憧れていた兄嫁のおまんこ

兄嫁は中学時代に結婚したが、高校卒業後2年程での結婚であったから、わたしより5歳年上ということになる。
兄が田舎の家に兄嫁となる女の人を連れてきた時、都会的な服装に包まれたスレンダーなからだつきをまぶしく見た覚えがある。
夏の暑い日だったので、当時はミニスカート全盛で短めのスカートから露出する太腿、
その上のかげりを瞬間に覗き見するようにちらっと視線を向ける僕は、そのころ男女の営みとかも全然知らない状態で、身近に観る若い女の人への憧憬が動機であった。
部屋にはいったとき、昼寝をしているその女の人を見つけたが、ピンクのサッカー地のワンピースの裾がはだけて、意外にむっちりした太腿を見て、ドキドキと胸が高鳴り、顔を上気させながら見つめていた。

部屋の外には他に家の者のいる気配はなかったが、いつ起きて変な目で見られるのも困るので、少しでも目に焼き付けようと足首から、膝、太腿の内側から脚の付け根のほうにゆっくりと視線を移していった。

ワンピースに隠された部分がどうなっているのだろうと想像しながら、視姦するように恥骨のある部分、おなかの寝息に伴うよううねるような動きを、汗ばんだ身体で見つづけていた。

