尻をあげさせてバックから挿入【エッチな体験】

昔会社に派遣で来たカエデはモロ俺好みだった。

同僚Tに言うと「えーあんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。

確かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。

噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。そりゃハードル高いわ。

でもやたら美人だったのであきらめるのはもったいないとおもた。

「俺アタックしてみるわー」というと

「どうぞおすきに」というスタンスだった。

なので最初はタケシや中の良かったメイなどを含むグループで

カラオケやライブなどを企画。

半年くらいでうちとけ、

カエデもなんとなく気のあるようなそぶりが見られた所で

個人的に呼び出してついに告白。

「告白してくれたのはうれしいけどそんな風に考えた事がなかったから。あなたと急にそんな関係にならなくてもいいと思うから友達のままでいてね。」

と拒否されてしまった。

同僚タケシに「だめだったわー」と言うと

「そうだろ、あんなやつ自分が美人と思ってるだろ。顔も普通で金持ちでもないおまえなんか釣り合わないと思われてるんだよ。」

と言われた。

ま普通にグループで遊ぶのはかまわないらしいので、

恥をしのんでそれからも複数で遊んだ。

それからさらに半年後、俺は転勤になり遠くの支店に移った。

そこにいた事務のアイコは顔は普通だがやたら気立てが良く健気な子だった。

つぎのバレンタインにアイコから逆告白された。

真剣に俺に惚れていてなんと処女を捧げてくれた。

処女だけに中はせまく、お互いの感じる部分もぴったりのようで、

逝くタイミングも似ていた。

そして1年後結婚。もう昔の事は忘れていた。

そのちょっと前風の便りにカエデが他社に移ったと聞く。

俺とアイコが結婚して1年程してかつて同僚だったタケシからの年賀状に

「結婚しました」の文字。

なんと相手はあのカエデだった!

頭が真っ白になる俺。どいうこと?むちゃくちゃ腹が立った。

どうりで最近タケシが連絡もしてこないはず。

俺のタケシへの友情はあえなく崩壊した。

俺はその晩妻のAをむちゃくちゃに抱いた。

タオルで手足を縛り嗚咽をあげるまで妻の口に俺を咥えさせ、

喉の奥までつっこみ中に吐精した。

それでも濡れている妻の蜜壺に指をつっこみ激しく出し入れ。

俺はすぐに回復し自分を生で挿入。

足のタオルを外し両足首を手で持って足を持ち上げて広げ

俺の肩に乗せると激しく出し入れした。

次にうつぶせに転がし突き出された尻を見ながらバックで激しい突きを繰り返す。

尻に爪を立てながら妻の奥深くに俺の精液を大量に流し込んだ。

妻は日頃やさしくセックスする俺が

なぜ乱れるのかその理由も聞かずに耐えてくれていた。

結局その日(と思われる)セックスで妻は妊娠。

実家で出産ということになり出産育児のため4ヶ月程俺は一人暮らし。

毎晩のように妻と電話するが体はうずく。

独身時代を思い出してフーゾクでも行くか?

と思っていたらなんとカエデから電話。

友人の結婚式がこちらであったので電話したらしい。

どこから聞いたか妻が不在なのも知っていた。

久々に会う約束をして出かける。つもる話もあった。

以前の事を切り出す。

俺から告白された時、本当にうれしかったのだが、

本当に男への警戒心が強く、つい断ってしまたという。

内心はOカエデだったがなんかがっついてるように見えた俺が怖くて

「お友達」と言ってしまったのだ。

なんということ。もっとゆっくり攻めればよかったのか!

