こんなにスケベな女だったのか・・と少々驚いた【エッチな体験】

数ヶ月前に会社を辞めた女(美弥子)と

呑みに行こうとメールして誘ってみた。

以前も2人で呑みに行った事があるが何もなく普通な関係だが

社員旅行で手を繋いだりした事はあった。

美弥子の再就職祝いにでもと思い呑みに誘い、

あっさりアポが取れたわけだ。

当日、焼肉を食べに行き、しこたま呑んで会話も弾んでいた。

1件目の焼肉屋に4時間もいて、

俺自身そろそろ飽きていたのが正直な気持ちだ。

焼肉屋を出て美弥子が手を繋いできた。

前にも手を繋いだことがあったので何とも思わずに歩いていたら

美弥子が「もう1件いく?」と言って来たので

俺もOKと返事をして2件目の居酒屋に入った。

そこでも呑む呑む。

話の内容も時々記憶がないくらい俺もヘベレケ寸前だった。

2件目の居酒屋から出てから美弥子の異変に気がついた。

足はフラフラして体を密着させ手を繋いでくる。

意味も無くケラケラ笑っていて、かなりヨッパーのご様子。

こんなに酔ってる美弥子は見たこと無いゾ。

美弥子「どうしようか??」

俺「うん。。もう呑めねぇ。。」

美弥子「じゃ、泊まっちゃう?(笑)」

俺「泊まっちゃう? 」

美弥子「ホテル行っちゃう?」

俺「泊まっちゃうかぁ?!」

美弥子「・・・・・」

かなり酔っていたが誘われてる事は理解できた。

まさかこんな展開になるなんて予想もしていなかったが……。

歩いて1分の所のホテルに流れ込む様に入ってサクっとチェックイン。

エレベータに乗り無言でベロチュー

美弥子「一緒にお風呂入ろうネ♪」

俺「おう!」

部屋に入り美弥子は風呂の準備をして俺は女房に

「朝まで呑みに付き合わされそう」とメール。

美弥子「先に入っているね?!」と言い風呂に入ってしまった。

俺は女房と子供の顔が浮かんだが、その時にはパンツを下ろしていた 

俺「入るよ?」

美弥子「は~い♪」

目の前には推定E~Fカプの爆乳があり既に半勃ちしていた。

お互いに体を洗い美弥子の後ろから抱きかかえるような格好で湯船に一緒に入った。

爆乳に手を伸ばし小さめの乳首を摘んでコリコリしてみる。

美弥子「ァ・・・ン・・ン・・ちょっと?・・・・」

俺「ん?どうしたの?」

美弥子「アン・・ァン・・気持ちいいかも・・」

俺はおっぱいで声を上げる女との経験が無かったので

演技かと思っていたのだがオマンロンに手を伸ばすと

ヌルッっとメス汁が溢れていた!

おい!誰だ!巨乳はおっぱいの感度が悪いなんて行った奴は! 

俺は怒りさえ感じた。

右手で乳首をコリコリしながら左手でクリを撫で始めると

普段、声の小さい美弥子の口から大きな喘ぎ声が出始める。

美弥子「ァ・・アアン・・アーー・・アーーンン・・ァァアン・・」

俺「感じやすいの?」

美弥子「ァ・・アン・・う・んっ・・・」

調子に乗った俺は穴に指を入れてみたがびっくりした!

