セックスが好きじゃないって言うオンナほどスケベ【エッチな体験】

セックスが好きじゃないって言うオンナほどスケベなんだよね。

この間、たまたまナンパしたときのこと。

駅近くの繁華街で一人で飲んでいると、一人の女性がやってきた。
年齢にして30~35歳くらいかな。
彼女はすでに酔っているようで、ちょっと足元がおぼつかない。

チャンス!と思い、彼女の近くの席に移動・・・。

[adrotate group=”1″]

「こんばんは。今一人??待ち合わせなら来るまで付き合ってよ~」

すると彼女が「えっ!!?私?こんなオバサンじゃなくてほかにカワイイ子いるんじゃないですか??」と言う。

「えっ?オバサン?だってまだ20代でしょ?」と、ちょっとお世辞。

「まぁ今日は一人だけど・・・でももうそんなに若く見えないわよ・・だってもう37だから・・」

読みよりもさらに上だったか・・・。

そんなことは気にせず、「でも年、気にしないって言ったらOKってことでしょ??」とツッコミ。

「フフ・・ちょっとウレシイかも。ナンパなんてされたの久しぶりだわ」
「飲みましょうよ!オレ奢りますから!」

「ウフッ・・褒められちゃったから今日は私が出すわ。次回は奢ってね」

えっ??もう次回の予約ですか??

ラッキーと思いつつも彼女の話を聞き、自分のことも話す。

オレ・・・ひろき、35歳、独身、彼女無し、見た目は普通。ナンパはたまーーーーーーーーにするくらい。
彼女・・・まゆみ、37歳、独身、彼氏ありだが最近マンネリみたい。見た目はちょっとポチャかな。

話も盛り上がり、気がつくと終電がなくなっていた。

「アラ?もう終電無くなっちゃった・・どうしよ・・」と彼女は言う。

「あっ?ホントだ・・どうしよ・・タクシーで帰ります?」とさりげなく紳士ぶる。

「うーん・・でもまぁ楽しいから、もうしばらくね・・」

よしっ!

「でももうココも閉店だよ。次行こうか??どこがいいかね?」

「そうね・・・うーん・・」と考えていたので、「じゃ、どっかのホテルかなんかで飲み直そうか?ビジネスホテルとかあるしさ!」と誘ってみる。

すると彼女は・・・。

「えぇ??でも・・ヘンなことしない??彼氏もいるから浮気できないからね」

「アハハ大丈夫だよ!じゃぁ決まり!!」と彼女を近くのビジネスホテルに連れて行く。

ビジネスホテルに行く理由は3つある。

1つは駅から近くても割りと安いこと。
もう1つはゴムが無い=必然的に生セックスになることが成り立つからだ。
さらにもう1つは、ラブホよりも誘いやすいこと。

ホテルに着くと二人で飲み直した。
そこではわざと暖房を入れる→彼女が上着を脱ぐ。

予想通り「暑いね・・ちょっと脱いじゃお・・あっ!!あんまり見ないで・・」と勝手に恥ずかしがる。

「わかったよ!じゃオレも脱ぐからさ・・」とさらに言う。

「えっ!?!ひろきくんは脱がなくてもいいよ・・」と恥らう。

「ん!?!だってまゆみさんだけ脱がすわけにはいかないじゃん!!」とワケのわからないことを言う。

「フフ・・カワイイ・・」と彼女の目は確実にトロンとしてきている。

よし!!

「あっ!!まゆみさん脱ぐと意外と・・あっ・・」とわざとらしく。

「えっ?意外と何??なーに??」

ノッてきた。

「イヤ・・意外と・・胸あるんだなって・・ゴメン!!」と、ちょっと恥らうフリ。

「フフ・・カワイイのね・・一応Fカップあるのよ!これでも」

「彼氏さんが羨ましいなぁ~いつもそのオッパイを・・」と尻すぼみ言葉攻撃っ!!

「えっ!!?でも・・さっきも言ったけど最近ね・・」

「えっ!?!オレなら毎日触りたいのに!!ってスイマセン・・」と、下を向いてみる。

「フフ・・じゃちょっとダケなら触ってもいいよ・・ちょっとだけだからね!!」

もうコッチのもんです。

彼女を後ろから抱きしめる。
そして首に軽くキスをする。

「ンッ・・首・・だめ・・」と軽くあえぐ。

オレは無言で首にキス。
そして耳にもキス。
手は彼女の大きな胸を優しく揉みしだく。

「アッ・・ン・・ダメ・・アーン・・気持ちイイ・・ハァ・・ハァ・・」

次第にあえぎも大きくなる。

「ん?首も耳も胸もぜーんぶ感じるの??まゆみさんって全身性感帯なんだね??じゃコレは??」

服の中に手を入れ直に乳首を軽くつねる。

「ハァーーン・・アッ・・ウーン・・イヤン・・もう・・ダメだよ・・」

「ん??だってもうこんなに声出ちゃってるよ・・まゆみさんってエッチだなぁ・・」と煽る。

「イヤン・・アン・・エッチじゃないもん・・アンッ・・・」

「そんなことないよ。まゆみさんはかなりエッチだよ!!」と、さらに恥ずかしさを煽る。

「アン・・もう・・そんなこと言って・・何もしないって言ったのに・・アンッ・・」と乳首は休まず攻める。

「えっ??ゴメンネ・・じゃ止めるよ・・」と、一度わざとらしく体を離そうとする。

すると・・・。

「ンーーーもう・・今日だけだからね・・」

よーーーーーーーーし!!!