で、後悔して気落ちしているカエデにさりげなく近寄ったのが

かつての同僚タケシだった。

ついついいろんな相談をしているうちに、

うまいこと言われて、気がついてみたらタケシに身体を許していたという。

カエデは噂どおりそれまで男に抱かれた事がなくタケシが初めての男だった。

遅くまで経験のなかったために却って

一度目覚めてしまうとそのままずるずるとタケシと関係を続ける事に。

いつしか生でされることも当たり前になってしまって、

そのスリルがやめられなくなって何度もそういう事が。

ということで行きつく先は当然妊娠だったという。

お堅い家に育ったカエデは、そのままタケシと結婚することに。

逆玉のタケシにとってはラッキーづくめの展開だったろう。

そんな話を聞いていると妻から電話。

女の勘はするどい。

「高校のの同窓生と会ってる」と言い訳。

あとで家に電話するという。

ま、そうすれば夜に家にいなければならんしな。

でカエデとお互いのわだかまりを捨てると、

あとはなにをするかは決まっていた。

アイコを連れて我が家に戻る。初めての包容。

「もっと自分の気持ちに素直になってれば良かったとカエデ。」

まいいさ。俺としてはカエデを抱いて

俺を裏切ったタケシに仕返しができればいい。

今の俺にとってはかつて抱けなかったカエデの味見さえできれば、

愛してるのは妻のアイコだけだ。

できれば俺がカエデを女にしたかったけどな。

それはもうしょうがない。

カエデが服を脱ぎバスルームに入る。少ししたころ、強引に俺も入る。

後ろからはがいじめにして胸をつかむ。

俺はその感触を堪能し十分に感じさせてから

カエデの前に仁王立ちになるカエデをひざまづかせる。

カエデは躊躇せず俺の硬くそそりたつ物を口にほおばる。

カエデの頭を掴み無理やり押し込む。

カエデは苦しそうにしながら俺を吸い込む。

息がつまるのか懇願するような目つきで俺を見上げた。

「おまえは本当はこれで女になるはずだったんだ。

タケシのような粗末なものでなりやがって。」とののしる。

カエデが苦しみで

もう我慢できなくなりそうになってから押していた手を離す。

カエデは深い息をついて顔を離す。

涙を浮かべながら

「ごめんなさい。素直じゃなかったわ。」と謝る。

それから小さく「こんなに大きいなんて。」とつぶやく。

タケシとは寮で風呂に入った時に見ていたので、

あいつのがたいしたことないのは知っていた。

(ま、勃起時の大きさまではしらんけど)

カエデの手をバスタブにつかまらせて

俺はしゃがんでカエデの性器を鑑賞。

毛は思ったより多く清純な雰囲気ではなかった。

襞も大きめで外にはみ出していて

(以前はどうだったかはしらないが)

