飲み会帰りであろう泥酔したOLを見かけて・・【エッチ体験談】

いつもの駅で降りると改札の前でフラフラ歩く女。

会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてる。

髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。

「危ねっすよ」

と言いながら体を支える。

ややぽちゃ…デブではない。

むにって感じ。

『あ…』

と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。

「どこいくの?」

『ちょっと駅から離れてタクシー…』

「あ~んじゃ途中までご一緒しますよ」

という事で、がっちり腰に手を回して反対の手で手を握り歩き始める。

舌足らずで

『ありがとねぇ~…』

とか。

いい感じで酔ってるなぁと。

歩いている途中、数台タクシーが過ぎたけど勿論無視して歩く。

話してるとお酒が好きとかで…。

「じゃあ今から飲みにいきましょっか?」

と冗談めかしながら誘ってみるとOK。

って事でフラフラしながら居酒屋へ。

結局この後3~4時間閉店まで飲んで分かったのは、

・30才のOLさん(おれより3歳上)
・結婚しているが子供はいない(遅いのはいつもの事らしく連絡してなかった)
・結構さばさば系。会社でもそう言うキャラ。
・美人ではないが、愛嬌のある雰囲気。

焼酎やらワイン飲んで…ラストオーダーに日本酒頼んだら閉店までに飲みきれず。

日本酒のボトル片手に夜中の3時に外に出されて

『どうしよ…どこでのもっか?』

ちょっと悩んだ素振りをしながらも…、

「んじゃホテルでのみなおそっか」

『え///まぁいいけど…』

って事で近場のホテルへ移動。

で、このホテルお風呂が大きい…明らかに二人で入るサイズ。

なので自然、この一緒に入る事に。(出来上がってますなぁお姉さん…と思いながら。)

オレが先に入ってまっていると、後から入ってきた。

大事なところは隠してる。

で、オレを背にして入ってきたので後ろからおっぱいを揉んでたら

『あふ…ん…』

とか。

そのままの体勢で顔をこちらに向けさせいきなりディープキス。

その間もあふあふいっててもうギンギンです。。

湯船の中で下に手を伸ばすと…もうぬるぬるになってる!

そのままクリを責めて

『んん!…あん…』

湯船の中なのでちょっとやりにくいけど少しでもやめると手で息子を責めてくる…。

こらもたねぇ…と思いながら、指を中に入れてさらにかき混ぜると喘ぎまくり。

さすがに湯船の中でやってると少しのぼせてきて…風呂から一旦出て口で奉仕するか…と思って湯船に腰掛けたら

『(パクッ!)』

って…

(エロすぎるやろ…)

と思ったけど、早漏気味な自分が持つわけではないので

「だめ…もう我慢できない…こっちきて」

と湯船から出す。

『じゃあ…入れて♪』

と言いながら後ろを突き出してきた。

内心(いきなりバックですか…)と思いながらもかなりの興奮。

ズブっていうよりもヌルッて感触で一瞬で奥まで入った。

腰を振りながら

「バックが好きなの?ぬるぬるだし中がヒクヒクしてるよ」

『あん!…んん!!好き…なの…あん!』

暑くて汗が滴る中ぷにっとしたおっぱい、ちょっとだらしなくなりつつあるお尻を揉んだり、背中を舐め回す。

ちょっとしょっぱい。

足は湯船の中だったんだけど、このまま腰振るのって疲れるのね。。

体制的にも無理があるので…正常位へ。

こちらを向かせてM字で足を開かせ、再度ヌルッっと。

さっきより激しく声を出してしがみ付いてくる(爪立てないで…)。

足を腰にまわしてくるし…オレもそんな状況に興奮して、ディープキスでべろべろしながらひたすら激しく奥まで突きまくり。

状況のせいもあるのだけど…もういっちゃえと思って…相手を気持ち良くする余裕もなくそのまま果てました。

で、少しの余韻を楽しみながら…ヒクヒクしてるあそこに押し出される。

外したゴムを見ながら嬉しそうに

『いっぱい出たねぇ♪』

とか言われながらちょっと興奮…。

で、部屋に戻って世間話をしたりテレビを見たりしてたら、今度は向こうから襲いかかってきてディープキス。

(すごい…エロい…です…)

と思いながら今度はベッドの上でねっとりとしたセックスをして、さて寝ようか…と思ったら、さらにおしゃぶりスタート。

昨日オナったのに、さすがに3回目は無理だろ…と思ったら膝を持ち上げて恥ずかしい体勢にされて、穴をべろべろさわさわ。。

そら反応しますよ。えぇえぇ。

「むりむり!」

とか言いながらもきっちりしごかれて…でもイケなくて、快感の波に涙を流しながら、ワケがわかんなくなりながら結局きっちりいかされました。

で、やっと就寝。抱き合いながら寝て、昼になって起きたら

「ダレ!?」

と言われる事もなく、無事に帰りました。

その後も彼女との関係は続いています。