週末は泊りがけでセックス三昧www【エロ体験告白】

去年の4月に会社に大勢の新入社員が入ってきた。

私の働いている会社は、

マンツーマン研修という社内制度で

4大卒のお嬢さんっぽい新米OLのI子を担当する事になった。

このI子は物覚えが悪い子で、

勤務中何度も失敗をして落ち込んでいたので、

他のグループも誘って飲み会に誘った。

飲み会では和気あいあいとなってエロ話で盛り上がった。

遂には早く処女捨てたいなんて処女発言をし始めたり、

こりゃ食えるなと思った。

その帰り、終電を逃したので歩いて帰るわと

分かれてしばらくしたら、I子が追って来て、

ウチに泊まって行けと言う。

お嬢様系の可愛らしい女の子のなのに

なかなか大胆だなと驚きつつも、

これや喰えるなと股間を熱くなる

そしてI子の家に上げてもらったら、

すぐに寝付いてしまいまじで自分の家に止まらせといて

何もさせない気かとガッカリ。

本当にお嬢さんで

育ちが良いんだろうなと妙に納得してしまった。

当然ながら悶々として寝れるはずもなく、

I子の方を見てみてら、

寝相が悪くて無防備にもM字開脚になってるので、

パンツのクロッチの部分をズラしてみると

生理中らしく膣にタンポンが収まっていたので、

それを見ながらオナニーして寝た。

翌朝、目を覚ますとI子は浴室でシャワーを浴びていた。

俺は朝立ちでビンビン、

これは行くしかないと全裸になって襲い掛かった。

お嬢様なためか抵抗はするものの叫び声は上げず、

バスマットの上に押し倒して膣

に中指を差し込んだら抵抗が止んだ

生理中だよね、と確認したら頷いたので、

そのまま挿入し、唇、乳首にキスを繰り返しゆっくりとピストンした。

やはり嫌は嫌なので「いっ!」「うっ!」「やっ!」

とたまに声を漏らすものの、

体はもうあきらめているのでそのままスムーズにフィニッシュ

射精後も起ちが収まらないので、体位を変えて二度目を開始、

二度目の最後は「あっ!」を繰り返し、何やら感じている様子もあった

終わった後、抱きしめていたら

向こうからも抱きしめてきたので、

こりゃ和姦成立だなと。

浴室から出て体を拭き、

布団の上に座って「処女捨てたいって言ってたから」と言ったら、

怯えつつも頷いたので、「君の事好きだから」と言ったら

「絶対きちんと付き合ってくださいね」とOKの返事。

そのまま三度目のセックスをして、

その後は水族館にデートに出かけた

その後は、数日に一度は会社帰りにI子の部屋でセックスをして、

週末は泊りがけでセックス三昧。

数ヶ月後には膣を自由に締めたり逝くタイミングを

自分で調整したりとすっかりエロ子になっていた

半年後、セックスの後に突然

「これで終わりにしてください、

他に好きな人が出来ました」 と捨てられた

まるで不倫相手に言うような突然の告白に驚くも

このカノジョは最初からこういう子だったなぁと納得した。

妙にサバサバしたOLとの恋愛でした。