見た目は良くなかった。

「ま、中身は入れて見ないとわからないけどな」

そう思って尻に手を添えて俺を生で挿入。ニューとあっさりと入る。

カエデの中がギューと絞めてきて

「あ、大きい!」と声を出した。

「タケシと比べて大きいか?」と聞いてやる。

「うん、大きい。」と勝手に喜んでいる。

俺はがっかりだった。あきらかにアイコよりゆるくて大味だった。

ま、4年越しの願望はかなえられたのでよしとしよう。

俺はカエデの尻に出入りする俺を眺めながら律動を速めて行った。

カエデは「おおっきい!おおっきい!」

とうれしそうに声を出す。

ふん、タケシの粗珍しか知らない不幸なやつめ。

俺はカエデが達したかどうかなどまったく関せず、

俺のタイミングで性感を高め、

なにも言わずにだまってそのまま絶頂に上り詰めた。

カエデの丸い尻に俺のものを奥までぎゅっと押し付けると、

だまってナカに放出した。

「あー、びくびくしてるー、あー」

とアイコが声を上げたが俺はそのまま残りすべてカエデの中に出した。

カエデは「あー、すごかった。」

とかいいながら俺の白いのをシャワーで洗う。

お互いの体をきれいにしてから寝室へ。

(あとできれいに髪の毛とか掃除しとかないとな)と考えた。

すっかりその気になったカエデは俺にまたがり自分から入れてきた。

カエデのでかい胸はタケシに揉まれ過ぎたのか垂れてゆらゆら揺れている。

俺のをすっかり中に収めると、

勝手に前後に腰をゆすっているのだ。

俺の恥骨とカエデの恥骨が触れ合っている。

クリトリスで感じているようだ。

俺は出し入れするほうが感じるので、

それほど面白くない。

まあ仕方がないので揺れている胸を掴んで揉んでみる。

大きいが硬さはあまりない。

ぎゅーっと力を入れたら「ああん」と勝手に感じている。

騎上位が面白くなかったので

起き上がりカエデを寝かせて俺が上になる。

正常位で挿入。

あっさりと入るが意外に奥まで入らない。

俺が身体を上げたままでは、するりとすぐに抜けそうになる。

腰をおろして身体を上に上げるようにしないとピストンがやりにくかった。

「こいつおそろしく下付きだなー」

とまたもやがっかり。

いくら金持ちの娘とはいえこんなやつと結婚したタケシが哀れだった。

正常位もいま一つなのでカエデをうつ伏せにして

尻をあげさせてやはりバックから挿入。こいつはこれが一番いい。

しばらくナカを味わい、

さっきと同じでは物足りないので、

完全にうつ伏せにさせて足も伸ばした状態にさせた。

この上に俺がかぶさり、

俺の脚の間にカエデの足をはさむ形で密着。

カエデの尻の上から俺のモノを挿入した。

下付きの女にはこれに限る。

カエデは布団に顔をうずめて声を上げている。

俺は自分の内股に力を入れて勝手に挿入感を強めた。

そのまま自分の勝手なリズムで律動を速めると、

自分が逝きたいタイミングでカエデの中に射精した。

そのまましばらくつながっていたがカエデも動こうとしない。

ぐちゃぐちゃいうのを利用してそのまま挿入しているとまた大きくなった。

俺はふと思いついてそのままそのぬめりを利用して

少し俺をずらしカエデのもう少し上にある別の口に俺を挿入。

ぐったりしていたカエデは

まったく拒絶することなくそのまま直腸に俺が入った。

「うおー狭いぜ」

実はここは俺も初体験だった。

なんだ、こいつはここのほうがいいじゃん。

「うーんうーん」と変な声を出すカエデにはかまわず

勝手にピストンして俺はそのままカエデの禁断の口に精を放った。

その直後家の電話が鳴った。

妻のアイコからだ。

おれはあわててテレビのニュースをつけると電話に出る。

「なにしてるの?」って聞かれて「テレビ見てた」と答える。

なんだかんだと日常報告のあと次第にテレホンセクスに移行。

俺はカエデのうんちのついたペニスを掴む気になれなかったので

やってるふりだけ。

しばらくして妻は勝手に逝って、納得して電話が切れた。

俺はぐったりしているカエデはそのままにバスルームできれいにした。

おっかけてカエデもきてシャワーした。

カエデはそれから旦那のタケシに携帯で電話していた。

あっちも通常の連絡のあと勝手にテレホンセクスに突入していた。

俺は後ろから抱きつき無言で協力した。

あいつはカエデがオナニーしてるつもりなんだろうけど、

実は俺が感じさせているのだった。

カエデの話に合わせて俺が愛撫してカエデは絶頂に達した。

タケシも自分で逝ったのか、やがて納得して電話も切れた。

結局カエデは俺のマンションに泊っていった。

合計7回身体を合わせた。

全部生でした。

このことは二人だけの秘密にした。

俺を裏切ったタケシに十分復讐できておれは満足だった。

妊娠はしなかったようだ。

別に子供ができてもカエデはタケシとの子供と言って育てるだろうけど。

その後カエデとは会う機会がないが、

あまり名器ではなかったので

別に俺から無理に会おうとは思わない。

妻を愛しているし。

タケシはまさか俺がカエデを寝とったとは思わないようだ。

知らない方がいいだろう。

金持ちの娘と結婚して幸せだろうし。