週に3回位は放課後の教室でエロい事をしまくったwww【エロ体験談】

教師をやっています。

ある年の異動で、

A(26)と同学年の担当になった。

自分には彼女もいたし、

タイプじゃなかったから全く気にしてなかったが、

同じ職場では業務上一番よく話すので、

夏になる頃にはAが俺に多少好意を持ってくれているのが分かった。

夏休みには食事や遊びに行くようになり、

より親密になっていった。

次第にエロいメールもするようになり、

時々オナニーしている事、

そして、Aは処女である事が分かった。

教師は職場に良い奴がいないと出会いが非常に少ないので、

学校によっては非常に忙しくて土日も出勤するため、

美人でも独身のまま20代の一番いい時期に恋愛出来ない人が多いと思う。

2学期のある日、仕事で落ち込んでいたらしく、

ギュッと抱いて欲しいというリクエストがあり、

放課後の教室で他からは見えないように

廊下側の壁に移動して抱いたのだが、

そのまま流れでキスをした。

興奮した俺は胸やお尻を服の上から触るとAは

「?!……ちょっと……」

と笑いながら俺の肩を手でペチペチ叩いてきた。

いけそうだったので、シャツの中へ手を入れ、

ブラジャーのホックを外し、胸を揉んだ。

「えぇぇ…ちょっと本当に!?」

顔を真っ赤にしながらかなり困っているようだったが、

お構い無しで俺はAのシャツを捲り上げ、胸を露わにした。

小振りではあるが、形のよい胸で、すぐにしゃぶりついた。

「あ…あぁ……あん…ちょっと……」

自分達のいる教室の反対側の校舎からは、

仕事をしている教室があり、

いくつか電気が点いている。

壁際なので死角にはなっているが、

ここの前の廊下にもいつ誰が来るか分からない。

念のため電気を消し、

外からは誰もいないようにみせかけるようにした。

再びキスをしながら、お尻を触り、

ズボンの中に手を入れようとすると、

「生理なの…」

あら、残念。

一瞬だけ考えて、Aの手を取り、

「ちょっと触ってみる?」

と聞くのと同時に、Aの手を自分の股間に持ってきた。

「えぇぇ!?」

再び超困惑するA。

でも抵抗はしない。

俺は自分のズボンと下着を下げ、直接アレを触らせた。

「めちゃめちゃ恥ずかしいんだけど、…」

Aは俺の胸の辺りに顔をうずめている。

Aはキス以上の経験はない。

俺は

「自分で触ってみて」

と言い、彼女の手を離した。

ぎこちない動きで、アレを撫でている。

時間が時間であり、

長時間居所が不明だと怪しまれるので、

俺は少し焦っていた。

「ちょっとここ座って」

俺は近くにあった生徒の椅子を動かし、

Aを座らせ、Aの目の前に立った。

Aの目の前には俺のカチカチのモノがある。

Aはそれから目を逸らしながら、顔は真っ赤なままだ。

「握って」

Aは照れ笑いしながら、

そっと右手を俺のカチカチのモノに伸ばし、

右手全体で握った。

俺はその右手を上から握り、

「こうやって動かしてみて」

と、上下に動かす。

Aは目を閉じたまま、言われるがままに手を動かす。

手でしごかせるのもほどほどに、時間もないので、

「ちょっと口でやってみよっか」

「えぇぇ!?」

「はい、舌出してみて」

「本当にー!?」

「はい、ちょっと舌出して」

「えぇぇ…」

Aはベロをチロっと出した。

俺は亀頭を指差し、

「ここ、舐めて」

Aは恐る恐るベロでチロチロと亀頭を舐めた。

「こっちも」

俺はカリや根元も舐めさせた。

「じゃ、咥えてみて。

はい、あーん」

Aは無言で目を閉じたまま、口を少し開く。

「もっと、それじゃ入らないよ」

さらに大きく口を開く。

開いた口にモノをゆっくり入れる。

「歯を当てないように、舌を下側に押し当てて」

俺は腰を前後にゆっくり動かして、モノを出し入れする。

「そうそう、上手い上手い」

Aは口を離し、笑いながら

「良く分からないよ~…」

「今度は手と口を一緒に」

Aの右手で握らせ、咥えさせた。

Aに任せるだけではいきそうになかったので、

時々自分でしごきながら、

Aの口にモノを出し入れする。

「じゃあ、そろそろいくから、口の中に出すからね」

Aは目を閉じたまま軽く頷く。

「いくよ…。

こぼさないようにね」

俺はAの口の中に発射した。

「飲んでみて」

多少抵抗感があったようだが、

すぐに飲み込めたようだ。

その後、初体験も無事に済ませ、

週に3回位は放課後の教室でエロい事をしまくったが、

その年でAが異動になってしまい、

俺は彼女が他にいたため、

疎遠になってしまった。

ホテルとかじゃなく、放課後の教室って事で、

興奮度半端なかったです。