兄夫婦のアパートに来て5日になる。

今回は大学受験のため、少しはやめに居候を決め込んだ形となった。

結構、競争率の高い学部の受験なのでイライラがつのっていた。

昼間は追い込みの参考書に目を通し、気分転換に兄夫婦の小さな子供と遊んだりした。

はじめて兄嫁を見たときに比べて、子供を産んでからは、兄嫁のからだつきは腰の

あたりに丸みを帯び、台所で炊事仕事をする後姿をみるとふくらはぎから太腿、お

尻から腰にかけて格段に若妻の熟れたからだに変化してしまっていた。

保育所に子供を預けて帰ってきた兄嫁は額に汗いっぱいで、「なんか冷たい飲み物で

も一緒に飲む?」と本を読んでいる僕を覗き込んで微笑んだ。

「ちょうど、喉がからからに渇いていたんだ、ありがとうお願いします」と答えて、

本を置いて、テーブルに腰掛けて待った。

「はい、どうぞ、召し上がれ」、グラスに冷たい飲み物が入れてあって、グラス全体

が汗をかいたように水滴が一面についていた。

外出から帰ったばかりなので、兄嫁の首筋は汗でまだ濡れた肌をしていた。

「ふ〜、疲れが飛んでいきそう」といって、微笑みかけてきた。

「毎日、ご苦労様です。家庭の主婦も本当に大変なんだ・・・。

それに僕みたいな居候が少し前から居着いているし・・・」と申し訳なさそうに、

兄嫁に話した。

しばらく取りとめもない話をして、その間、兄嫁がしきりに首を左右に曲げたり、

肩をすくめるしぐさをするので、

「おねえさん、肩が凝ってそうだね。さっきから首をいろいろ動かしてるから・・・」

と聞いた。

「そうなのよね、最近、肩が重だるくて、これって肩こりっていうのかしらね」と返事した。

「僕はおばあちゃん子だから、結構、肩こりのマッサージに関しては、結構鍛えられてるから、肩のマッサージしてあげようか?」

と、兄嫁の首筋から肩にかけて見た。

「う〜ん、お言葉に甘えて、お願いしちゃおうかな。でも、外出したばかりで汗いっ

ぱいかいてしまってるけど、ごめんなさいね」と兄嫁は返事した。

「それじゃあ、畳の上に座布団を敷いて、座ってください。それとタオルがあれば、普通サイズとバスタオルを・・・」と僕。

兄嫁はタオルを用意して、座布団にお尻をつけるように座って、左右の足を外側に

投げ出すような格好になった。

「それじゃあ、すこしだけお願いね」と兄嫁。

肩にタオルを置いて、まず首筋から親指で押さえながら揉んでいった。

「頭を前に倒して」
というと、お腹の方を覗き込むように首の骨が浮き立つくらい頭を前に曲げた。

髪の付け根から4本の指をこめかみにおいて、親指でゆっくりと窪みを押さえた。

「んうう〜ん。それってすごく効く」と兄嫁。

「やっぱり、結構なものだよ。背骨を中心に首から腰まで凝っているんじゃないかなあ?たまには兄貴にマッサージをしてもらわないとだめだよ」と僕。

昼間の部屋で二人きりでマッサージを受ける兄嫁と、マッサージをする義弟の僕。

アパートの日当たりは悪く、昼でも電気をつけなければ、部屋は少し薄暗い。

そういえば、兄嫁が帰ってから部屋には明かりをつけないまま。

薄暗い部屋で兄嫁の首筋、肩を後から擦っている僕。

「それじゃあ、今度は少し痛いかも知れないけど、ちょっとだけ我慢してね。うつぶせに寝てくれる? 座布団の上にお腹をのせて、両肩の力を抜いて、両手は身体の脇においてね」と僕。

「バスタオルを背中にかけるから」といい、ワンピースの上にバスタオルを重ねておいた。

こうすると、背中の広がり、腰からの曲線、お尻の膨らみが協調されて目の前に横たわる兄嫁のからだを上から見下ろす形になった。

肩先から腕の付け根にかけてゆっくりと揉みこんでいく。

何度も繰り返したあと、肩甲骨の内側を親指で上から下に動かしながら押さえていく。

ときどき、声にならない兄嫁の息づかいが聞こえる。

「痛かったらいってね、すこし弱めにするから」、

「うん・・・」気持ちよさそうに目を閉じて身を任せてくれている兄嫁。

「さっきもいったように、腰のほうも相当こっていそうに思うけど、どうする?今日は肩だけにしておこうか?」と僕。

「肩がすごく軽くなったから、お願いし様かしら、でも、貴重な時間だけど大丈夫?」と兄嫁。

「気にしない気にしない」と返事をし、手の平を腰のくぼみにあてがってしまってる僕。

「少しくすぐったいかも知れないけど、ちょっとは我慢して」

脇腹を、まずは軽くタッチするように腰骨から脇にかけてゆっくりと何度も往復させる。

「こうやると、少し緊張が取れてくるから・・・」、時々、お腹のほうに手の平を回して、ズリ上げるようにしながら、腰骨の窪みまで揉みこむようにしながら、少し強めにマッサージする。

微妙に太腿をくねらせて反応する兄嫁。

「腰の筋肉からお尻に繋がる部分のマッサージはどうする?これをやらなくっちゃ、ちょっと中途半端な感じになってしまうけど・・」と僕。

「おねがい」と小さな声の兄嫁。

腰骨の出っ張りから、窪みにかけて何度も揉みこみながら、お尻の二つのふくらみに手の平をかぶせる。

左右対称に右のふくらみは右回りに、左のふくらみは左回りにゆっくりとお尻の肉を回転させる。

お尻の谷間に両手の指を平行になるようにして並べて置き、左右にゆっくりとひろげるようにお尻のふくらみを移動させる。

お尻のふくらみの頂上を親指を当てて、骨盤に向かって押し付けるようにして圧迫する。

お尻のふくらみをもみ込む手の平が時々、太腿の付けねに触れるたびに、お尻の山が高くなるのがわかる。

お尻のふくらみのふもとを、手の平で掴みながら、上のほうにゆっくり移動させ、意識的にパンティーのクロッチの部分に親指が触れるか触れないかでタッチするように手の動きを持っていく。