中指でもきついくらいの穴の持ち主で

ヌルヌルに濡れているのに指が穴に入らない。

ヌルンと滑り込ませたら美弥子の声が一変した

「アアアァン!・・アァン・アン」

そのまま中指を奥まで滑り込ませて入れてみる。

入り口が驚くほど狭くて中間はザラザラし、奥でまた締め付けてくる。

こんなマンコは始めてかも知れない。。

チンポを入れたらどうなっちゃうんだろうと余計な心配をしていたら

美弥子が湯船から立ち上がりクルっと俺の方を向いて

美弥子「熱い!のぼせちゃう?」と言い俺の手を引っ張って立ち上がらせた。

俺のチンポを掴んで「フフッ」と笑って何も言わずに口に含んだ。

一気に奥まで含み裏筋を舌でレロレロしてくる。

頭ごと上下に動かしてわざとジュボジュボと音を出して俺のチンコを咥えている。

普段は親しいが美弥子とは下ネタも話した事が無いない。

その美弥子が俺のチンコを咥えている。

しかも舌使いがピンサロ嬢より上手い。。

俺、興奮度MAX

俺「うっ・・・そんなにしたらすぐに出ちゃうよ」

美弥子「どうしたい?」

俺「ベッドに戻って入れたい」

美弥子「うん!私も入れて欲しい!入れて♪」

風呂の床に落ちた石鹸を取ろうとして前屈みになった時に

俺はしゃがんでいたもんだから目の前に

パックリ口をあけたオマンコがあるので本能のまま舐めてみた。

美弥子「ちょっ・・あはははは!・・アン!・・ァァン・・」

そのまま立ち上がりバックから何も言わずに

ヌルヌルのオマンコへチンポを入れてみた。

やはり入り口が狭いので入りずらいが狭い所を通過したらツルって入った。

俺「ゴメン。

ちょっとだけ生で入れていい?」

美弥子「アアアアアッ!ンンンンンン!・・・もう入れてるじゃん・・アァアン・・」

すげー!チンコの根本を締め付けてザラザラしててギューギュー締め付けてくる!

美弥子「もぅ・・ベッドで入れてよ・・」

俺「ちょっと動かしていい?」

美弥子「・・も・・う動かしてるじゃん・・アァ・・ン!」

俺「おぉ・・気持ちいい・・」

美弥子「アアン!アァン!・・アァン・アンン・・ンンン・・」

クリを触っていた時とは違う声をあげている美弥子。

どーやら奥が感じるようだチンコを奥に入れてグリっと突き上げてみると

美弥子「ァッァアアッァアアアアン!!!スゴ・・イ!」

どうやら思った通り奥が感じるようだ・・

と思っていたら俺がイキそうになってきた。

俺「ゴメン。ちょっと待った。イキそう。」

美弥子「私が上になっていい?」

と言いズルンとチンポを抜いて

俺が風呂の床に寝て美弥子が跨りそのまま入れてきた。

美弥子「アァァ・!・ンッ!硬い・・」

そりゃそうだ。

興奮度MAXで中●生並のガッチガチ勃起だ。

そのまま美弥子が前後に腰を動かしていると

普段、騎乗位ではイカない俺だが中のザラザラと

奥のコリコリしたマンコが気持ちよくて射精感がキターーーー!

俺「ちょっとゆっくり動いて・・イキそうだよ・・」

美弥子「も・・・う少しで・・イケそう・・なの・・」

俺「ちょっ・・・マジで・・イキそうだよ・・・・」

美弥子「お・・願い!一緒に・・・イッて!」

俺「ちょっ・・ゴムしてないよ・・ヤバイ・・イキそう」

美弥子「アン!スゴイ!!今日は大丈・・そのま・・ま出して・・アン!ァァン!」

俺「ちょっ・・ホント・・イクよ・・奥で出すよ!」

美弥子「う・・ん・・ァァァァアー!イクーー!出して!・・奥で・・」

ビュッ!ビュルッ!ビュゥゥ!・・・ビュルッ・・ビュ・・」

美弥子「ァン!ウウッ!温かいぃ・・」

と言って俺にの上に倒れてきて軽く痙攣している。

2人のハアハアハアと息切れする呼吸音だけが風呂場に聞こえる。

2人で軽く酸欠状態だ。。

ズルリと抜けたチンポを合図に2人して起き上がりシャワーを浴びようと

美弥子が四つんばいになりシャワーの蛇口に手を伸ばしたら

オマンコからブギュッ・・ブリュリュ!

