中でも一番興奮したのは社内でのSEX!【エロ体験告白】

俺は某印刷会社に無事就職した。

(当時19歳) そこには社内では噂の巨乳女子社員がいた。

総務課の敦子さん(当時24歳)

何しろ物凄い爆乳で伊藤沙織(北陽)似でぽっちゃりした感じだった。

俺は工場の人間で部署も違うのであまり彼女との面識も少なかった。

たまに給料明細や書類関係を届けてくれる程度で

軽く話す(用件だけ)くらいだった。

その度に制服の上からでもハチ切れんばかりの胸元に俺も釘付けだった。

正直・・・顔はタイプではなかったし

特別可愛くもなかったけど

次第に俺は彼女の爆乳が気になって、

気になって頭から離れなくなり次第に虜になっていた。

彼女と接した日は必ずと言っていいほど

自宅に帰っては彼女の爆乳をオカズにしていた・・・くらい。

就職して半年くらい過ぎたある日の事・・・

彼女がいつもの様に書類を届けに来た。

この頃になると次第に彼女とは少しずつ色んな話をする様になった。

相変わらず書類関係の受け渡しの時だけだったけど今日はいつもと違った・・・

心無か・・・いつもよりも化粧が濃いのか若干だが違う気がした。

彼女・・「○○くんって・・・彼女とかっているのぅ??」

俺・・「えっ??い・・・いゃいないっすよっ!!!」

彼女・・「ふ~ん そっかぁ・・・・・・よかった!!」

彼女・・「それじゃあ、お疲れ様ぁ」  帰っていった

俺はしばらくの間、その場で考え込んだ??

もしかして!! 彼女は俺に気があるのではないか・・・?

次の瞬間!!だとすると俺はあの夢にまで見た爆乳を自由にすることができる。

想像とともに下半身が治まらなくなっていた。

しかし・・・大きな問題がある彼女が万が一に

俺に好意を持ってくれていて仮に付き合う事になると

先輩社員達からの爆乳フェチ・エロ社員のレッテルを貼られてしまう。

俺は入社して間もないこともありその事が少し恐かった・・・

しばらくの間・・・俺は仕事が手につかないほど

彼女(胸)の事で頭がいっぱいだった。

しかし、その後彼女とは1週間以上も接触がなかった。

俺の勝手な思い違いだったのかと思いつつも凄く複雑な心境だった。

その後、特別進展も無く数ヶ月後の年に1度の社員旅行の日。

今年は鬼怒川温泉に1泊2日だった。

社員数は総勢で100名(男70女30)くらいの会社なので貸切バス2台で出発した。

勿論彼女とは違うバスだった(なぜか心の中は少しだけ安心していた)

観光中も彼女とは特に話す機会も無く野郎同士でつるんでいた。

そして旅館に着き夜の宴会が始まった・・・

俺は(当時19)だったので酒は飲まず旨い飯だけを食いまくっていた。

時々目線に入る・・・彼女は浴衣(旅館の)の胸元が

いつも以上にイヤらしくて、いつも以上に爆乳が強調されていた。

俺は思わず生つばを飲んだほど。

2時間くらいたった後か・・・皆回りは出来上がっていて、

その辺で寝込んでる奴とかもいた。

すると彼女が俺の方へ近づいてきた。

耳元で「ちょっと抜けない?ここ??ロビーにいるから」

俺は軽くうなづいた。

そして彼女が抜けたのをみて時間差で俺も抜け出した・・・

ロビーに向かうまでの間・・・俺の下半身はもう爆発寸前だった。

もしかして・・・? ヤレル・・・?

でも・・・そんな場所ないし?勘違い??

いや違う様々なことが頭によぎった。

ロビーに彼女はいたそこで彼女にカミングアウトされた。

前から○○くんのこと気になってたの今度デートしよ!みたいな事を。

俺はそれを聞いた瞬間、

もうなるようになれという感じで周りの目を気にする事なく、

強引に彼女の手を取りエレベーターに乗り込んだ。

そしてエレベーター内で彼女の口を奪った。

最初は「ダメ・・・!こんな所で・・・」

と軽く抵抗していたが次第に彼女の方から舌を絡みつけてきた。

そして俺の右手は・・・

ついに、夢にまで見た胸へと浴衣の上からでもわかるくらい

想像以上の柔らかさ・・・たまらない!

