まるで新婚カップルのような激しいエッチだった【セックス体験】

ある日僕は先輩からおもしろい話を聞かされた。

不妊症のカップルや未婚で赤ちゃんを欲しい女性の為に、

精子を提供するだけで2万円ももらえると言うのである。

その会社が高学歴の好男子を募集しているのだというのだ。

当時仕送りだけでは心持たない僕にとっては

タダで2万円はおいしい話だったのだ。

先に身体検査を受けて、更に精子を採取されて、

精液の量や精子の数、

遺伝子の検査など全てをパスして僕は契約する事になった。

仕事はいたった簡単で最初に女性と面談して

女性の希望するタイプであるかを決めるのだ。

面談の場所は特に決まっていない。

女性の希望する日時と場所なのだ。

不妊夫婦の場合カップルで面談だが独身女性の場合、

当然一対一である。

そして会社からは精子提供者は

女性とのプライベートな関係は硬く禁止されていた。

そして僕は自分の身元を明かさないように言われていた。

こうして女性が精子提供者を決めると女性の妊娠しやすい時期を狙って

僕と女性が同じ日に病院を訪れて別々の部屋で支度をするのである。

ここでは試験管など使わないで、

精子提供者から精子を採取して洗浄してから

すぐにナマの状態で別室の女性の子宮内部に直接精子を送り込む方法だった。

精子提供者は採取の三日前から精子を出来るだけ貯めるために、

セックスを禁止されて、

僕も三日間の禁欲状態でベテラン看護婦さんの手で

ペニスに採取用のコンドームを装着する為に

ペニスをしごかれるとあっという間にきんきんに硬くなっていった。

そしてコンドームを装着されて看護さんの手でペニスをしごかれるやいなや、

1分ももたないでどくんどくんと濃い精液を射精してしまうのだ。

謝礼はその後現金で支払われていた。

こうして僕のフレッシュな精子を送り込むと、

殆どの女性は初回か2回目で受精し、妊娠したようだった。

僕はある時面談である女性とであった。

婚期を逃した30歳台の美人OLであったが、

聞くと人口受精の為に多額のお金を支払っているではないか。

さらに妊娠した場合でも追加料金が必要だと知った。

僕は彼女がそれほどお金があるとも思わなかった。

所詮は安月給のOLである。

僕はかわいそうに思い、彼女にひとつの提案をした。

彼女は最初驚いていたが、僕の説明に納得した。

それは会社から禁止されていた行為だったが、実際は会社は知りようがない。

僕は彼女の赤ちゃん作りにタダで協力する事にしたのだ。

こうして僕と由紀は期間限定つきのカップルとなったのだ。

僕は無報酬の代わりに由紀に提案をした。

僕の好きな時に好きなだけ抱かせてもらえると言うことだ。

告白すると、由紀は僕のセックス処理の道具でもあったのだ。

僕のはちきれんばかりの性欲は由紀の肉体で一気に爆発した。

殆ど男性経験のない由紀の肉体に

毎日のようにセックスの掃き溜めとなる運命の由紀だ。

由紀は妊娠を条件に僕に無条件で抱かれる決心をした。

僕はその日のうちに由紀のアパートに潜り込んでいた。

由紀を裸にしながら由紀の肉体を隅から隅まで嘗め尽くして、

すぐにいきり立っていた熱い巨大なペニスの先端を

由紀の入り口にあてがい、一気に奥までずぶりと貫いた。

由紀の口から小さな悲鳴があがったが

僕はケダモノの如く由紀の熱い内部で暴れまわった。

次第に由紀の頬や首筋が赤く染まり、

やがてシーツを掴んで顔をしかめていった。

やがていきなり由紀の背中が反り返り、

下半身を痙攣させる由紀。

そんな由紀の乳房を吸い尽くしながら、

これでもかと硬いペニスの先端を由紀の子宮口にぶち当ててやった。

そして腰を痙攣させながら由紀の子宮口に

直接大量の精液をどくんどくんと浴びせてやった。

僕はこのように由紀の部屋に煩雑に通うことになった。

それはまるで新婚カップルのような激しいセックスだった。

僕は30歳代の由紀の大人の体の色気に夢中になっていた。

そして赤ちゃん希望の由紀の希望を適えるために、

せっせと由紀の子宮内部に新鮮な精子を送り込み続けたのだ。

僕は由紀の肉体に満足し、

由紀も僕によって女の肉体を開花させていった。

由紀の左右に広がった豊かな腰骨と乳房のおおきさからしても

由紀が元々受精能力の高い妊娠しやすい多産系の肉体である事が分かっていた。

そんな健康でぴちぴちの由紀の肉体をしゃぶりつくす僕。

こんなセックスの日々はあっと言う間に過ぎ去り、

出会いから半年が経った頃、

僕は由紀との関係を会社にバレテ首になったが、

同じ頃由紀のお腹の中に僕と由紀との愛の結晶が宿り、

由紀がすでに妊娠5ヶ月に入っている事を告白された。

妊娠するまでの約束だったが、

由紀は僕を手放したくなかったのだ。

由紀のふっくらと膨らみ始めたお腹をさすると

赤ちゃんが胎動しているのが分かった。

『妊娠して良かった。あなたの認知は約束だから必要じゃないけど、これからも時々遊びに来てもいいわよ』

由紀とのセックスの味を覚えさせられた僕は、

妊娠して次第に妊婦らしくなっていく由紀の肉体を求め続け、

妊娠してから由紀の方からセックスを誘うようになった。

僕は由紀が妊娠7ヶ月で出産の為に里帰りするまでの間、

せっせと妊婦とのセックスを楽しんだ。