私の鼻の中は彼の唾液でベチョベチョです【エッチ体験談】

それは、元カレはHの時ペロペロと私の鼻を舐めてくるんです。

それだけならともかく、

穴の中まで舌を入れてグチョグチョベロベロ舐めてくるんです。

なので私の鼻の中は彼の唾液でベチョベチョです。

しかも鼻毛は全部抜いておいて欲しいと頼まれて、

もともとそんなに濃くはなかったので切っていただけだったのに、

仕方なく涙を流しながら全部抜いてツルツルにしました。

最初は変な感じであまり好きではなかったんですが、

Hの時は必ず鼻舐めされていたので、

気がつくと私は鼻の穴で感じるようになっていました。

もちろんオマンコも大好きですが、

結局、最終的には鼻の穴を舐められるだけで

イケる体にされてしまったんです。

元カレいわく「俺は鼻フェチなんだ」って言ってました。

後から聞いた話ですが、

私を好きになった理由の一つは、

鼻の形と鼻の穴の形、

そのバランスがよかったからで、

付き合い始めた頃から

早く私の鼻の穴を舐め回したくて仕方なかったそうです。

それを知った時は、私の事そんな目で見ていたんだと思い、

なんかオマンコ丸出し状態と同じような気がして

すごく恥ずかしい気持ちになりました。

褒められているのか、素直に喜ぶべきなのか、

複雑な気持ちでした。

そしてそんな体にされてしまった後は、

私の方からせがむようになっていました。

元カレの舌は長くて、先を細くできるみたいで、

鼻の穴の奥まで左右交互にグイグイ舌を入れてきました。

私は「もぉ~鼻の穴が大きくなっちゃうじゃん」

と口では言っていますが、

本当は気持ち良くてたまりません。

オマンコもグチョグチョです。

気がつくと

「気持ちいいよ~、(鼻の穴の)もっと奥まで入れて~、もっと激しく突いて~」

と叫んでいました。

そして彼は鼻を舐め回しながら

オチンチンをオマンコに入れてきます。

同時に責められると失神してしまいそうなほど

(実は何度か失神してしまった事があります)

気持ち良くて、私はすぐにイッてしまいました。

それから彼は発射しそうになると、

オチンチンの先を私の鼻の穴にグイグイ押し付けて来ました。

もちろん入るわけありませんが、

入りそうな勢いで腰を振ってきます。

出来る事なら入れたいと言ってました。

で、私はまた叫んでしまいます。

「いい!気持ちいいの!もっと突いて~!

リナは鼻の穴で感じてしまう変態女です!

精液リナの鼻の穴に入れて~!」

と狂ったように叫んでいました。

そして彼が

「もうイキそうだよ、リナ。また鼻の穴にぶち込むよ!

アッ!イクイク!リナ!リナー!」

って叫びました。

そして次の瞬間、大量の精液が私の鼻の中に流れ込んできました。

そのいやらしい匂いに興奮して私はまたイってしまいました。

少し落ち着くとズズッと鼻水を吸うみたいに吸ってゴクッと飲み込みますが、

やらしい精液の匂いがしばらくとれなくなります。

会社で仕事をしていても、

ふとした時に鼻の奥からやらしい精液の匂いがプーンとしてきたりして、

興奮してオマンコが湿ってしまいます。

そんな瞬間がたまらなく好きでした。

時々我慢できずに、

そのまま会社のトイレに駆け込んでオナニーしていました。