母親として女体を教えてあげる事しか今の息子にしてあげれません

高校生の息子をもつ母です。
私達夫婦は若くして結婚しましたが、子宝に恵まれず十年が経とうとしたときに妊娠が分かり、どれだけ嬉しかったでしょうか。
産まれてからも目に入れても痛くない程愛しい我が子を愛情込めて育ててきました。
その息子がまさかあんな事をするなんて…学校で虐められてから引きこもりになってしまった息子はまともに会話もしてくれず、毎日胸を痛めていました。
ある日の深夜、体に不思議な感覚が走って目を開けました。が、直ぐに綴じました。
理由は息子が私の乳房を揉んでいたからです。

しかもボタンを外して乳房は露にされていて、乳輪を指先で撫で回しています。
私にとって乳房は性感帯の一つで、挿入ではなく乳房を乱暴に揉まれただけでイッた経験のある敏感な身体です。

乳頭に舌が這います。声を出せない。感じて身体が反応するのも許されません。
起きていると息子に気付かれます。それに同室の隣のベッドでいびきをかいて眠る夫にも知られる訳にはいきません。耐え忍ぶしかありませんでした。

延々と乳房を弄ばれてどれだけ時間が経過したでしょうか。
ボタンを掛けてからやっと息子は室外に出ていきました。私はドアを開けて息子が自室に戻るのを確認して、やっと解放されたと安堵した時に気付き、恐る恐るパンティを触ると「きゃっ!」思わず声を出してしまう程酷く濡らしていました。

私は濡れにくい体質で夫とのセックスではローションを使っています。
まさか人生でこんなに濡れる日がくるとは、まさか息子に感じてこんなに濡らしてしまうなんて!

濡れた嬉しさはありますが、息子に濡れてしまって夫に申し訳なくて…複雑な胸中のまま眠れず朝になってしまいました。
「考えすぎてもいけないわ。」
割り切りいつものように一日を過ごし夜がきました。

寝付きが悪い私と違い、数秒で眠りいびきをかいて寝ている夫を羨ましく見ているとドアが開く音。
反射的に目を綴じてじっとしていると、乳房を揉まれる感覚が!直ぐにボタンを外され直接乳房を揉んでくる息子は、乳頭を吸い始めてズボンの中に手を入れてきました。
パンティの上から割れ目を弄り倒されて体液が溢れる感覚に襲われます。
ズボンを脱がされパンティも下げられて直接息子にオマンコを触られる母親として失態に情けなくなります。

オマンコを軽く触られるだけで耳を覆いたくなるピチャピチャという音が聞こえます。
「ダメ!これ以上弄らないで!」
心の中でも叫びますがもちろん息子には届かず、とうとう息子の指はオマンコの中に入ってきました。

息が荒くなり身体の反応は抑制が利かずピクピクしてしまいます。
更に息子の舌がオマンコを食し始め、私はイク寸前にまでなりながらも必死に耐えていました。
しかし必死の抵抗虚しく、息子の再三の指の挿入にイカされてしまいました。
イッたと気付いてか、息子はパンティとズボンを履かせ、服のボタンを掛けてから出て行きました。
裸になって汚れたオマンコを拭い、パンティも濡らしてしまったので履き替え、イッたからかその後は自然と眠れました。

それから毎日深夜になると私の乳房を食し、イカす様になっています。
そして昨夜の話です。
いつもの時間に息子がやってきて乳房を食し、私をイカした後に寝室を出ていくはずが出ていかず、眠ったふりをして待っていると、口にチンチンを入れられました。
「嘘!だめ!やめて!」そう思っても言えません。
腰を振りながら私の口を犯す息子は乳房を強く揉んできました。

腰の振りは激しくなり息苦しさを感じ始めた瞬間、チンチンは口から出されました。
すると私の体に跨がると私の乳房を寄せてパイズリを使われました。
「こんな事したら誰でも起きるわよ!あっ、という事は息子は気付いていて!」
それでも私には息子に何も言えません。

私の乳房にチンチンを挟んで腰を振られても、イジメで引きこもりになってしまった息子は女体を知らずに過ごしています。
母親として女体を教えてあげる事しか、今の息子にしてあげれません。
息子のチンチンの熱さが乳房で感じます!息子は腰を激しく振りだして動きを止めました。と同時に温かい物が私の乳房に飛び散りました。

息を荒くした息子にチンチンを口に入れられ、「この味は!」息子が退室したのを確認して三面鏡の前に立ち、我が身を見て哀しくなりました。
乳房には息子の大量の精液が飛び散っています。やはりあの味はそうだったのです。

夜な夜な私を性の捌け口にし、私が起きていると気付きながらも止めず、更に私の乳房にチンチンを挟んで射精まで始めた息子。
私も黙って身体を自由に使わせて、何回もイカされているだけに今更叱るに叱れません。