と音を出してスゲー量の精子が出てきた。

そー言えば仕事が忙しくて5日くらい出してないなぁ。

美弥子「いゃぁ・・・・見ないで 」

俺「スゲー量の精子が出てきたよ。

フタしてあげるよ」

と言い、まだ半立ちのチンポを入れた

美弥子「ちょっとー ・・ンン・・アン・・」

だが、流石に大量に酒を飲んだ後に風呂場で

即2回戦は命が危険と判断してシャワーを浴びてベッドに戻った。

ベッドに寝転がってビールを飲んで

TVを見ていたら美弥子がウトウト半寝状態。

いたずら心の芽生えた俺は、

まずは美弥子のバスローブを取り全裸にしてM字開脚。

改めてみると年齢の割には奇麗なピンク色をしていてクリは小さ目だ。

そう!思い出した!大きなオパーイで遊ぼう!

俺はそんなに巨乳は好きな方じゃないが興味はある。

巨乳の方に体を移動して美弥子を見たら完全に寝息を立てて熟睡していた。

美弥子は巨乳にありがちな大きな乳輪ではなく

小さな乳輪をしていた(俺はおはぎみたいな大きな乳輪嫌い )

乳首をクリクリしながらTVを見ていたら、

どうやら感じ始めているみたいだ

美弥子「ン・・・・ンン・・・ン・・」

俺「起きてるの?」

美弥子「ン・・・ンッ・・ン・ン・・」

本当に寝ながら感じているか?と半信半疑でそのまま乳首で遊んでいたら

時々、スースーと寝息を立てたと思ったら

「ン・・・ンッ・・・ン・・」と感じている様子。。

試しにオマンコも手を伸ばして人差し指と薬指でパカッと開いてみたら

熱いドロドロの愛液が出てきた。

それを中指ですくってクリに触ると美弥子は反応している。

十分に濡れているので中指を入れたら美弥子の反応は更に大きくなった。

さすがに美弥子は起きていてアンアン声を出している。

俺「さっき中で出しちゃったけど大丈夫の日なんでしょ?」

美弥子「う・・ん。

酔ってたし気持ちよかったから・・ンン

  ッアン・・明後日にはアレがくる予定だから大丈夫・・だよ」

俺「美弥子は定期的にHする友達とかいるの?」

美弥子「いない・・ァン!よ・・久しぶりのHだ・・よ・・」

俺「へぇ?」

美弥子「中に・・出した・・・のも初めてだし。

アン!

  でも温かいのがビュビュって出てくるのが分かって気持ちいいね!」

俺「美弥子は感じやすいの?こんなに濡れてるよ」

美弥子「う・・・ん・・生理前だし今日はスゴイ感じ・・・る」

俺「そろそろ入れていい?」

美弥子「そのまま入れて・・・」

正常位で奥まで入れると美弥子の反応も更に大きくなり

俺「奥が感じるの?」

美弥子「ァン!奥に当たる・・スゴイ気持ち・・いい」

クリを触りながら奥まで突くと隣の部屋まで

聞こえるんじゃないかってくらい声が大きくなった。

美弥子「アアッ!!ンンアア!ダメ・・!ァッァアアッァアアアアン・・イキそう!・・」

俺「美弥子のイク顔が見たいから・・」

美弥子「ダメダメダメ!!ァァアン!アンッ!イクーッ!イクイク!」

オマンコがギューっと締りビクビクと

痙攣したと思ったら急にオマンコが緩くなった。

美弥子「スゴイ・・こんなに気持ちいいの初めて・・」

俺「まだ中がヒクヒクしてるよ・・」

美弥子「次は後ろから入れて・・・・」

美弥子をバックの体勢にかえてオマンコを見ると、

さっき出した精子と美弥子の愛液が混ざった

白濁汁でオマンコ周辺がベタベタになっている。

ふとチンコを見たら白濁汁が付いていてカリの部分には白いカスが付いていた。

それを美弥子に見せたら「イヤラシー」と言いながら口に咥えた。

俺の頭の中は美弥子はこんなにスケベな女だったのか・・・と少々驚いた。

きれいに口で掃除してもらってから

バックから入れるが先っちょだけ入れた状態で軽く動かす。

すると美弥子はじれったいのかお尻を突き出して深く入れようとするが、

俺は腰を引いて深くは入れないように逃げる。

美弥子「ぃや~。

早く入れて」

俺「入ってるよ」

美弥子「もっと入れて・・」

俺「何をどのようにして欲しいか言って」(ベタだが一回言ってみたかった )

