一目惚れしてた友達の彼女に恋愛相談されて【エッチな体験】

学生時代から定期的に遊んでる男友達がいてさ。
よく俺も含めて男4人組で頻繁に遊んでたんだけど、年齢が上がるに連れて、どちらかといえばモテない4人組も彼女が出来るようになってきた。
それからは4人で集まる時に、お互いの彼女も連れてくるようになっていったのよ。

その男友達の1人でS雄という男が、性格的に大人しいからか彼女が出来るのが1番遅くてさ。
そいつが初めて彼女を連れてくるというから、どんな子だろうと思って楽しみにしてた。

ちなみにスペックは、市川由衣だっけか、あの子が身長が高くなって、顔を少し劣化させたような感じだ。
そんな感じだから、結構可愛い子だったんだよ。
S雄の彼女の名前はK菜にしておく。

顔の割りには服装は少し大人しめだったんだけど、なんかその時に俺がK菜に一目惚れしちゃったんだ。
もちろん友人の彼女だから、どうこうしようとかは全く考えてなくて、それからは8人(お互いの彼女含む)で定期的に飲むようになった。

S雄がK菜を連れてきた日から1年くらい過ぎた頃、急にK菜から夜遅い時間に電話がかかってきてさ。
なんだろうと思ったら、S雄の事で相談したいことがあるって言う。
だから、俺の家に行ってもいいかという話だったから、特に断わる理由もないし、家に来てもいいよと返事したんだ。

もちろんK菜が1人で俺の家に来るのは初めてのこと。
俺は彼女と別れたばかりだったし、K菜とは他の友人よりは親しくしてたので相談するにはよかったのかもね。

K菜の相談内容はS雄と最近は上手く行ってないらしくて、大きなケンカをしたばかりで、「少し距離を置こう」と言われたらしい。
とりあえず愚痴を言ってもいいからと、K菜と部屋で酒を飲みながらすべてを吐き出させる事にした。

なんていうんだろうなー・・・部屋に来た時点では下心はなかったよ。
親しい友人の彼女だし、仲直りさせるにはどうしたらとか真剣に考えてたから。
ところが酒が入って、愚痴を一通り吐き出して、相談も終った後に酒の勢いなんだろうけど、俺がエロ話を振っちゃったのさ。
K菜は普段はエロ話とか絶対に乗ってこないんだけどその時は、普通に反応をしてきたのよ。
元々いいなと思ってた子だし、普段はエロ話をしない子が俺の部屋で2人きりで、エロ話をして、おまけに友人の彼女。
なんかこのシチュエーションに、正直に言えばドキドキしてて、理性が弾けとんだのは言うまでもなかった。

少しずつ座ってる距離を詰めて、かなり酔ってるK菜にそのままキス。
突然の事に驚くような表情を見せてた。

「ダメだよ。ダメだって・・・」

「ごめん。前から好きだったんだよ」

そう言いながら、再びキスをして、舌を入れるとさすがに舌は絡めてこなかった。
その間にも右手で、彼女の胸を揉みまくり、乳首に触れると体がびくっとする。

「ねぇ・・・お願いだから・・・ダメ・・・ダメぇ」

酔ってるせいか、それほど強い抵抗はなかった。

「胸、感じるんだ?びくびくしてるよ」

「お願い・・・私はS雄の彼女なんだよ・・・」

少し我に返ったけども、今さらもうやめられなくてさ。
淡いピンクのブラをズリ下げて、乳首を狂ったように舐めたんだ。

「あぁんっ。ね・・・だめ・・・あっ・・・うぅ・・・」

ずっとそればかりを繰り返していたけども、優しく押し倒すと左手で胸を揉みながらキスをして右手でスカートの中に手を入れると、すごい濡れてた。

「だめ、ホントだめだってば・・・だめだよぅ」

パンツの中でクリを集中的に責めると、断続的に「あんっ」と悶える。

「どうしよう・・・どうしよう」

何がどうしようなのか分からないけども、感じているのは間違いないみたい。
この頃には、もう抵抗はしなくなっていて、普通のカップルがエッチしてるのと変わらなかった。
俺はK菜の足を広げて、アソコを舐めまくる。
K菜の喘ぎ声が大きくなってきて、めちゃくちゃ興奮したよ。

「ねぇ。気持ちいいの?」

「・・・」

再びクリを舐めながら聞く。

「気持ちいいの?」

「気持ちいいです・・・」

なぜか敬語で答えるK菜。

そろそろ入れようかなと思ってた時に、K菜の携帯が鳴り出した。
無視してそのまましちゃえば良かったんだろうけど、着信がS雄からで、それを見た時に急に理性が戻っちゃってさ。
興奮してた気持ちが萎えて、そこで止めたんだ。

K菜はS雄と電話で話していて、呼び出されたみたいでそのまま俺の家を後にしました。

「俺くん・・・。今日の事は忘れるから・・・」

「あ、うん・・・なんかごめん」

「ううん・・・いいよ」

これが俺とK菜の最初にしちゃった時の話です。

K菜とは、この時にした事がきっかけで、この後にも何度かやっちゃったりしました。
今はS雄と結婚して幸せになってますけど、みんなで会うたびに、K菜を抱いたんだよなーと思い出します。