じっとして、マッサージを受ける兄嫁。

「まだ、腰の部分に凝りが残ってるけど、もう少し続ける?」と僕。

「もう少し、お願いするわ」と兄嫁。

「それじゃあ、少しだけ太腿を左右に開いてくれますか?僕が脚の間に入れるくらいに」と僕。

ゆっくりと脚を広げる兄嫁。スカートがはだけて、パンティーが露出する。

「それじゃあ、少し腰を浮かせてくれる。そう・・そのくらい」といって、目の前に突き出されるお尻をみながら、右膝を脚の付け根の根本から恥骨の前面に差し込んでいく。

「ちょっと、抵抗あるかもしれないけど、この姿勢が一番、効くから」と僕。

先ほどと同じように、お尻のふくらみに強弱をつけながら揉みこんでいく。

ときどきお尻をうごめかすようにして、反応する兄嫁。

お尻のふくらみを押さえながら、差し込んだ右ひざを少し浮かすようにする。

自分から恥骨を擦りつけるように動かしてくる兄嫁。

この頃には遠慮なく会陰部に指を走らしてしまっている僕。

手の平を刀のようにして指先をそろえるようにして、会陰部を指を震わせながら後から前、前から後へと小刻みに動かしている。

時々、洩れる吐息。

白いパンティーにほんのりにじむ染み。

手の平を会陰部にあてがって、押さえたり離したりして、時々中指の腹でちょうどクリトリスのあたりを関節を曲げながら押さえつける。

ビクンと身体を反応させてしまう兄嫁。

「肩から腰にかけて結構、こってたけど、これで軽くなるんじゃないかな?」と一旦、兄嫁の身体から離れる。

僕のペニスはさっきからどうしようもないくらい、怒張し、張り裂けるように律動を繰り返し、先走りが次々に出る感覚がさっきから続いている。

だまって、うつぶしたままの兄嫁。

沈黙。

薄暗い部屋にふたり。

「よければ前のほうもこってそうだから、あと少しだけ続けようか?」と僕。

「お願いしようかしら・・・」小さな声でつぶやく兄嫁。

「それじゃあ、うわむきになって」と僕。

ゆっくりと身体を回転させて、うわむきになる兄嫁。顔に両手のひらをおいて、目を蔽っている。

「それじゃあ、前のほうのマッサージをするね」と、まず脇をまさぐるようにしながら、両手の指をうごめかす僕。

大胸筋の付け根の部分のスジから乳房の方向にゆっくり揉みしだいていく。

乳房のふくらみに手のひらをあてがい、ゆっくりと揉み込む。

揉み込みながら、親指と人差し指で布越しに固く大きくなった乳首を摘み、転がすように指を擦れあわせる。

顎を浮かせてマッサージに身を任せつづける兄嫁。

「胸は布越しでは効果少ないみたいだから、リラックスする意味で上半身裸になってもらってもいい?」と言いながら、返事も聞かずにゆっくりとボタンをはずしていく僕。

ブラジャーのホックを機用にねじってはずして、するりと今まで包んでいた乳房から取り去る。

小ぶりの乳房が少し固くなった乳首を反りたてるようにして、少し息が荒くなった兄嫁の胸の息づかいに同期して上下に切なげに動く。

じかに触る兄嫁の乳房。どれだけ長くあこがれ、想像してきたことか。

その兄嫁の乳房が、いま薄暗い部屋に僕だけのために胸をはだけた少し淫らな格好で二つの柔らかい膨らみがほんのり上気している。

てのひらを右乳房にあてがい、直に乳房を感じながらゆっくり回したり押したり摘み上げるようにして愛撫するかのようにマッサージする。

左乳房には指を爪を乳房のふくらみのふもとから乳首にかけて指を震わせながら何度も往復させる。

ビクンとまた身体を動かす兄嫁。

僕も兄嫁の横に横たわり、首筋から耳たぶまで唇を這わしてみる。

乳房は揉みながら、唇を重ねた。

歯と歯が当たるような兄嫁とのファーストキス。

ガチガチと音がするように兄嫁の口が震えている。

もう一度唇を重ねてみる。今度は唇がまとわりつくようになる。

軽く口を開けるようにして、自然に唇の近くに舌が覗いている。

