姉弟みたいな従姉が露天風呂でフェラしてくれた | エロばな エッチ体験談まとめ

姉弟みたいな従姉が露天風呂でフェラしてくれた


母方の兄の一人娘の従姉は僕より8つ上の48歳。
バツイチで息子が1人。
僕もバツイチ、子供はいない。
幼い頃は千葉の我が家に居候して大学に通っていたこともあり、姉弟みたいな関係だった。
今は僕が仕事の都合で九州にいるので、もう10年は会っていない。
ちなみに従姉はCAをしていたので容姿は悪くない。

ある日、突然LINEが来た。
従姉も九州に移住しようかなということだった。
もう親戚身内も亡くなり、そこに住む理由もなく、持ち家を処分して九州へ引っ越すということだった。
僕は一度様子を見に来たらいいと返事をした。

それから2ヶ月が経ち、従姉が空港に着いた。
昼前の便だったため、腹ごしらえをし、我が家に到着した。
夕方は温泉にでも連れて行き、ゆっくりしてから食事するつもりだ。

我が家から車で30分の所に温泉がある。
7時前になり、出発した。
何軒もある温泉だが、僕のお気に入りは家族風呂のある温泉で、人数に関係なく2時間2500円。
6畳の部屋に、テーブル、テレビ、トイレがある。
風呂は内風呂が檜風呂。
露天風呂が特にお気に入りだ。
彼女とよく利用している。

その温泉の前を通過しながら説明すると、従姉が、「ここにしよう」と言いだした。

「家族風呂だよ?」と念押ししたが、「昔はよく入ったじゃない?」と言われ、了解した。

僕流はコンビニでビールや摘みを買って持ち込むことが多い。
コンビニに寄ると従姉がいち早くビールを持っている。
僕は運転するのでお預けだ。

受付にて、何種類もある部屋から露天風呂付の部屋に決めて部屋に移動した。
ここまで来て心臓がバクバクしている。
従姉に悟られないようにするのがやっとだ。
部屋を開け、鍵を閉め、落ち着きなくウロウロ・・・。
従姉はテレビを点け、コンビニの袋から飲み物や食べ物を出して並べている。
僕も座ってコーラとビールで乾杯。

従姉は、「風呂に入ってからがビールは美味い!」と言いながら大胆に全裸になり、内湯の檜風呂に入った。

僕はどうしてよいか分からず、トイレに行ったり、タオルを用意したり・・・。
すぐに従姉から、「早く入りなよ!」と言われた。
僕も全裸になり、入る。
従姉の方を向かずに会話する。
昔話や、これからの話で時間が過ぎた。

従姉は、「次は露天風呂に入ろう」と言って移動した。

また従姉に言われないうちに僕も露天風呂に。
外なので薄暗く雰囲気は最高だ。
あまり広くないので互いの足が当たる。
あまり見えないが、薄っすらと胸から上が見える。
僕は露天の周りの石に座った。
熱くてたまらない。

ふと、彼女彼氏の話になった。
僕は今も続いている彼女がいる。
従姉は今、彼氏がいないらしい。
すると従姉が突然、僕の前に跪いてペニスを握ってきた。
スローモーションに見えた従姉の手がペニスを握っている。
すぐに上目遣いで僕の顔を見ながら、口にペニスをもってきた。
ゆっくり、舌を絡ませる。
最高に気持ちいい。
カリ首の辺りに強く舌を押し付けられると、思わず仰け反るほどだ。

数分が経ち、従姉はすっと立ち上がり、タオルで体を拭きながら部屋へ戻っていく。
後を追うように僕も部屋に入った。
酒に弱い従姉はビールを飲み、ほろ酔い気分になっていた。
タオルを肩にかけているだけなので姿が全て見えた。
50歳近い年齢とは思えないスタイルだ。
乳首も胸の形もありえないぐらい綺麗だ。

もう僕もストップがきかない状態だった。
従姉を押し倒して股を広げ、ヘソの辺りから焦らしながらアソコを舐めた。
少し酸っぱい味がした。
従姉は先程の僕よりも仰け反って悶えた。
そしてほんの数分でイッてしまった。
息遣いは激しく、ハアハア言いながら目を閉じている。

僕はペニスを入れた。
温泉で温まった従姉のアソコは熱かった。
畳敷きなので正常位で膝が擦れた。
横向きにして後ろから入れた。
また従姉はイッた。

座布団を使って膝の下に敷き、正常位に。
僕も動きが激しくなり、「イキそう」と伝えた。
正直、中に出したかった。

従姉は、「中はダメ!口に頂戴!」と半ば叫び声に近い口調で言ったので、ペニスを抜き、従姉の顔に射精した。

従姉は口をペニスに持ってきて受け止めた。
そしてお掃除をするようにフェラしていた。

お互い無言で、しばらく放心していた。
従姉が話し出した。

「昔、あんた、風呂覗いてたよね?」

バレていた。
が、続けて従姉が言った。

「本当は私も興奮してたの。それを想像して自分でしてたの」

僕も従姉に伝えた。

「僕も自分でしてたよ、想像して」

帰り道、運転していると、従姉が僕のスウェットを下げてきた。
フェラしてくる。
僕はまた、従姉の口に出してしまった。