美弥子「・・ぉ んこに・・・おちん ん・・深く・・・入れてぇ・・」

俺「もう1回大きな声で言って」と言いながら抜ける寸前まで腰を引く

美弥子「ぁぁ?・・美弥子のおまんこに○○の硬いおちんちんを深く入れて子宮をグリグリして~!」

おいおい・・・そこまで言えなんて誰が言ったんだ? 

一気に根元まで深く入れた

美弥子「ァァアアアア!おちんちん熱い!あうぅ!」

そこからストローク量を小さく奥まで突くように腰を振ると美弥子は本日3回目の絶頂を迎える。

美弥子「ぁぁああ?!またイキそう!ンァン!ダメッ!イクイク!イクよ!」

そのまま枕に顔を押し付けてぐったりと倒れこんでビクビク痙攣している。

しばらく放置していると美弥子が起き上がってチンコに手を伸ばしてきた。

美弥子「私ばっかイってるね  口でイかしてあげるね♪」

と言いベタベタの肉棒を口に含んだ。

2回目で余力が残ってたが、この舌技ではすぐにイってしまいそうだ。。

俺「おぉぉ。イキそう・・」

美弥子「かおひかけかいならかけへひひひょ(顔にかけたいならかけていいよ)」

俺「いや・・・このまま・・イクよ」

美弥子はコクっと頷いて喉奥まで肉棒を飲み込み

ジュポジュポと激しくペースUPし始めた。

俺「うぉ・・・イクイクイク・・・」

ビュッ・・・ビュッ・・ビュ・ピ

美弥子「おぉ・・ひっぱひげかね(いっぱい出たね)」

美弥子は躊躇いなく飲み込んでから、また口に含んできた。

美弥子「奇麗にしなきゃね?」

俺「う~ん。

くすぐったい」

美弥子「ちょっと我慢してね」

しばらくしたら俺の肉棒がだんだん硬くなってきた。

スゲ。。

高校の頃でもイッたばかりでは勃たなかったのに 

美弥子「なんか硬くなってきたよ」

俺「うん。

美弥子のフェラ上手すぎ もうちょっとでMAXになるから続けて」

すると美弥子は突然、チンコを口から離して俺の下半身へ跨ってきた。

俺「どした?」

美弥子「入れたくなってきた 入れていい?」

当然だが断る男なんていないので、そのままズブリ。

美弥子「美弥子のココで硬くしてあげるね」

俺「頼んだ 」

美弥子は後ろを向きお尻を俺の方に向けて

結合部が良く見えるように腰を振っている。

オマンコからは相変わらず白濁汁が出ていて俺のチンコにベッタリと付いている。

そんな視覚を受けてか俺の肉棒は硬くなってきて、ほぼMAX状態。

そのままズブズブと犯されていたのだが、

普段なら2回出したらご馳走様なのだが

美弥子のオマンコはこれまでに経験してきたオマンコを覆す様な気持ち良さだ。

俺「うおぉ。美弥子のオマンコ スゴイ気持ちいい。」

美弥子「ホント?・・ンンッ・・○○のちんちんもスゴイよいつまでも硬いから大好き・・ァアン・・」

美弥子のオマンコは締め付けがキツイが

俺の精子と美弥子の♀汁のおかげでヌルヌルと潤滑されて超気持ちいい。

俺「そろ・・そろイキそうになってきた・・」

美弥子「アン!・・スゴイ・・ンァッ・・・アン・・いっぱ・・い出して・・・奥で・・」

俺「また・・中に出・・していいの?」

美弥子「ちょうだい・・ンンッ・・・ァァアアン・・」

俺「あぁ。

出すよ・・中で出すよ・・うぉっ」

ビュッ・・ビュルッ・・ビュッ・・

美弥子「あぁ・・中で出てる・・・温かいのが出てる・・うぅん・・・・」

