新幹線で偶然出会った女子大生と不倫関係が始まったエロ体験談【エッチな体験】

私は、東京在住なのですが、京都に単身赴任しています。

会社からは、月に一度の帰京経費を保証されていますが、

会議等もあり、大体、月に2回は帰京しています。

子供は上が中学生で、下はまだ小学生です。

妻は30代になってむしろ性の悦びが深くなってきたみたいで、

帰京の際は必ずセックスを楽しんでいます。

そんなわけで、単身赴任とは言え

私は特に浮気したいとかは考えていませんでした。

この日も、週末に帰京して妻とのセックスを楽しんだ後、

月曜日に本社での会議に出席した後、

京都へ向かう新幹線に乗りました。

東京駅で弁当を買って席に着くと、

隣の席は芸能人で言うと乙葉に似た感じの若くて可愛い女性でした。

るるぶか何かの京都版を見ていましたが、

勿論、声をかけられるわけでもない私は、電車が動き出して、

車掌が切符をチェックに来た後、弁当を食べ始めました。

最後に、新幹線の椅子に付いているプラスチックのテーブルで

ゆで卵を割ろうとしたのですが、全然割れないので、

自分の額で割った途端、私は「しまった!」と思いました。

なんとそれはゆで卵ではなく、温泉卵だったのです。

それを見た隣の女性は思わず吹き出してしまったのを見て、

「いや、参っちゃいました」と笑って誤魔化すと、

彼女も「いいえ、ごめんなさい。笑っちゃって…」と言いました。

これがきっかけになって、私と彼女は話し始めました。

彼女は、大学を卒業間近とのことで、以前から行きたいと思っていた

京都一人旅を思い立ったとのことでした。

翌週の月曜まで丸一週間滞在するというので、

週末に一緒に京都巡りをする約束をして、

連絡先を交換しました。

その週はなんとなく浮き浮きしながら終わり、

やがて約束の土曜日が来ました。

彼女に会って、「どの辺をまわりました?」と聞くと、

一般的なところは殆どまわっていたようなので、

「じゃぁ、ちょっとマイナーなところで鞍馬寺なんかどうですか?」

と聞くと、「いいですね!」と言うことで、

鞍馬寺に行くことに決めました。

鞍馬寺までは、ちょっとしたハイキング並に歩かなければならず、

数日前に降った雨のせいで、ややぬかるんだところもあり、

そんなところで自然に彼女の手を引いたりすることができました。

女子大生と手をつなぐ機会があるとは思わなかった私は、

年甲斐もなくドキドキしてしまいました。

鞍馬寺から鞍馬の駅まで戻った時には、

夕方の4時ぐらいになっていたし、流石に歩き疲れていたのですが、

夕飯にはまだ早かったし、最後の2日間は

大阪泊まりだということなので、京阪電車に乗って大阪まで出て、

ミナミの方に行ってお酒でもということになりました。

ミナミでお店に入り、食事をしながらビールを飲みましたが、

彼女もなかなかいける口のようで、

私たちは楽しく会話しながら杯を重ねました。

少しアルコールが入ったせいか、

彼女は私にいろいろ話をしてくれました。

私は、彼女ほどの女性なら

当然、彼氏ぐらいはいるだろうと思っていましたが、

彼女は失恋したばかりだと話しました。

今回の旅行はその傷を癒すための一人旅だったそうです。

「卒業旅行だったら、友だちと来ますよ」と言った彼女の笑顔は

なんとなく寂し気でしたが、それがまた憂いを含んだようで、

なんとも言えず美しく見えました。

彼女は、失恋のことを私に打ち明けたので気が楽になったのか、

さらに自分の心情を話してくれ、酔いも手伝ってか、

少し涙ぐんだりもしました。

彼女の飲むペースがあがったのと、少し湿っぽくなったので、

「少し道頓堀でも歩こうか」と誘って外へ出ました。

店を出ると、彼女は私の腕に腕を絡めて来て、

「ルーさんのおかげで、今日は楽しかった」と言ってくれました。

乙葉ほどではないかもしれませんが、彼女の胸もなかなか豊満で、

その感触が私のひじに伝わって来て、

思わず我がムスコがムクムクと頭を持ち上げて来てしまい、

当然のことながら、私の頭の中によからぬ妄想が膨らんで来ました。

そんなことをしながら、道頓堀の橋の上に来たとき

彼女が私に抱きついて泣き出しました。

しばらく私の胸の中で彼女は泣いていましたが、

その泣いている彼女は多分下腹部に私の硬くなったモノが

当たっていることに気づいたに違いありません。

私はもう我慢できずに、人混みの中なのも構わず

彼女の唇に自分の唇を重ねました。

彼女は自分から積極的に舌を絡めてきました。

私たちは人目もはばからず、しばらく熱い抱擁と

ディープキスをしていましたが、流石に人通りも多いので体を離すと、

彼女は「今夜は京都に帰らないで…」と言うので、

彼女の泊まっているホテルに行くことになりました。

彼女の泊まっているホテルは、フロントが2階にあるのですが、

フロントを通らなくても、エレベーターで直接客室のある階に

行くことが出来るようになっていました。

こんな時に私は、「デリヘルが呼びやすそうなホテルだな…」と

つまらないことを考えながら、彼女の部屋に入りました。

部屋に入った途端、彼女が私に抱きついて唇を求めてきました。

私は唇を合わせながら、セーターの上から

彼女の豊満な乳房をもみました。

胸をもみだすと彼女は相当感じているようで、顔を上気させながら、

