淫乱な人妻さんにソファーに座ったまま僕は脱がされて・・【セックス体験】

その日友達3人と人妻3人とのランチ合コン。

俺達はナンパや出会い系、そしてジムや教室など、

ありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた。

熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、

若妻快楽世界など人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた。

若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がはやっていて、

やっと都合が会う機会ができたので、

念願の合コンを迎える事ができた。

人妻は夜出るのが難しいらしい。

僕は支度に手間取ってしまい、

車で行くより電車の方が早いと判断。

電車に飛び乗り、会場のカフェへ。

食事も始まり、気が付くとワインボトルが4,5本空いている。

人妻という響きに、

いろんな事を想像して挑んだ合コンも、

いいお友達のできあがり。

みんなで仲良くライン交換して解散。

駅に向かう為来た道を戻る。

そこを1台の車が通りすぎて停車。

横を通り過ぎようとした時、

「アキラ君!」  

赤いプジョーの中から呼び止められる。

「あっ!弥生さんじゃないっすか びっくりしたー!」

弥生さんはさっきの合コンに参加していた、僕の8つ年上の人妻さん。

白のワンピースにカーディガンが似合っていた。

スレンダーで、顔は加藤あいを大人にした感じか

「アキラ君駅行くの?」

「ええ、でも顔真っ赤なんで、パチンコでもやって酔い覚して行こっかななんて」

「そうなんだ 私○○に用があるの アキラ君の家その辺だったよね?」

車に乗り込み送って頂く事に

さっきの合コン話をしながらのドライブ

僕は車内の暖かさと酔いのせいもありウトウト・・・

ポンポン 肩を叩かれ目を覚ます

「はっ!すんません 寝ちゃいました!・・・」

キョロキョロ周りを見ると、そこは見た事も無い薄暗い駐車場。

「ココ私のマンションの駐車場よ。

あまりにも気持ち良さそうに寝てたから起こすのためらっちゃって。

コーヒーでも飲んでいかない?」

寝ぼけまなこを擦りながら室内へ(ドキドキ)

ソファーに腰掛けコーヒーを出される(ドキドキ)

「ごめんね ビックリしたよね」

「えっええ 大丈夫ッス(ドキドキ)」

僕は緊張していた。

 見た事も無い旦那に申し訳無く、まるで間男。

全く落ち着かない時間を過す(相変わらずドキドキ)

コーヒーのおかわりを注いでくれた時、ワンピースの胸元が開いた。

「アッ・・・!!」

バカな僕は声を出してしまい弥生さんに気付かれる。

「ゴメン 変なモン見せちゃったね」

胸元を押え弥生さんが照れながら言う(マジカワイイイ)

「いやメチャラッキーでしたよ 今日のオカズにします」(バカ)

「・・・」(ヤベッ 引いてるし)

「アキラ君彼女は?」

「いないッスよ、右手が恋人。

左手が愛人ですもん」(なぜか自信満々)

「・・・」(また引かれたか!?)

「嫌だなぁ黙らないで下さいよ~」(汗)

しばらく沈黙が続き弥生さんが豹変する。

弥生さんがゆっくり僕に近づき、首筋に吸い付く(うぉっ!) 。

首筋への舌使いとシャンプーの香りが、僕の理性を完全にふっ飛ばす。

「いいよね」

弥生さんが耳元で囁き、答える間もなく舌がニュルっと(!!)

クチュ・・はぁ・・ウンッ いやらしい音と弥生さんの柔らかい舌・・・

チンポは反応し、チンポ汁は出まくり(ハアハアハア)

ソファーに座ったまま僕は脱がされ、パンツ1枚の姿に。

弥生さんは目の前にひざまづき、僕の乳首を舐める(ううっ!)

チロチロチロ・・・小さい舌が上下左右に這い回る(キッモチイイー) 

そして腋へ・・・クンクンクン「私男の人の匂いって大好きなの」(フェチ?)

弥生さんはトロンとして潤んだ瞳で僕を見つめながら下へ、

パンツの上からまたクンクンクン(結構ハズカシイ)

第一チンポ汁で染みができているパンツの上からパクリ(フガフガフガッ)

弥生さんはいたずらに微笑み、パンツを脱がせる。

汁まみれのチンポがこんにちは。

鼻先を付けて匂いを味わっているようだ。

「クンクンクンクン・・・はぁ・・・クンクン・・・あぁ」完全にイッてる

離した時、鼻にチンポ汁がビローン(エロッ)

「ぼっ僕今日風呂入ってないッスよ」

「ううん 大好きこの匂い もっとイイでしょ?」

両足をソファーに乗せられ、人生初のM字開脚(メチャハズカシイ・・)

弥生さんの鼻は竿から玉 そしてアナルへクンクンクン・・・

僕は興奮と恥ずかしさでいっぱいいっぱい。

ウンコ臭くありませんように、ウンコ臭くありませんように・・・

ひたすら祈った(汗)

「ああぁもうダメッ!」

言ったと同時にアナルドリル(ウホッ)

「あっ、ちょ、ちょっと弥生さん あ~だめッス アフッ」思わず声が漏れる。

弥生さんは何かにとりつかれたかの様に舐める・ほじるを繰り返す。

舌を尖らせ、突いて突いて舐めまくる事を繰り返し竿へ。

すでに矢吹Jのごとく真っ白になっている僕(力がハイリマセン)

ジュプッ、ジュポッ、ジュプッ 超ディープスロートで竿を飲み込む弥生さん。

咥えたまま「・・・アッ、ワタヒモヌガヘテ・・・」

脱がすとそのまま立上がり挿入 ズプッ

「あ゙ーちょちょちょっと!やばいッスよ生じゃ!」

「アン・・・ワタシ・・・アッ・・ヘーキ・・ンンンン」

髪を振り乱しガンガンに腰を振る弥生さん。

「アー、ウン、ハアッ、ハアッグッ、アン」

目の前で揺れる手のひらサイズのオッパイ。

「ねぇ・・・気持ち良い?・・・ンアッ・・・アタシのアソコキモチイイ?」

「アッ、ハッ、イッイッチャウ、イッチャウヨ、アアアアッ・・ッガ、アハッ、ハッ、ハッ」

グッタリしている弥生さんを下にし、ウツベシッ、ウツベシッ、ウツベシッ

「ヤバイッス、も、もう出ます」

「アタシそれ飲むの・・・飲みたいの・・・いっぱい欲しーの・・・」

口を大きく開け、舌を出している弥生さん。

「・・あ゙ーっ、あっあ゙ー」

オムアンコから抜取ると、弥生さんの口に放り込む。

半端無い量が出たと思う いつまでもドクッ、ドクッ、ドクッと・・。

弥生さんはそれを1滴も溢さずゴクリ。

帰りはちゃんと送ってもらう事になり、僕が運転

弥生「また逢ってくれる?」

僕「もちろんッスよ!」

弥生「ウレシッ!」

僕「アッ、運転中はマズイッスよ~」

ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ・・・

イク時は、走行中を避けましょう。

瞬間、視野が狭くなり危険でした(大汗)

僕は昼間自由が利くので都合が良いみたい。

それから僕の愛人生活が始まった。