もう生で触りたい。

襟元から手を強引に突っ込み生の乳房を・・

その時エレベーターの扉は開いた!!幸いにも誰もいなった。

しかし俺の欲望はもう抑えることができない。

もっと彼女の爆乳を自由にしたい・・・だがそんな場所は無い!

部屋はお互い危険だし同僚がいるかも知れない。

俺はとっさにエレベーター降りた近くの共用トイレに彼女を引っ張り込んだ。

男子用の個室トイレに連れ込み鍵をロックした・・・。

鍵をロックしたと同時に俺は今まで押さえていた全ての欲望の糸が切れた。

彼女を壁に押し付け・・・浴衣の襟元を両手で切り裂いた。

プルンと音がしそうなほどの勢いであまりにも大きな乳房が飛び出してきた!

俺は溜まらず無我夢中でしゃぶりついた掻き回し、

揉みまくり、顔を埋めて・・・

彼女の吐息がトイレ中に微かに漏れる・・・。

もう俺のち○こは発射寸前!

このまま挿入してもおそらく30秒ももたない

とりあえずその場は彼女にフェラをしてもらい

軽く舐めてもらった程度で・・・発射!!!

社員旅行解散後・・・速攻でホテルに直行して彼女との初夜を終えました。

次の日、一緒に会社に出社しました。

その後・・・彼女とは当然付き合う様になった。

俺は、毎日の様にその豊満な肉体をあるとあらゆる方法、

あらゆる場所で堪能した。

勿論、会社の人間には内緒と言う事を前提に・・・

だが数ヶ月後・・・会社の人間にバレたのを機に俺は退職した。

会社を辞める1ヶ月前くらいから先輩社員達から

彼女のよからぬ噂を耳にするようになった。

体で男を誘惑して誰とでも寝る女だとか・・・

確かに俺も始めの内は彼女の肉体が目当てだった。

けれども次第に付き合っていくうちに

彼女の全てに引かれ本当にスキになっていった・・・

彼女の悪口を言われる状況がとても耐えられなかった。

次第に妬みからか・・・?先輩達の嫌がらせみたいなものひどくなっていった。

そしては俺は退職したが彼女は会社に残り関係はつづいた。

彼女は一人暮らしだったので毎日のように自宅へ行っていた。

そして毎日の様に体を堪能していた。

たいていは彼女の自宅でのHで時には

ホテル・車中、何度かはトイレなどで・・・

中でも一番興奮したのは社内でのSEX!

仕事中にトイレに行くと言って抜け出しトイレで待ち合わせ、

そのときはしばらく御無沙汰だったので互いに燃えた。

それと彼女の制服姿を脱がすのも初めてだったのもあり、

俺はいつも以上に物凄い興奮状態だった。

早々と制服のYシャツのボタンをはずしブラジャーをたくし上げ

俺はすぐさま爆乳にしゃぶりついた。

右の手でスカートは脱がさず腰の部分まで吊り上げて、

ショーツを脱がしはもう方方の足に引っ掛けた。

我慢できなくなった俺は彼女に後を向かせ壁に両手をつかせたら、

でかいケツを付きださせた。

ビンビンになった俺のチンコをチャックを開け取り出し後ろから入れた。

ヌルヌルとお汁が溢れ出した感覚がたまらなかったし、

時間も無いので必死におれは腰を振りまくった。

パンパンと響きわたる音も気にしつつも・・・

彼女の口を手で押さえながら俺は必死で腰を振りつづけた。

この状況で誰かはいってきたら完全にアウトだ。

心で思いながらも体の理性は失っていた。

激しさは増すばかり・・・

彼女の乳はブルンブルンと激しく揺れているあ~もう限界だ!!

次の瞬間・・・ゾクゾクした感触で中に大量に放出してしまった。

そしてそそくさと後始末して出ようとしてた所に人が入ってきた。

本当に間一髪だった。

そんなこんなも今となっては良い思い出で笑い話です。

そんな彼女が今の嫁で今年の秋3人目の子供が生まれる予定です。