「ハァハァ…」と荒い息をしました。

セーターの下に手を入れ、ブラジャーのホックを外して、

直接乳房に触れると、すでに乳首は固く尖っていました。

彼女も私のズボンのベルトを外し、チャックを下ろすと

私のパンツの中に手を突っ込んできて、

私の硬く膨張したモノを手で愛撫し始めました。

私も彼女のスカートの中に手を入れると

パンティストッキングとパンティの下に

無理矢理手を突っ込んで、彼女のアソコに指を到達させました。

そこはもう既に熱く潤っていて、パンストがきついながらも、

簡単に蜜壷に指が入ってしまいました。

彼女は「アン、アァン…」と腰をくねらせながら、

かすれた声で「ベッドへ…」と言いました。

二人でベッド倒れ込むと、私は一気に烈情がこみ上げてきて、

彼女のセーターとブラージャーをはぎ取り、乳首に吸い付きました。

「滅茶苦茶にして!」

彼女はそう言うと、私にしがみついて来ました。

私はもう興奮して、彼女のスカート、パンスト、パンティと

一気にはぎ取り、彼女を全裸にし、自分も来ているものを脱ぎ捨て、

彼女に挑みかかって行きました。

彼女の若い体は、はちきれんばかりのみずみずしさでした。

私は興奮して、彼女のうなじから胸、脇の下、脇腹、

おへその周りと舐めまわしながら、降りて行き、

少しだけ汗ばんだ香りのするヘアの周りを舐めまわした後、

彼女の両膝を立てて開かせ、アソコの部分に口をつけました。

シャワーも何も浴びていなかったので、彼女のそこは、

少しオシッコのせいか潮臭い感じでしたが、

私はそんなことは一向に気にならずに、思い切り舐めまわしました。

彼女は、そんな私の愛撫に凄い悶え方で、腰をくねらせながら身悶えし、

「あぁっ!凄いっ、凄いっ!感じちゃう~っ!」と

凄い声をあげていました。

私の口の周りは、もう彼女の愛液でベトベトでした。

「あぁ~ん、早く、早くぅ~!」

腰をくねらせながら、彼女が挿入を催促するので、

私はシーツで口の周りをぬぐうと、彼女に覆い被さり、

熱く猛り狂った我がムスコをズブリと彼女に中に挿入しました。

「あっ、あぁ~ん」

彼女は挿入の悦びに微笑んだような表情を浮かべました。

私が腰を動かすのに合わせて、というかより激しく腰をくねらせて

快感を楽しんでいるようでした。

「あぁっ!いいっ!いいっ!…こんなの…久しぶり…いい~っ!」

可愛い顔に似合わないような淫らな乱れ方でした。

私も興奮して激しく抜き差しすると、

彼女は両足を私の腰に絡めながら、激しくそれに応えます。

「あぁ~ん、凄い、凄いよぉ~。」

彼女の可愛い顔が悦楽の苦悶に歪むのを見て、さらに興奮した私は、

もう一匹の野獣のようになって、激しく腰を動かしていました。

「あーっ、ああーっ、いくっ!いく、いっちゃぅ~っ!」

という叫び声と共に、彼女は激しくお尻をベッドにぶつけながら

アクメに達しました。

それに続いて私も、彼女の胸の上に思い切り射精しました。

「凄い反応だったね。」と、私が言うと

彼女は「久しぶりだったから…」と、

さっきの激しいよがり方とは別人のような、

はにかんだ顔で言いました。

私は彼女の胸に飛んだ精子を拭いてあげた後、

「一緒にお風呂入ろうか?」と言うと、

彼女は少し恥ずかしそうな顔をしましたが、

「ウン…」と言って、一緒に入りました。

風呂場でお互いに洗いっこをして、

シャワーを浴びながらキスをしました。

それが妙に興奮を誘ったのか、彼女は私の体に舌をはわせると、

段々下の方へ降りていき、私のモノをパクッとくわえました。

彼女は袋の部分をさすりながら、ジュポッジュポッと

卑猥な音を立てながらフェラチオをしました。

最初は仁王立ちになったまま、彼女の頭を撫でていた私でしたが、

可愛い顔には似合わないテクニックで、

このまま続けられると、彼女の口の中に

発射してしまいそうだったので、

「俺にも舐めさせてくれる?」と言って、

彼女をバスタブの縁に座らせると、足を広げさせてクンニしました。

「あぁ…イイ…」彼女は恍惚とした顔をしながら、

下半身を私に委ねていましたが、しばらくすると、

「きて…」と言うので、私は彼女の片足を持ち上げて、

立ったまま挿入しました。

「あぁっ!あぁっ!凄いっ!凄いっ!」

彼女は、ベッドの時と同じように激しく悶えました。

私は体位を変えて、彼女をバスタブの縁につかまらせると、

バックから挿入しました。

彼女の美しいヒップに突き刺さった私のモノが出入りする度に、

彼女の粘膜が引っ張られてついて来るのが良く見えました。

私が興奮して激しく腰を動かすと、

彼女もそれに応えてヒップをくねらせます。

やがて、「あぁ~っ!もうダメ…イッちゃう~!」と言う声をあげて

彼女は小刻みに体を震わせました。

ほぼ、同時に私も彼女のヒップに2回目の精液を吐き出しました。

その後、ベッドで彼女の求めに応じて、三回戦目に突入し、

騎乗位になった彼女の腰使いに溜まらず3回目の射精をしました。

一晩に3回もしたのは何年ぶりだったでしょうか。

久しぶりに激しく充実したセックスを楽しんだ私たちは、

また逢う約束をしました。

私が帰京した際には、妻子との時間をとらなければならないため、

なかなか逢えませんが、

そのうち「会議の後で飲むから」とかいう口実でも作って、

彼女との逢瀬を楽しみたいと密かに考えています。