定期的にあって私を抱いて下さい..【エロ体験告白】

福岡の玄関口、福岡空港での一時を書きたいと思います。

出張で福岡へ行き、その帰り、

早めに空港についたので、

待ち時間の間に仕事を片付けようとラウンジへ行きました。

ラウンジへ入り、

平日の真昼間だったこともあり、

人がほとんどいませんでした。

メールチェックを済ませ、

トイレへ行くと綺麗系の一人の女性(20代前半くらい?)

があたふたしていました。

「どうしたんですか?」

と聞くと、

「トイレを使いたいけど、故障してるみたい。。。もう我慢できないのに。。。」

と困惑していました。

ラウンジの女性スタッフに相談しようにも、

フロントにスタッフがいなかったため、

相談できないでいると言っています。

かなり切迫していたし、人も少なかったので、

「私が見張ってますから、男性用トイレを使ったら?」

というと、

「え?良いんですか?助かります!」

と言い、そそくさと男性用トイレへ入っていきました。

私も小を済ませるため、トイレへ入り、

用を済ませると、

さきほどの女性が大用トイレから出てきました。

目があい、お互い照れていると、女性が

「本当に助かりました!なんとお礼を言ってよいか」

と言ってきたので、冗談半分に

「じゃあフェラでもしてよ♪」

と言うと、びっくりしていました。

(まぁ正常な反応ですよね^^)

冗談だということを言い、

出ようとするとドアノブが動き、

人が入ってこようとしています。

二人ともあわてて顔を見合わせ、

個室トイレが空いているのに気づき、

二人して思わず飛び込んでしまいました。

息を潜め、さっきの男性が出ていくのを待っていると、

彼女が耳元でささやきました。

「さきほどのお礼の件、私でよければ。。。」と♪

これも何かの縁と思い、

彼女に下部を触らせると、

丁寧に服の上から擦ってくれます。

そうこうしている内に、

私の愚息もムクムクと大きくなり、

彼女はついにジッパーを下ろして、

直接触ってきました。

最初手で弄んで、そのままお口へ♪

口が小さいのか、少し苦しそうでしたが、

丁寧にぺろぺろとエロく舐めてくれます。

私も彼女の胸を触っていると、

彼女がおもむろに立ち上がり、キスしてきます。

そのまま服をたくし上げ、

ブラをはずすとCカップほどのきれいな、

本当にきれいな胸が目に飛び込んできました。

そのまま乳首に吸い付くと、彼女は

「あっ♪ん♪」

と声を殺しつつも感じていました。

私はこのままいけるな♪と思い、

彼女のスカートの中に手をやると、

もうぐっしょり。

そのまま下着を剥ぎ取り、

トイレの上で股を広げ、クンニ開始♪

クリなどを舌先で可愛がると、

なんとも可愛い声で鳴きます。

少し声が大きくなってきたので、

キスで口をふさぎ、指マンを楽しんでいると、

「ホシイ…入れて…」

と声にならない声でささやいてきます。

よっしゃと思い、そのまま愚息を挿入。

もちろんゴムなんて持ってません。

生入れです。

ラウンジのトイレということもあり、

あまり激しくもできず、ゆっくり動いていると、

彼女は私の腰に足を絡めて、離れようとしません。

しばらく生マンを楽しんでいると、

射精感が高まってきて、

どこに出そうかと悩んでいると、彼女が

「いきそう。。。ねぇお願い、一緒にいって。中で良いから一緒にいって!」

と言ってきます。

もうどうにでもなれと思い、

思い切り彼女の中で果てると、

彼女も私の子種たちが放出されるタイミングで

私に思いっきり抱きつき、ピクついていました。

愚息を抜き、白濁液が出てくるかと思ったら、

いまいち出てきません。

相当奥に放出してしまったようです。

彼女はまだボーっとしたまま、

目の前にある私の愚息を

お口できれいに後始末してくれました。

お互い気持ちよかったと言い、

そろそろ出発の時間も迫ってきてたので、

辺りを見回し、彼女をトイレから脱出させ、

ラウンジを後にし、別れました。

予定の搭乗機に無事乗り込み、座席で新聞を読んでいると、

「奥の席、良いですか?」

と女性の声。

なんか聞き覚えのある声だなと思い、

ふと顔をあげるとさきほどの女性。

はい、なんとまぁ偶然にも同じ搭乗機かつ隣の席だったのです。

お互い最初は驚いていましたが、

後ろがつかえていたので、

彼女を奥の席へ通し、腰を下ろすと、彼女が

「さきほどは失礼しました。でも良かったです♪」

とうれしいお言葉。

機内で話をしていると、これもまた偶然。

同じ目的地でした。

私はさっきの一時がわすれられず誘いたいなと思っていると、

彼女の方から

「このあと何かご予定あります?」

と小声でささやきます。

もちろん断る理由もなく、OK。

しばらく機内で目的地まで話をしていると、

彼女がとなりでもぞもぞしていました。

聞くと、さきほどの情事で放出した我が子種たちが、

出てきたとのこと。

目的地の空港到着ロビーでお互いの荷物を受け取り、

そのままタクシーで空港近くのホテルへ向かいました。

もちろんダブルの部屋を取り、

あたかも彼氏・彼女かのようにチェックイン。

部屋に入り、話を聞くと、

遠距離恋愛の彼氏(福岡の人らしい)と別れたばかりだったとのこと。

もちろんこちらは中出しのことが気になっていました。

そのことを切り出そうとしたとき、彼女から

「また欲しくなっちゃった。結婚されてるんですか?こんな私でよければ、セフレでも構いません。定期的にあって、私を抱いて下さい。」

と言ってきました。

よくよく話を聞くと、

元彼の習慣でピルを飲んでおり、

妊娠はしないとのこと。

もうそれからは話よりも体で語り合おうと思い、

翌朝まで5ラウンドオール中出しを楽しみました。

連絡先を交換し合い、

また近日中に会う約束をし、

ホテルをチェックアウトしました。

それからというもの、彼女と会うたびに中出し三昧。

順番はかなり違ってますが、

そろそろ正式に交際をしようと思います。

長々と駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。