次々と放出されるザーメンが彼女の頬や唇にねっとりとこびり付く【エロ体験告白】

チャットで知り合った連中とOFF会をしました

当時俺は、付き合っていた彼女と同棲中だったんですが、

自分ちが宿になってしまった

それで、夜中にいきなり劣情を催してしまった。

しかし狭い部屋で七人ほどが雑魚寝しているうえ、

彼女も疲れて熟睡している

そんなシチュエーションの中

彼女と普通にセックスは出来ないw

しょーがないのでその夜は一人悶々としながら耐えた。

翌日、みんなが帰った後、自分はズボンのチャックだけを下ろし、

すでにビンビンのチンポを取り出した。

それを見た彼女は「もぉ~」と

エロ目になりながら、

座ったまま目を閉じ、「ん」と口を開けた。

自分は彼女に歩み寄り、

彼女の口の中にチンポを突っ込んだ。

彼女は唇を閉じ、亀頭に舌を這わせ始めた。

いつもなら彼女にされるままにフェラを楽しむのだが、

その日の自分はとにかくキンタマの中に

タプタプに溜まっているザーメンを、思いっきり放出したかった。

いきなり彼女の頭を両手で押さえつけるように掴む自分。

一瞬驚いたように彼女が両目を開け、

自分を見上げる。自分は彼女の顔面に向かって、

ぐいっと腰を突き出し、

ズボンの股間を押し付けイラマチオ

「ぐっ」

と息を詰まらせる彼女。

自分はそのまま彼女の口マンコ射精しようとした

が、彼女の苦しそうな顔が、

自分の中の理性を優位にさせた。

自分はちょっと控えめに、

彼女の口をおかすことにした。

イラマチオで根本まで突っ込んでいたチンポを

半分ほど引き抜き、

ゆっくりと腰を振り始めた。

眉間にしわを寄せ、

涙目だった彼女の表情が穏やかになり、

受け入れるように目を閉じた。

二人きりの狭い室内に卑猥な音が響く。

彼女の口元から唾液がぽたぽたとこぼれ落ち、

彼女のひざを濡らす。

「こっち見て」

彼女に声をかけると彼女は眼を開け、

自分の顔を見上げた。

自分は余程、

彼女の口を犯す行為と快感に没頭していたのか、

彼女がふっと、

小さな子供を見守る母親のような表情をして笑った。

その顔を見た瞬間、

快感が急激に増し、

一気に頂点へと上り詰めた。

「イクっ!イクよ!!」

自分は彼女の口から、

彼女の唾液でヌルヌルになったチンポを引き抜いた。

「・・・っはぁっ、きて」

一瞬遅れて返事をする彼女の唇にチンポを押し付けると、

激しく腰を振る。

いつもならチンポを握ってしごいてくれる彼女が、

この日むちゅっと突き出した唇の隙間から、

舌先を覗かせチロチロと動かしている。

自分は、始めて見る彼女のその行為に激しく興奮した。

チンポの先からザーメンが、

球状になってあふれ出す。

次々と放出されるザーメンが、

彼女の頬や唇にねっとりとこびり付く。

凄まじい快感に体を震わせながら、

ザーメンを放出しているチンポを

彼女の頬や唇に擦り付け、

自分は彼女の顔を犯し続けた。

チンポが、跳ね上がるばかりで

ザーメンを放出しなくなった頃には、

彼女の顔の下半分はザーメンでドロドロになっていた。

手を使わない射精のおかげで、

多少のまどろっこしさはあるものの、

いつもより長い時間、

射精の快感を味わうことができた。

しかし今一つすっきりしない。

どうもザーメンが出切れていないようだった。

自分は彼女の唇に、

射精したというのにちっともおとなしくなる気配のない、

ザーメンまみれのチンポを押し付けた。

彼女は素直に唇を開く。

上唇と下唇の間に、

ザーメンが糸を引いている。

自分は彼女のザーメンまみれの唇の隙間に、

やはりザーメンまみれのチンポを挿入した。

彼女は口から出ている部分を握ると、

激しく口ピストンを始めた。

自分も彼女の頭を振るリズムに合わせ、

軽く腰を振る。

チンポにまとわり付いているザーメンが、

まるでローションのようにヌルヌルして気持ちいい。

ザーメンまみれの顔で、

激しくチンポをしゃぶる彼女。

初めて見るシチェーションに興奮が倍加する。

凄まじい快感と興奮に、

あっという間に頂点に達した。

「・・っつあっ!!くっく・・・」

自分はいきなり彼女の口の中に射精した。

すでに一回射精しているので、

快感の割には射精量は多くなかったのだろう。

彼女は一瞬目を開けて自分を見たが、

すぐに目を閉じ口ピストンに集中し始めた。

いつもの射精後の感覚がやって来た。

気持ち良すぎて激しくくすぐったい、

あの感覚だ。

しかし彼女はチンポを離してくれない。

チンポに吸い付いたまま激しく手と唇でしごき続けている。

「ぅあ!あ・・ああ」

腰を引いて逃げても、

彼女は前のめりになりながらチンポに喰らい付いてくる。

彼女が立膝のまま転びそうになったとき、

ようやくチンポを口から離した。

畳の上に右手をつき、

体を支える彼女。

「おお~~~~~!!」

っと安堵の声

(体勢を立て直した彼女を見て出た声ではなく、

苦痛に近い快感から開放されたことにより出た声)

を上げる自分を見て、

彼女は悪戯っぽく笑った。

「めっちゃくちゃ気持ち良かった!!死ぬかと思った!!」

半勃起のまま

心臓の鼓動と同じリズムで脈打つチンポを放り出したまま、

素直な気持ちを彼女に告げる。

「んふふ。いっぱい出たもんね」

嬉しそうに笑う彼女。

顔の下半分は、

あいかわらずザーメンと唾液でドロドロだ。

自分はティッシュの箱を持って彼女に近づく。

「あ」彼女がチンポに顔を寄せてくる。

チンポの先にくっ付いている、

ザーメンの残り汁の雫を見つけたらしい。

彼女はそれを舌先で舐め取ると、

自分の顔を見上げて

「んふふ~~~♪」

と笑った。

その仕草がやたら可愛く思えた自分は、

彼女のザーメンまみれの顔に顔を近づけた。

彼女は舌を出して自分を迎えてくれた。

キスをすると自分の顔にもザーメンが付いてしまうからだろう。

自分は彼女の舌先を唇でついばんだ。

そして自分も舌を出し、

お互いの舌を舐め合った。

そんなことをしているとだんだんと興奮してきたが、

さすがに勃起はしなかった。

ティッシュの箱を床に置き、後始末を始める。

自分のチンポは彼女が

すっかりザーメンを舐め取ってくれたので、

彼女の唾液を拭取るだけで簡単に終わった。

チンポをしまった自分は新しくティッシュを取り、

彼女の頬やあごの下、首、髪、肩などを拭いてあげた。

彼女は口の周りを拭き終わると、

膝とスカートを拭き始めた。

それが終わると、二人で畳を拭いた。