私とするときも母は避妊を要求するようになりました

私は現在21才で印刷会社で働いてます。
母は44才で運送会社の事務をしてます。母はちょうど10年前、私が五年生のとき離婚しました。母と二人で生活してましたが、それは苦しく、いつも疲れ切っている母を見るのが辛かったです。
私が中学に入る少し前、遠縁ながら近くに住む、洋叔父さんから、一緒に住まないかとの提案がありました。
洋叔父は当時40才独身ながら、結構大きな一軒家に一人住まいしていて、部屋はたくさんし、そうすれば君達も家賃分、少し楽になるでしょうとの提案でした。

母は私にどうするか、訪ねてきました。
オナニーを覚え始めた頃の私は、このプライバシーが殆どないアパートより、洋叔父の広い家が魅力的でしたが、まだその時35才の母と40才の洋叔父、と言うのが気がかりに、母はためらっていたのが、子供心にもわかりました。
でも私が洋叔父との同居に同意して、母もそれに追随しました。

家賃はなくなり、食費や光熱費などは折半でしたので、生活は多少楽になり、プライバシーがある部屋もあり、快適な生活をしてました。
でも中学生になった私は、やはり同居する前に懸念していたことが気になってました。
引っ越すとき、洋叔父は私の部屋は二階、二階にまだ部屋があるのに、母の部屋は一階を使ってと言われました。

一階は洋叔父の部屋もあります。
同居開始して3ヶ月過ぎたあたり、夜中、母の部屋を覗くと、やはり洋叔父と母は同じベッドに寝てました。
(あぁ、やっぱりな)
洋叔父の狙いは母だったんだな、あと苦しい生活から抜け出すために母は仕方なくこうしてるんだな、と思いました。

私にひもじい生活させないためとか。
なんとなく納得したような私でしたが、一番大切なものを犠牲にしての快適生活に疑問を感じました。
私が中学二年のとき、洋叔父が珍しく出張で数日家を空けたとき、私は母に問いかけました。

『洋叔父との関係は知ってるけど、これでいいの?』
母も私が知ってて当然と思ったのか、落ち着いた様子で
『一緒に住んでる以上、仕方ないでしょ?』
『なんか納得がいかなくて。母さんが愛人みたくなってて』
『前の生活よりは、あんただっていいでしょ?ギブアンドテイクよ』
ドライな返事だった。

沈黙してしまった私ですが、少しして母に言いました。
『一番大切な人に、多大な犠牲をさせてるような気がして』
『一番大切な人?私?』

『有難う。でも仕方ないよ。私もあの生活に戻りたくないし。』
『洋叔父と結婚するの?』
『しない。結婚しないかと言われたけど、絶対ない。生活のために同居してるだけ』
生活のために洋叔父に抱かれている母は不憫で、なにも出来ない私は情けなく思いました。
『高校は夜学に通いながら、昼間は働くから、その時はここを出たい』
と母に言いました。

『それは嬉しいけど、そこまであんたにさせられないよ』
と言いながら、母は顔を赤くして、涙をこらえているようでしたが、やがてこらえきれなくなったみたに、泣いてました。
『すっかり大人になったんだな。逞しくなったね』
と涙顔で笑ってました。
そして私の手を握りしめてくれました。
『あぁほんと嬉しい』
と母が言ってくれて、私は洋叔父から母を取り戻す決意が出来ました。
母の手を握り、それを引っ張るように、母の部屋にいき、母をベッドに押し倒しました。

『か、勝?』
『母さんを取り戻すんだ、洋叔父から』
母にキスしました。
抵抗はなかったです。
母が着ていた物を脱がせにかかりました。
素直にされるがままの母でした。

乏しい知識を総動員させて、母のあらゆるところに吸い付きました。
無我夢中で母の股に腰を割り込ませ、入れようとしました。
『ダメ、それはダメ』
と抵抗が少しありました。
『洋叔父は最初から母さんが目的だったんだ、それが許せない』
と言いました。

すると母は優しく顔を撫でて見つめてくれました。
そして手を下に伸ばしてきて、私のいきり立った物を指で固定すると、腰を少し浮かせて、入り口あたりらしい所に誘導しました。
何となく意味が分かった私は、腰を前に出すと、温かい物の中へと入っていきました。
ただ見つめあってて、母は私の胴体に両腕を回してきて、見つめあいながら密着しました。
母が二、三度、私の下で腰を少し動かすと、もうダメでした。

『出そうだよ』
と言うと、母は両腕をさらに強く抱きしめるようにしながら、また、少し腰を動かしました。
我慢出来ず、中で射精を開始すると母が
『あっ!』
と小さく声を出しました。
そしてしばらく抱き合ったままにしてると、またいきり立ってきました。

『ちょっと待って』
と母が私から離れて、ティッシュで拭いてました。
そしていきり立たせている私を見て
『ほんと立派になっちゃって。心も身体も』

あぐらをかいて座っている私のいきり立った物を、口に入れてきました。
私は母の胸を両手でもんでました。
無我夢中から少し冷静さを取り戻していた私は、興奮してました。
母は10回ほど頭を動かすと、また私は限界にきていました。

『出ちゃうよ』
と言うと、ちらっとこちらを見てから、また頭を動かしました。
全身に力がこもり、母の胸を力一杯つかみながら、母の口に出しました。
口に手をあてながら、母はそれを飲み干してました。

『いた~い。すんごい力でつかむから、ほら』
白い肌の母の胸は、私がつかんだせいで、赤くなってました。
『ごめん』
そしてさらにもう一回母を抱き、寝ました。
それからは洋叔父を目を盗み、私と母は関係を続けました。
当然母は洋叔父とも。

本来であれば、現在、母と洋叔父は別れ、私と二人暮らししてる予定でした。
しかし母は洋叔父と今結婚しています。
なぜか?
私が中学三年のとき、母は妊娠しました。
私か洋叔父のどちらの子かわからない状態でした。

ただ洋叔父は外に出すのが殆どだったようで、中にばかり出してた私では、確率は確実に私が高かったです。
洋叔父は私と母のことは知らないので、妊娠をきっかけにまた、結婚をせまりました。
産む決心をした母は、洋叔父と結婚することになりました。
その前に母と私はきちんと話し合いをして、合意の元でした。

そのとき母に、どちらの子か聞いてみました。
『多分、勝、あんただと思う。だから産みたい。私を利用した洋を今度は私が利用するの』
高校に入学してまもなく、元気な男の子が産まれました。
母に似ていましたが、サラサラした髪と輪郭は私かとやはり思いました。洋叔父はテンパで丸顔です。

でも独身貴族の洋叔父は喜んでました。
高三になり、現在勤めている会社に就職が決まったあたりに、母はまた妊娠しました。
産まれたのは女の子でした。
また元気な赤ちゃんでした。
上の子と同じように、全体は母似、でも部分的に私と言う感じ、洋叔父に似てる部分がない二人の子です。

今五人で暮らしてます。
広いと思った家も、今では適当な広さになったような気がします。
さすがに母も打ち止め宣言で、私とするときも母は避妊を要求するようになりました。
洋叔父にも当然だと思いますが、年だし、あまりしてないように思います。

私も母と出来るチャンスが激減してますし。
まだ幼い二人に、ほんとは兄ではなく、父なんだよと将来言いたいです。