくように唇を重ねて片手でチンポを掴んでいました。

直ぐに兄は反応して、

それはそれは大きく勃起して、別れた彼よりも…

そして今まで付き合った誰の中でも一番大きく感じ、

私の性欲は一気に高揚して

「お兄ちゃんの凄く大きい♪

欲しいよ~」

と湯船の中で私は兄に跨り対面座位の恰好で挿入していきました。

「あ~ん…ズゴ~イ♪こんなに大きいの初めてぇ~あ~ん感じるぅ~♪」

と奥まで入ると暫くその大きさを感じる為ジッとしてキスをしてました。

「ユッコの膣(なか)スゲー気持ちイイ♪

けど大丈夫なのか?」

と聞くので、最初何の事なのか分からなかったけど直ぐに生挿入の事だと分かり

「大丈夫♪今日は超~安全日だから♪」

と普段こんな事言った事無いのに、

この時ばかりは、

お酒と雰囲気に呑まれてたのか自分でも信じられない程大胆になっていました。

更に生挿入は付き合いが長くても数回程度しか無く、

直ぐにゴムを着けて貰っていたので長時間生セックスをした事が無かったのですが、

その時はゴムの事なんかどうでも良くなっていて、

とにかく兄の大きなチンポが気持ち良くてヨガっていました。

自分から腰を振る事数分…

絶頂が近付いてくるのが分かりました…

そしてとうとう逝ってしまい、グッタリと兄に身体を預けていると、

今度は兄の方から腰を振り出し、

浴槽の縁が広くなっている所に身体を横たわらせられての正上位で逝かされ、

壁に手をついての立ちバックで逝かされ、

最後は背面座位で逝かされると兄も限界が近付いていたのか、

このまま体勢だと中に出してしまうと兄は必死に私を退かそうとしていたのが分かり、

でも私はこんな最高のセックスが出来た喜びと最後まで繋がっていたい気持ちとで、

「出してっ!出してっ!そのまま膣(なか)に出してっ!あっ!」

と叫んでいました。

すると兄は私の気持ちを分かってくれたのか、

単純に我慢出来なかったのか、膣奥深くに精液を注いでくれました。

終わって暫く私は兄に後ろから抱き包まれて耳元で

「超気持ち良かったよ♪」

と言われ

「私もこんな気持ち良かったエッチ初めて♪」

そう言いながらゆっくりと腰を浮かし兄から離れると膣奥から兄の精液が流れ出し

湯船にボタボタと落ちると、かけ流しの為、下流へと流れて行くのが見えました。

私は向きを変え縁に座っている兄の股間に顔を近付け、未だビンビンのチンポをお口で綺麗にしてあげると

「もう終わりじゃないよね?」

と微笑みかけながら兄に問うと

「そうだなぁ朝まで頑張るかな(笑)」

と頼もしい答えが返って来ました。

その後ベッドへと場所を変え、実際朝までとはいかなかったですが、

夜中の3時過ぎまで何度も逝かされ精液を注いで貰いました♪

その様子も写メしておき、まとめて元彼に送り付けてやりました(笑)

勿論相手は兄で有る事は隠して…

チェックアウト後もそのまま帰るのは惜しいので、

ラブホへ移動して時間の許す限りハメ合いました。

それからは兄以外とのセックスが考えられなくなり

一年経った今でも彼氏は兄で仲良く中出しして貰ってます♪

近いうちにピルを処方して貰って何時でも中出しして貰えるようにしようと思ってます


PAGE TOP