若い性欲はとことん私を楽しむつもりです..【セックス体験】

甥の修一君が春から下宿している。

この春から東京の進学校に通うことになり、

実家から通学するには遠いためだ。

修一君は家事一般が全て出来て、

母子家庭でバリバリ仕事をしている私にとっても便利でありがたい。

料理とか何も出来ないうちの娘とは大違い。

男気の無い我が家に潤いが出来た感じもして

楽しい生活が始まったはずだったのに・・・。

「お母さん、具合が悪いの?」

「ん?大丈夫よ。なんでもない・・・」

廊下を歩いていた娘が心配そうに聞いてきた。

「ねえ、修ちゃんが見当たらないんだけど知らない?」

「そっ、そういえばちょっとコンビニに行くって言ってたわよ。んっ・・・!」

本当は今、私を犯しているところ・・・。

何でこうなっているんだっけ・・・。

確かマッサージをしてもらっていたら気持ち良くなって寝てしまって・・・。

「しゅ、修一君、どうしてこんな事・・・」

「どうしてって、叔母さんが色っぽかったから・・・それに前からしてみたくて」

「こんな風にするものじゃないでしょ・・・あっ、やんっ!」

脚を抱え込んで膣内深くまで入れてきた。

“じゅっ、じゅっ、ぶちゅっ”

