壁に手をつきお尻を突き出して・・

高校3年の2月にクラスのみんなで卒業旅行に近くの温泉に行くことになった。
当日は30人くらいが集まったかな。
ホテルの人も未成年ながらもお茶を出してくれ、宴会は結構盛り上がった。。
宴会の後は温泉に入り、また部屋で飲み直していました。
しばらく飲んでいると寝るやつが出てきて、部屋の明かりは小さくなっていた。
俺も眠くなってきたから、仲の良かった寛美と同じ布団に横になりました。
寛美はどちらかというと、可愛い系の顔つきで俺の好きなタイプでした。

眠いながらも寛美にいたずらしたくなり、トレーナーの上から胸を、さわってみました。

抵抗もされないので、寝たふりしながら、もみもみ。 すると寛美が小さな声で

寛美「何してるの?」

俺「もみもみ」

寛美「みんなが気づくよ。」

俺「声出さなきゃ、大丈夫だよ。寛美も寝れば?」

寛美は布団にうつぶせになりながら、まだ焼酎を飲んでいて、気の大きくなった俺は、

思い切って、トレーナーの下から手を入れノーブラの胸を直接もんでみた。

寛美「ん・・・。マジで?」

俺「もみもみ」

寛美「いいけど、気づかれても知らないよ」

俺はだんだんと手をお尻に持って行き、股の間に手を差し込みました。

寛美はお尻を左右にかるく振って、拒みましたが気にせず、さわり続けました。

あきらめたのか、腰を振るのを辞め、俺のされるがままです。

ついに、お尻の方から直接手を入れて、パンツの上からあそこをさわると、

感じているのかパンツが湿っていました。

そこで、パンツの脇から直接マムコをさわり始めると、我慢できなくなったのか、

お茶を飲むのを止め、布団の中に横になりました。

寛美「どこさわってるの?」

俺「ぬれてるところ」

寛美「馬鹿!」

周りの連中に気づかれないようにキスをして

お互い寝たふりをしながら、俺は寛美のマムコをさわり続けました。

寛美俺のチソコをさわり始め、お互い声を押し殺しながらさわり続けました。

しばらくすると、寛美が「我慢できないよ~」といい、俺も限界に近いので

一人づつトイレに行くフリをして、部屋を出て階段で待ち合わせ、家族風呂に行きました。

使用中の札を下げ、お互いに着ているものを脱ぎ、温泉に入りました。

高校時代友達として付き合ってきた、寛美の裸を見るのは新鮮でした。

寛美の胸は大きくは無いけど。形が良く下の毛も少ない方でした。

湯船の中で抱き合い、キスをしてお互いの体を愛撫しました。

寛美は、壁に手をつきお尻を突き出し、俺はそんな、

寛美の腰を抱き大きくなったチソコを挿入しました。

寛美「う~。」

俺「なんか友達同士なのに変な感じだね」

寛美「う~ん、そっそうだね」

俺「寛美。気持ちいいよ」

寛美「私も気持ちいい」

我慢できなくなった俺は、「寛美。逝きそうだよ。逝っていい?」

寛美「いいよ。中に出して。」

俺「いいの?大丈夫」

寛美「今日は大丈夫な日だから。私も逝きそう。」

俺「寛美。逝くよ」

寛美の中に思い切り中田氏しました。

彼女から抜くと、彼女はこちらを向き、「ケンタ、気持ちよかったよ」

そして、抱き合いキスをしました。

湯船の中でいちゃいちゃしていると、また大きくなり始め、

それに気づいた寛美は「また大きくなってるよ。もう一回する?」

俺「・・・」

無言で胸をもみました。

2回戦目が終わった後、お互いに体を洗い、さっきの部屋に戻ると、全員がすでに寝ていました。

また同じ布団に入り、今度はゆっくりと寝ました。

彼女とはその後、付き合いましたが、2年くらいで別れてしまいました。