「でもイヤならやめとくけど・・・飲もうよ!!」と最後の煽りに入る。

「あーん・・もう・・ココまでされて・・感じちゃったじゃない!!もっとして・・・」

「いいの??いーーーーっぱい攻めちゃうよ!!」

「ウン・・いっぱいせめて・・」

オレは彼女の服を脱がし、直接おっぱいを堪能する。
ホントにおっきい。
気がつくと彼女のカラダは熱く火照っている。
首のあたりは酒のせいもあるのかピンクに染まっている。

「まゆみさん・・やっぱりエッチなんだね・・腰も動いちゃってるよ!まだ下は触ってないのに・・」

「アンッ・・もう・・ねぇ・・もっと・・もっと・・して・・」

完全にメスになりました(^0^)

オレは彼女の下も攻めます。
アソコは大洪水。

「ねぇ・・もうこんなに濡れてるよ・・もう・・まゆみさんってホントにエッチなんだから!」

「イヤン・・言わないで・・そんなこと・・恥ずかしい・・」

オレはまだまだ煽ります。
自分から欲しくなるまで。

散々攻めまくっていると彼女が・・・。

「ねぇ・・ひろきくんのも・・見せて・・私ばっかり恥ずかしい・・」

「えっ??オレのチンポ見たいの??欲しいの??エッチだね・・」

「ウン・・もう・・もう・・欲しくなっちゃったの・・ねぇ・・見せて・・」

「脱がしてよ・・」

彼女はオレのズボンを脱がすといきなり咥えてきた。

「あぁ・・すごく大きい・・太い・・」

彼女はウットリしてオレのチンポをしゃぶる。
ジュポジュポ言わせてフェラはかなり上手い方。

69の体勢になり彼女のアソコも攻める。

「アッ!!アン!!そんなにされたら・・もう・・イキそう・・アッ・・イクっっっ!!」と、イッたようだ。

「ハァ・ハァ・・ゴメンネ・・私だけイッちゃって・・ハァ・・」

「まゆみさんのイキ顔ってエロいね・・フフッ・・」

「ハァ・・ハァ・・ねぇ・・もう入れていい??欲しいの・・」

「じゃ、まゆみさんが上になって・・」

彼女はオレのチンポを持って自分のアソコに入れる。

「アッ!!!イヤ・・おおきい・・太くて・・・硬いの・・アンッ・・アンッ・・すごいっ・・」

彼女はオレのチンポを軸に激しく前後左右上下に腰を振りまくる!!

「アンッ!!スゴイッ!アン・・アーン・・また・・また・・イッちゃう!!アン・・イクっ!!」

彼女はまたイッてしまった。
腰フリがすごい。

「ズルイよ~まゆみさんばっかりイッちゃって・・」

「ゴメンネ・・ハァ・・ハァ・・でも・・ひろきくんの・・すごくて・・」

「じゃオレがまゆみさんを突きまくっちゃうよ!」

「ウン・・して・・いっぱいして・・」

正常位になり彼女のアソコに挿入する。

「アンッ・・ア・・スゴイ・・スゴイ・イヤ・・また・・またイッちゃう・・・イクーー!!!」とイッタ。

「まゆみさんってイキ易い体質なんだね~、でもオレまだまだ元気だから!」

さらにスピードをUP!!

「イヤ・・ダメ・・また・・また・・イキそう・・アーーーン・・イク!!イク!!!!」

「まだまだこれからだよ~!!!!!」

「えっ!?!まだ・・アンッ・・また・・また・・イクッ!!おかしくなっちゃう!!」

「いいよ。おかしくなっちゃいなよ!!」

「アッ!!ダメ!!アッ!もう・・またイクーーー!!」

「あっ!オレも・・オレも・・イクよ!!」と言うと、彼女のアソコからチンポを抜いて彼女の顔にありったけの精子をぶちまける!!!!

そして、出し終わった後のオレの精子と彼女の淫液まみれのチンポを彼女は朦朧としながらもクチでお掃除する。

そして、こんなことを言った。

「ハァ・・ハァ・・こんなすごいセックス初めて・・こんなにイッたのも・・」

終わった後彼女はぐったりしている。

「オレもよかったよ!こんなに頑張ったのも久しぶりかも・・」

そう言うと、彼女から意外な言葉が・・・。

「ねぇ・・また・・会ってくれないかな・・またひろきくんのモノでイキたいの・・・はまちゃったかもね・・ねぇ・・ダメ??」

「うん。オレは大丈夫だけど彼氏はいいの??」

「ちょうどね・・別れようかと思ってたの・・付き合ってとは言わないけど、たまに会って今日みたいにしてくれたらいいから・・ね??」

「わかったよ!そのかわり次はもっとするからね!!」

「えぇ・・楽しみにしてる!」

それから彼女とはセフレとして付き合っている。

バイブも使うし彼女はオンナの生き甲斐を感じているようだ。
彼女のパイズリを堪能し、ヤると必ず5回はイカせてやる。

もうオレから離れられないようだ。
でも、ほかにオンナがいそうだということを気にしているのか、付き合って!とは言ってこない。

ちょっと便利なオンナかも。