信頼していた人に騙されて・・【セックス体験】

信頼している相手に騙されたのは辛かったです。

ちょうどタケノコが旬な時期で、テレビでも収穫の番組が流れていました。
そんな時にタケノコ採りに誘われました。
相手は顔見知りでそれなりに仲良くしてた子なので、話に乗ってしまいました。
まだ若葉マークのついた軽トラックで山へと向かいました。
途中からは歩いて雑木林を抜けて竹林に辿り着きました。
彼は竹に縄をくくりつけていました。

それが私を縛るためだなんて・・・。

[adrotate group=”1″]

彼も平然と私に手伝いまでさせました。
しゃがんでいた私は、肩を押されて尻もちをつきました。
冗談でじゃれてきたのかと思いましたが、彼が覆い被さってきて、何が起こっているのか??でした。

手を縛られてって、感覚が伝わってきました。
すぐに反対の手も広げて押さえられて、縛られてしまいました。
完全に手の自由を彼に奪われてしまいました。
無理に引っ張っても手首が痛いだけでどうしようもない状態でした。

自分の下着が脱がされていくのを、ただ「ヤメテ」って叫ぶことしかできませんでした。

アソコを見られたくなくて、思うように逆らえなくて・・・。
足首に縄がくくりつけられて、手と同じように開いて固定されて、じっくりとアソコを観察されました。
触られて舐められて指を突っ込まれて、さんざん遊ばれた挙句・・突っ込まれました。
掛け声とともに強烈な突き上げで脳天まで響きました。

耐え切れずに、「キツイ!!」って言葉にしてしまいました。

主人とは比べ物にならない衝撃で・・・。
でもそんなこと知られたくなくて・・でも、彼は知った上で私を襲っていました。

「そんなにいつもの細いのが、いいか?」って・・・。

返事なんて出来ませんでした。

答えを急かすように「太いのが嫌いか?嫌いかぁぁ!!!!」って激しさを増した乱暴な動きに・・・。

「イヤぁぁあ!!!!!」って叫びました。

アソコが裂けそうな感覚でした。
激しい動きが収まって・・・でもハマッたままで・・・。

「イヤなら早く抜かないと・・アソコがガバガバになるぞ・・・」って。

言葉でも私を脅してきました。
パンツのゴムみたいにユルユルになる・・・って。
自分で抜くことなんて出来るわけがありませんでした。

ひたすら、「抜いて」って頼み込みましたが、逆に「主人のチンコじゃ感じなくなるぞ!!」って急激に動き出して・・・。

それも突き上げるような荒々しさから、小気味いいリズミカルな動きで。
ずっとこみ上げる興奮を押さえ込みましたが・・もう限界でした。
身体全体が脈打ってしまい・・・溢れ出した液体を舌ですすり舐められました。

「お前も口でするか?」って視界に入ってきた彼の太さはまるでカフェラテでした。

顎がハズレそうなサイズでした。

「無理!!無理よ!!!」

私は必死に訴えました。
彼は拍子抜けするほどあっけなく「そう、じゃ、いいや」って・・・。

「また、マンコ拡張してやる」って・・・。

裂けそうな痛みと共に再び強烈な突き上げに襲われ・・そのうちに、「卵子が子宮まで降りてきたか?受精の準備できたか?」って。

「駄目!!」しか言えませんでした。

膣内射精される・・って諦めかけたとき、口を開けたまま固定されてブッカケられました。

助かった・・・。

ほっとするまもなく、手を縛ってた縄を竹から解かれて・・真逆の方向に引っ張られて今度はうつ伏せでした。
イヌのポーズにさせられてバックから何度もお尻を揺さぶられました。
同時に肛門に指を突っ込まれて・・ダブルピストンで頭が狂いそうでした。

このまま死んじゃう!!って心から思いました。

帰りのことなんて記憶にありませんでした。
あれ以来、主人とのセックスは演技し続けています。