激しく出し入れしてくるから結合部から音がしちゃってる。

「やだっ、修一君。

そんなに激しくしないで」

「叔母さん、気持ち良くないですか?ボクのマッサージ」

「これマッサージじゃないでしょ。

しゅ、しゅういちくん・・・」

「ごめんなさい。

でも初めてで止められないんですっ」

謝りながら動きは逆に早くなった。

セックスするの久しぶりだから感じすぎちゃう。

「はぁん・・・あっ、あっ」

だめ・・・動かされると勝手に変な声出ちゃう・・・。

「もうだめだ・・・叔母さん、僕もう出ちゃうっ」

「そっ、そんな・・・」

私の中で修一君のオチンチンがビクビクした。

膣内に射精してる・・・。

修一君は、ぴったりと私のあそこにくっつけたままぐったりとなった。

「抜いて、修一君・・・赤ちゃんが出来ちゃうわ・・・」

「無理です。

力が入らなくて動けません」

「あ・・・修一君の・・・あつい・・・」

まさかこの歳で夜這いされちゃうなんてね・・・。

終業の頃、オフィスで先週のことを思い出していた。

もの思いに耽っていると部下の女の子が食事に誘ってくれた。

あんな事があってから家に帰りづらくなっていたので飲みに行くことにした。

「最近遅くまでお仕事大変ですね」

「今日は仕事じゃなくて飲みに行ってたのよ」

帰ると家事を終えた修一君が肩を揉んでくれた。

本当はあのこと以来、早く帰らないようにしていただけ・・・。

「修一君て、お料理上手なのね」

「ええ、母さんにしっかり鍛えられましたから」

「あの子はそういう事に厳しいからね?」

「おかげで自慢できる特技が出来ました」

「本当、うちの娘にも教えてもらいたいぐらいだわ」

「ところであの話なんですけど考えてもらえました?」

「・・・!」

肩をマッサージしてた手が胸を掴んできた。

「あの話って・・・冗談じゃなかったの?」

「酷いです、叔母さん・・・」

「あっ・・・」

胸を掴んでいた手が柔らかく揉んできた。

乳首の部分を摘みながら外側から挟み込むように。

「一週間ずっと待ってたのに・・・。

もう一度言わせる気ですか?」

「もう入学して何ヶ月も経ってるわよね。

私なんかより若くてキレイな子いるでしょ?」

「叔母さんじゃないとだめなんです」

そう言うと、後ろでガチャガチャとベルトを外す音がした。

振り向くと修一君が下半身裸で立っていた。

この前私を犯したものも一緒に・・・。

「やっぱり僕じゃ満足させられませんか?それとも恋人がいます?」

「いないわよ。

生活でいっぱいいっぱいだし・・・」

「じゃあ百歩譲って“セフレ”でもいいです」

「セフレって意味分かって言ってる?」

「はい。

僕、叔母さんとセックスがしたいんです」

「それはあなたのお母さんを裏切ることになるから、これで我慢して」

仕方なく修一君の性欲を手で処理してあげた。

溜まっていた修一君は少し擦ってあげただけですぐにいってしまった。

それがきっかけで、以来時々抜いてあげるようになった。

何回も抜いてあげているうちに私も少し大胆になっていた。

若い子をいたずらしている様ないけない気分になっていた。

手で抜いてあげるだけの約束が

フェラやもっと凄いことまでするようになっていた。

「フェラチオってしてもらった事ある?」

「ないです」

「とっても気持ちいいのよ。

叔母さんがしてあげる」

すごく硬い・・・ビンビンじゃない・・・。

唾液を口内に貯め、口唇をすぼめて口に含んであげた。

私ったらこんな若い子のをフェラするなんて・・・。

年甲斐もなく興奮して若さに溢れたものに奉仕した。

「叔母さんっ、それすごくイイ!舌が絡み付いてくる!」

「んっ、んふっ」

嬉しくなって激しくしちゃった・・・。

「あっ・・・、そんなに激しく吸っちゃ・・・もうだめっ!」

「んんん・・・」

若くて濃い精子が口中に出された。

最近の私、お酒よりも精子ばかり飲んでる・・・。

「はい・・・今日はこれで許してくれる?」

「うん。

やっぱり大人の人はすごいです」

「やあねえ、あっ、修一君また元気になってきた」

高校生の性欲は強く、大抵1回では済まなかった。

口でするのも疲れてしまったし、パイズリすることにした。

修一君のは長いので挟んでも先のほうが出てしまっている。

パイズリしながら先を咥えてあげるのがお気に入り。

2回目もすぐに来てしまった。

大量で勢いのいい射精は私の顔にかかるだけでなく床にも飛び散ってしまった。

「やあねぇ、こんな所まで飛んでる・・・」

綺麗にしようと思って床を掃除していると修一君がお尻を撫で回してきた。

「お、叔母さん・・・」

スカートを捲くって後ろからあそこを舐めてきた。

やだっ、今日はいっぱい奉仕してあげて濡れちゃってるのに・・・。

2回もしてあげたのにまだ溜まってるのかしら・・・。

「約束したわよね」

「はい、忘れてません。

でもやっぱりこの中に入れたい」

「そんなにしたいの?」

「このままだと・・・また襲ってしまいそうです・・・」

もともとセックスは嫌いなほうじゃない・・・。

私だって興奮しちゃってるし・・・。

「内緒よ・・・内緒だからね・・・」

「はい」

もう大きくなってるものをあてがうと、バックから一気に奥まで貫かれた。

今回は私が誘惑しているようなもの。

前回と違って高ぶっていたから快感が一気に襲ってきた。

「あ・・・叔母さんの膣内、すごく熱いです」

「またセックスできて嬉しい?」

「はい・・・動きますね」

「あっ・・・はっ、激しい!もっとゆっくり!」

興奮し切った修一君は私の腰をガッチリ掴んですごい早さで突いて来る。

修一君の腰が私のお尻に叩きつけられてパンパンと乾いた音がしている。

あの長いのが子宮を何度も叩いてきておかしくなりそう。

ダメ・・・すっごく激しいの・・・。

相手の事なんか全然考えてない・・・。

滅茶苦茶ガンガン突いて来る・・・。

「そんなに激しくしたら声が出ちゃう・・・娘がいるのよ・・・」

「ごめん、叔母さん。

でも、もう出るから大丈夫」

「修一君、今度は外に出してね」

聞いているのか分からない。

とにかく激しく突いてくるからそれ以上何も言えなくなった。

激しい突きに耐えるので精一杯。

おかしくなりそうだった。

「あああ・・・でっ、出るっ!」

「だめっ!外に出して!」

「くうっ・・・」

バックからおっぱいを鷲掴みにして最後の一突きをした瞬間、

膣内で射精が始まった。

一番深いところで若くて濃い精液を出されてる。

言葉とは反対にその射精を私の子宮が喜んで受け入れていた。

ああ・・・セックスが素敵だって思い出しちゃう・・・。

「ああっ、すごい・・・熱いのがビュルビュル出ちゃってる」

「ごめんね、どうしても我慢できなかった」

「もう休ませて。

久しぶりで疲れちゃった」

「無理です。

こんな素敵なこと一回じゃ満足できません」

“内緒にするならしてもいい”

と許しを出してしまったから、

若い性欲はとことん私を楽しむつもりです。

結局その日は朝まで眠れませんでした。

妹の子供なのに、

これからも時々セックスの相手をすることになるのかな・・・。

正常位で無茶苦茶に突きまくられながら思いました。