乳房を激しく揉みながら、重ねた唇に舌を差し込んでみる。

舌先と舌先が当たる。兄嫁の舌の方から絡みついてきた。

目を見つめる。かすかに充血した目の兄嫁。

目をあわせて、今度はゆっくりと唇を重ねる。

兄嫁の両手が背中にまわってくる。上半身裸の肌を擦り合わせながら、畳の上でキスを、激しく吸い取るようなキスを繰り返す。

顔から唇をはなして、また目を見つめて、兄嫁の胸に顔を埋めてゆく。

乳房を掴みながら、乳首を唇に含む。

舌先で乳首の形を何度もなぞりながら、ときどき甘噛みをする。のけぞる兄嫁。

首筋、脇の下、お臍の周り、腰骨、腰の窪みに舌を這わせながら、太ももの内側をなぞる。

身を捩るようにして、時々腰をせり上げてくる兄嫁。

パンティーに指をもっていくと、すでにぐっちょりと濡れて、こびりついて布の下の構造がわかるくらいに引っ付いてしまっている。

布越しに形をなぞってみる。ビクンと反応する兄嫁。

一気に、下着をおろす僕。むしろ腰をあげて協力する兄嫁。

身体を下にずらして、兄嫁の両脚を大きくひらく。

目の前に、憧れていた兄嫁のおまんこ。がまんできなくて、顔を埋めてしまってる僕。

両太腿を抱えるようにして、思い切り左右に開いたまま、兄嫁のおまんこにかぶりつくように顔を伏せて、舌を使って掘りさげるようにして舐めている僕。

中指をゆっくり挿入しながら、クリトリスを舌先でつつく僕。

自分の乳房を両手で揉んでいる兄嫁。

挿入した中指をゆっくり動かす。周りから絡み付いて熱い粘膜に包み込まれてるのを実感する。

こんなだったんだ・・・。

「・・・ちょうだ・・・い・・」兄嫁からせがむような言葉。焦らす僕。

「まだ、こっているところが残っているから、四つんばいになって」と僕。

肘と膝をついて四つんばいになる兄嫁。真っ裸で、お尻のふたつのふくらみが強調されている。

後ろから顔を間に埋め込んでいく僕。

後の穴の周りから前の穴までクチュクチュいやらしい音を立てながら何度も舐めつくすようにして、口の周りをいっぱい濡らして会陰部に口をつけ舐め続ける僕。

お尻をうごめかし始める兄嫁。

「はやく・・・お願い。・・頂戴、ね・・・はやく・・・」と兄嫁。

後から二本重ねた指を一気に挿入する。背中を反らして、顎をあげ、ヒーと声にならない息遣い。

指の関節を曲げ、絡み付いてくる粘膜をかき分けながら前のふくらみを見つける。

押さえつけるようにして揉みこむ。

腰をグラインドし始める兄嫁。

下半身裸になる僕。

ペニスを掴んで、会陰のぬかるみにまぶすようにして前後に指で動かす。

クリトリスにペニスがあたるたびに、膝をがくんとさせる兄嫁。

あてがう。腰骨をつかみ後に引き寄せる。小陰唇をかき分けるようにして僕のペニスが兄嫁のおまんこに納まっていく。

これまでに経験したことのないような熱いものに包まれるペニス。

兄嫁が自分から腰を使い始める。擦れるペニスとおまんこ。

腰を動かすたびに、もれてくるいやらしいクチュクチュ音。

後から差し入れられて抜き差しされながら、腰をくねらせる兄嫁。

お尻におなかをぶつけるようにして何度も腰を叩くように打ち付ける僕。

兄嫁の顔が見たくて、上になるようにお願いする。

畳の上に横たわる僕。

兄嫁の膝がすりむかないように座布団を膝にあてがってあげる。

兄嫁が僕のペニスを掴んで、僕を見つめて、あてがってゆっくり腰をおろす。

また、兄嫁の体内に包み込まれる僕のペニス。

下から兄嫁の乳房を手のひらに包み、ゆっくりと揉みこみ、腰を突き上げるようにする。

膝を立て、かかとを上げた兄嫁が背中をそらして恥骨を擦りつけながら腰を前後に使い始める。

「してしまったね」と兄嫁。

「すごく気持ちいいわ。まだまだ時間あるから、このままずーとし続けましょうね」

潤ませた目で僕を見つめながら、だらしなく口を少し開いたすごくいやらしい兄嫁の姿を見た。