ん?まじ?俺好みの糞ビッチなのか?【セックス体験】

何年になるだろう?10年ぐらい経つのかな?

当時遠距離恋愛をしていた俺。

彼女がいるのに遠恋でなかなか会えなく寂しく一人暮らし。

そんな俺の心の寂しさを埋めたのが、近所のスナック。

仕事帰りにいつもスナックに飲みに、

そしてさみしさを紛らわすのが日課になっていた。

その通っていたスナックは

典型的な場末のスナックという雰囲気。

50代前後のママが一人でやっていて、

カウンター席だけの小さな店。

いつも来る常連といえば年輩のサラリーマンや近所の年輩夫婦、

そして当時肉体労働者の俺・・・w

ある日いつものように仕事を終えてからその店へと飲みに逝きました。

店に入ろうとするとなにやら若い女の歌が聞こえてきました。

いつもは年輩の客ばかりの店、

聞こえてくる曲と言えば演歌ばかり、

それが今日に限って・・・・。

チョット期待しつつ店に入るとやっぱり居ました!

カウンターの一番奥に若い女!

体型はちょいポチャ、ショートカットのフツーっぽい感じ、

当時遠距離だった俺は見た瞬間にロックオン!

持ち帰り目的で有れば、

休日の前夜にススキノ辺りに繰り出すのだが、

まさかこんな所に若い女が・・・。

迷わず隣の席をゲッツしてキープしていたウィスキーをあおり始める。

するとママが。

「○○さんは若いんだから話が合うんじゃない?」

とナイスアシスト!

ママのアシストをきっかけに徐々にうち解けていく俺。

するとその内カラオケ大会開始、

いつもは他の常連客に気を使って歌わないのだが、

若い女が居るとなると話は別、

ドンドン歌う俺&女・・・そしてドンドン飲む俺

気がつけばキープしてあったボトルは既にあぼーん、

女も相当酔っている。

(女じゃ味気ないのでY子と言うことにします)

その頃には店も看板ムード、

さてこの後どうしてくれようか・・・。

店を出た後どうするか頭の中で作戦会議、

しかし俺も相当酔ってるので思考能力ナシ。

しかし下半身の思考能力は全開で、持ち帰る気マンマン。

とにかく店を出て二次会に持ち込もうと考えた。

Y子と一緒に店を出てしばらく歩きながら会話。

俺「家近くなの?送って逝こうか?」

(もちろん送る気ナシ)

Y子「うん近いよ、でももう帰っちゃうの?」

俺「じゃタクシー拾ってこれから遊びに逝く?」

Y子「うん逝きたい!」

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!

早速タクシー拾う俺。

タクシーに乗り込むと、運転手が「お客さん何処まで?」

俺「何処に逝こうか?」

Y子「一番近くのホテルにお願い」

ん?まじ?俺好みの糞ビッチなのか?

この時点で下半身は既に反応してますた。

つーわけでホテルに到着、適当に部屋を選んで入る。

そんで入った瞬間にディープなKISS、

の瞬間にこみ上げて来るものがあり速攻トイレw

つーか飲みすげて俺の方がゲロ、

しばらく背中をさすってくれるY子、情けない・・・。

しばしトイレでぐったり、意識が遠のいて逝く・・・。

いつも潰れるとトイレで寝てしまう癖がある俺。

「立て!立つんだ!チンコ!」

灰になるのを逃れてトイレを出る俺。

しかしゲロってスッキリした俺はやる気マンマンで

シャワーを浴びにバスルームへ。

帰ってくるとY子は既にシャワーを浴びてベッドの中。

俺がゲロしてる間にシャワー浴びたんだってさ。

しきり直しでY子に激しくキス、

慣れない感じで舌を絡めてくるY子、

あんまり遊び慣れて無いのかな?

同時にオパーイをまさぐると、コレが微乳だったり・・・。

もともと微乳が好きな俺は大興奮、

乳首も小さめで既に固くなってます。

思わず乳首にむしゃぶりついてレロレロ、チャパチュパ、コリコリ。

Y子からも良い声が漏れてます。

すぐにでもマソコに手を伸ばしたいのを我慢して

ひたすらオッパイ&首筋攻め。

俺、いっぱい焦らしてからマソコにたどり着くのが好きなんですw

下に移動しても太股とか内股をサワサワ、レロレロ。

しかしマソコ命の俺は我慢できなくなってきました。

そろそろかな・・・と思いやっとマソコに手を伸ばすと。

すげー濡れている

もう、ヌルヌルで糸引いちゃってます、

たまらずマソコにむしゃぶりつく俺。

薄目の陰毛、

ビラが厚くぷっくりして中を開くと驚くほどピンクでした、

マソコの形状にも萌える俺。

つーか未だにその女のマソコの形は目に焼き付いてますw

とりあえずクリをレロレロしながら指入れ、中はキツーく締めて来る。

それと同時にチンコをY子の顔の前へ。

時間差でチンコの先端に電気が走る!

そしてチンコ全体を暖かく湿った感覚が襲う!

と、ココまではセオリー通りなのだが、

いざフェラが始まるとぎこちない、正直痛い!つーか歯が当たってるし・・・。

とにかく歯をなるべく当てないように教育的指導、そしてクンニ再開。

Y子は喘ぎながらもぎこちないフェラで応戦、俺も舌をフル回転!

マソコもチンコも準備が整ったので

「入れて良い?」と聞くと静かにうなずくY子

俺「ゴムは付ける?」

Y子「付けないで・・・」

生挿入許可が出たので、

厚ぼったいビラを開いてチンコを押し当て一気に突入。

Y子の中は半端じゃないほどキツくてヌルヌル度合いも半端じゃなく、

とにかく俺がヤった女の中で間違いなく

ベスト3に入るほどのマソコの持ち主でした。

かなり酔っていたのに、

すぐにチンコからこみ上げて来るモノを感じたのでしばらく入れたまま

ジッとしているとY子が痛いのを我慢して居るように感じたので

「痛い?」と聞いてみた。

俺のチンコはそんなにデカくないので痛いわけは無いのだが・・・・。

するとY子は

「初めてなの・・・。」

一気に酔いが冷めかけたがチンコが大分慣れてきたので

ゆっくり動かしてみた。

どうやら処女と言うことを告げると冷めてしまう香具師が多かったらしく、

今回は挿入までだまってたらしい。

Y子も痛そうながらも良い声を出している、

そのまま体位を変えてバックから挿入。

凄い力でチンコを締め付ける肉壁、

相変わらず沸いてくるヌルヌルの愛液。

体位を正常位に戻してなるべく優しく腰を使う。

「ヤバイそろそろ限界だ・・・・。」

チンコを抜いておなかの上に大量発射!つーか顔まで飛んだw

抜いたチンコをティッシュで拭くと

うっすらとティッシュに血が。

しかも何かこう粘膜のはがれたヤツ?つーか得体の知れない物体が付いてた。

その後終わってからもう一回して朝まで寝ました。

後からも店で会うたびにSEXしてました、

年を聞いたら18歳、当時俺は21歳。

最後は色々事情があり俺の方が身を引きました。

今頃何してるのかな・・・。

もう一度あの娘とセックスしたいなぁ。