俺「出てるの分かる?」

美弥子「う・・・ん。

温かいのがピュッピュッって奥にかかる感じが分かる。

癖になりそう 」

翌朝、俺が目を覚まして美弥子を見たら

オマンコから昨日出した精子が流れている。

それを見たらまたムラムラしてきて朝立ちのまま前戯無しで挿入。

美弥子「ん・・・ん・・あれ?入れてるの?」

俺「おはようございます 」

美弥子「ちょっと・・アン!ッァアン!朝からン・・アアァ・・」

俺「朝立ちのまま入れちゃった  美弥子の中グチャグチャだよ」

美弥子「朝立ちって・・・な・・んか昨日より硬いヨ・・ァァアン!」

美弥子のオマンコの中は昨日出した精子が溜まっていて中はグジュグジュだった。

まるで牛乳の配分を多く間違えたゆるいフルーチェみたい。

 

ヌチャヌチャッヌチャ

俺「美弥子のオマンコからいやらしい音してるね」

美弥子「なんか中がグジュグジュしてる感じがする・・」

俺「気持ちイイ・・あーそろそろイキそう・・」

美弥子「私もイキそう・・もっとシテ・・ァァッァアン!」

スパート体勢に入り美弥子は奥が感じる事を思い出して奥を集中的に攻撃すると

美弥子「アアアァアァァアアーーー!スゴイ!ンンァアァアア!昨日より奥に・・イクイクイク!イクーー!」

俺「俺もイクよ・・ぁぁあ!!」

ビュッ・・ビュ・・・ビュッ・・・

美弥子「ハアハア・・・あぁ・・奥で・・」

気が付いたら2人とも汗だくなのでシャワーを浴びてチェックアウトの準備。

美弥子が下着姿になったのを見て気が付いたのだが

昨日は美弥子の下着姿を見ていない。

新鮮味があり、またムラムラしてしまった。

 

そっと美弥子の後ろに近付きオパイを揉みながら

ショーツの中に手を入れると濡れている???

そっと美弥子の後ろに近付きオパイを揉みながら

ショーツの中に手を入れると濡れている???

俺「何で濡れてるの?」

美弥子「ちが・・洗っても洗って昨日と今朝出したのが出てくるの・・」

俺はパンツを脱いで美弥子のショーツを少しズラしてから

立ちバックの状態で入れてしまった。

美弥子「ちょっ・・ちょっと!帰らない・・ンァアン・・の?・・アァンアアン・・」

俺「漏れてるからフタしてあげるよ 」

美弥子「ちょ・・ンン・・まだ出来るの?・・アッァアン・・」

俺「美弥子のオマンコと俺のチンコ相性いいと思わない?」

美弥子「私・・アンァアア!も・・こん・・なの初めて・・・ンンッ・・」

俺「だろ?ほらお尻を突き出して床に手をついて」

美弥子「え?うん。

・・アッァァッァッァァッァァァッァァッァァッランアッァァ・・スゴイ奥まで・・アァアァアァン!」

俺「コレだと奥まで入るでしょ?」

美弥子「スゴ・・・イ・・アッァッァンアァッァンァァアアン・・イク・・イキそう・・イクイク・・イク!」

美弥子がイクのとほぼ同時に俺も美弥子の中へ射精した。

ホテルをチェックアウトしてタクシーを拾い帰宅中に美弥子が一言・・・

「うぅ・・また出てきた・・」

そのまま美弥子の部屋へ行き、その日の昼まで2回のHを満喫して

その後に美弥子とは定期的に会ってピルも飲ませてHしています。

美弥子は顔はそこそこ可愛い方だが、

婚期を逃して彼氏もいない生活が長く、

いきなりこんなHをしたので開花してしまったらしい。

俺も病みつきになりそう。